« ウチの節約?! | Main | 子供の好奇心を育てる »

知らないって損です~

年金のことで調べモノをしていて、
ネット上をブラブラしていたらこんな記事を発見!

>民間企業の勤労者が、一般財形貯蓄を1年間以上
>継続し、その貯蓄から「育児・教育・介護・自己再開
>発」など特定の目的のために一般財形貯蓄を50万
>円以上引き出したとき、勤労者は事業主から給付
>金を、事業主は国から助成金を受け取ることができる

へぇ~、財形の担当を昔5年してたけど知らなかった!
しかも、一度も請求されたことないし・・・(苦笑)。
こういう制度があるのであれば、広く知らせて欲しい
ですよね。

ちなみに、具体的内容としては、
育児……育児休業期間中の養育費、
      新生児用品の購入費、レンタル費など
教育……同居または扶養の親族の入学当初に
      必要な費用など
介護……介護休業期間中の介護費、介護機器等の
      購入費、レンタル費など
自己再開発……勤労者本人の一定の教育訓練施設
          への入学金や受講料、自己の健康の
          保持増進のための施設への入会金等

「幾らもらえるんだろう?」と思って調べてみると、
雇用・能力開発機構のサイトにのっていました。
申請に必要な書類も色々あるようですが、
財形の金利を受け取ると思えば、手間をおしまず、
会社の担当者にお願いするだけのことはありそう。

こーゆーの、知らないと損なことの代表ですね。
私がこの制度を知っていたら、他の貯金をくずさず、
あえて財形から出して、給付金の申請をします。
ウチの次のチャンスは・・・
入学が先か介護が先か???というカンジです。

それにしても、こういうことを簡単に調べられる
ネットの世界って、本当に便利ですね。
思いついた人に感謝しなくちゃ(笑)!

|

« ウチの節約?! | Main | 子供の好奇心を育てる »

Comments

オールアバウトの記事って、いろいろと面白くてためになるもの多いですよ。
前にインタビュー記事載ったのですが、あれからもたまにチェックしています。

ところで、「一般財形貯蓄」は、やっている人少ないかも。
うちの会社では、ほとんどの人が、「住宅貯蓄」か「年金貯蓄」です。

Posted by: ムサシ | July 12, 2005 at 12:46 PM

オールアバウトは以前からよく見ていました。
もちろん、ムサシさんのも読み込みました(笑)。

あれれ、一般財形をしてないんですかー。
一般財形のみ、途中一部解約が可能なのです。
住宅と年金は、基本的に解約は全解約のみです。
当面使いたくないお金を住宅財形に、
緊急費用を一般財形に、年金財形は40台からが
元財形担当者のお勧めです(笑)。
積み立てや解約の仕方にもちょっとしたコツがあります。
今度まとめて書きますね。

Posted by: 三田 | July 12, 2005 at 01:11 PM

え、併用できるの!?
どれか選べって書いてあったから、どれかひとつしか選らんだらいけないかと・・・・・
知らなかったです。

401Kも利率0.0?%の入っているし、なんか、マネーIQ低すぎ・・・・・(爆)

Posted by: ムサシ | July 12, 2005 at 02:08 PM

えっと、一般財形と他2つは併用できます。
住宅財形と年金財形は併用もできますが、
積立限度額が両方併せて550万円と安すぎなことと、
年金財形は積立方法や受取方法に制約が多いので、
45歳以降に積み立て始めるのがお勧めです。

ムサシさんもご自宅を買われて住宅財形を解約しても、
新たに、住宅財形を積み立てることも可能です。
解約の裏技を使えば、利子の非課税枠も活用できますし・・・。
って、今は金利が低すぎなので、メリットが少ないのが難点ですが。

いえいえ、マネーIQの差ではなく、
知ってるかどうかの差にすぎません。
私でお役にたてることなら、何なりと(笑)!

Posted by: 三田 | July 12, 2005 at 03:36 PM

「解約の裏技」興味あります。
早く知りたいです♪

住宅財形を目的外で全解約して、また新たに
住宅財形をはじめてもいいのですか?

Posted by: ゆうちゃん | March 05, 2006 at 05:23 PM

ゆうちゃんさん
コメントありがとうございます。

すみません。最近こちらのブログの更新を怠っておりまして(汗)。
解約の裏技とは、利子に対する課税は5年しか遡らないことになっていますので、それ以前についた利子に関しては非課税なのです。。。
これって会社の財形担当者も意外と知らなかったりします。私も初めて聞いた時にはびっくりしました(笑)。

>住宅財形を目的外で全解約して、また新たに
>住宅財形をはじめてもいいのですか?
全然、全く、ちっとも問題ありません。
手続きがちょっとだけ面倒なので、会社の担当者には少々嫌がられるかもしれませんが(笑)。

Posted by: 三田 | March 06, 2006 at 12:10 AM

こんにちは。
ご回答ありがとうございます。

さっそく住宅財形を解約して、
新たに新規で住宅財形はじめました!

550万円まで非課税ってことで、
毎月5万円積み立ててたんです。
300万円貯めたところで、
このままためると非課税じゃなくなる!って
ことで、毎月1000円に変えていたんです。
みんなで、「解約して、また新たにやったら
法律違反になるのかなー、でも総務には
聞けないよねー」とずっとほったらかし。

これからは住宅財形で貯蓄して解約に
しようと思います。

今回、解約したお金のうち100万円で
はじめて世界銀行の債券を買いました。
REITもすすめられたのですが、
(クリードオフィスとビ・ライフ)
東京のビルの名前がピンとこなくって
見送りました。

またこのサイトでいろんなお金の話を
教えてください。

よろしくお願いいたします。

Posted by: ゆうちゃん | March 19, 2006 at 10:58 AM

ゆうちゃんさん
すみません。そういうお話でしたら、もっと裏技もあったのです。。。
住宅財形は2年間に限り、休止ができます。
ですので、こういう場合は、まずは休止にしておき、2年経過する前に、3ケ月ほど1000円の積立を再開、その後、また2年間休止・・・というのを繰り返せば、法律上問題なく、非課税を活かしていけます。。。

で、ちなみに世銀の債券は・・・為替動向に要注意です。
どんなに利子がついても、償還時に為替が円高だと、為替差損がでますし。。。
その債券の形によっても、途中で売却した方がいいケースもあったり。。。

REITは、日本の金利が上がると、ちょっと厳しいものもでてくるようですので、見きわめが難しいところですね。。。

応援ありがとうございます。
確定申告も終わりましたし、またテーマを考えてみることにします。

Posted by: 三田 | March 20, 2006 at 08:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/4937319

Listed below are links to weblogs that reference 知らないって損です~:

« ウチの節約?! | Main | 子供の好奇心を育てる »