« July 2007 | Main | September 2008 »

お金もうけは悪いこと?

Book00220お金もうけは悪いこと?
アンドリュー・クレメンツ著 講談社
★★★★★

先日、青山のクレヨンハウスに
寄ったときに見つけました。

以前読んだ歯磨き粉の物語も面白かったのですが、
時代が違ってきている感も否めなかったため、
この本の方が、今の子供達にはもっと身近に
感じられるのでは?と思いました。

グレッグは、お金が大好きな小学生。
アメリカでは一般的とされる、夏のレモネード売りや、
ご近所の芝刈りや雪かきなどで、お金を貯めていき、
お父さんに銀行預金を勧められた10才の時には、
既に、3200$(1$=116円で約37万円)もあったというから
すごいですよね。

そんなグレッグは、ある日、お昼のデザート用に、
子供達の多くが25¢、2枚を親にもらっていることに注目し、
25¢、1枚で買えるおもちゃを学校で売り出します。
それも、友達に受けそうなおもちゃをネットでまとめ買いし、
1コインで売る・・・どこかで聞いたようなビジネスです(笑)。

ただ、このおもちゃの販売は、校長先生に叱られ、
途中で断念することになったのですが、
そこでくじけるグレッグではないのです。
「先生は、おもちゃは売っちゃだめ」と言ったことに気付き、
今度は、自分でつくった小さな本を売ることにするのです。

この物語の素晴らしいところは、
グレッグの気持ちに一歩踏み込んで書かれている所です。
もし、この本を読んだ子供が、同じようなことをしようとした時に、
恐らく直面するような心の葛藤にふれてあったり、
周りの大人の目線や、子供の好奇心を潰さず伸ばすためには
大人はどういう姿勢でいるべきか?
小さなビジネスが直面する課題や、その先の広がり方
・・・など、本当に考えさせられ、勉強になりました。

一番のヤマは、教育委員会でのやりとりです。
・・・最近の日本の教育委員会の欠点などを知るにつけ、
こんな風に、開かれた組織であってほしいなと、
つくづく思いました。

ウチの子が小学生になったら、絶対、読ませます。
低学年の間は、大人の解説も必要だと思われますので、
ママにも読んでみてもらいたい一冊です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2008 »