« お土産代 | Main

き・・・きた!お金の作り方~!

ある日、突然、息子からあの質問がきました。

「ね、ママ、お金って誰が作ってるの?」

「うん、ぞーへーきょくってところで作ってるんだよ」
(心の声:ぎょえ~、いきなり来たよ~!)

「どうやって?」

「え?んー、印刷機で印刷してつくってるんだよ。
 硬貨の方は、金属を溶かして型に流してるのかな~」

・・・いかん!もう来るとは思ってなかった!
今更調べてみたら、造幣局が作ってるのは硬貨だけ!
お札の方は、国立印刷局とかいう所だった!しまった~!
いつ訂正すりゃ~い~の~

「へー、どうして自分で作っちゃいけないの?」

「うーん、例えば、ママが紙に1,000円って書いて、
 それで何かを買おうとしてもさ、お店で受け取って
 くれないでしょ?」

「どうして?」

「お金がお金として使える為には、これが1,000円の
 価値がありますって、みんなが信用できなくちゃ
 いけないわけよ。それなのに、紙切れに1,000円
 って書いてもムリでしょ?それでいいなら誰でも書くし」

「ふーん。じゃあ、お金が使えるのはどうして?」

(心の声:ひぃ~!イキナリ難しいよ~!)
「えっと、日本には、日本銀行っていう所があってね、
 そこが、どの位のお金が流通するのがいいか、
 いつも監視して、調整してるみたいだよ。
 お金を好きなだけ流通させると、インフレっていうのが
 起こってしまうのよ」
(心の声:流通?監視?調整?意味分かるか~?)

「インフレ?」

「うん、お金が沢山出回ると、価値が低くなってしまって、
 今日100円で買えた卵が、明日は1000円、明後日は
 1万円出さないと買えなくなったりするんだよ」

「へ~。でさ、なんで、株って上がるの?」

(心の声:つ・・・ついてきてんの?いきなり株かよ~)
「え?株?・・・んー、例えばさ、任天堂DSあるでしょ?
 あれ、君も欲しがったよね。ああいう風に、沢山の人が
 欲しがるものを作った会社は、売上が上がって、
 利益がでるのが予想できるから、株にも人気が集まって
 株価が上がるのよ」

「へ~」

「でも、今みたいに、みんながDSを持っちゃったら、
 これから売上がもっと増える可能性が低いから、
 人気がなくなってくるの」

「でも、DSだけじゃないでしょ?」

「そーだね、任天堂は、DSの本体だけじゃなくて、
 DSの入れ物とかも売ってるし、DSのソフトを作る
 会社からは、ライセンスとかのフィーも取ってると思うよ。
 あと、他にも、Wiiを出したり、日本だけじゃなくて、
 他の国でも売って頑張ってるよね」

「へー、そうなんだ」

・・・と話した後は、納得したんだか、してないんだか不明のまま、
DSのゲームに戻ってしまいました。。。

んー、しかし、あまりにもイキナリ。
小学1年生に分かるように説明しようとするには、私の知識が
全然足りないことが発覚!!!

子どもの前では平静を装いつつ、頭はフル回転、背中は冷や汗、
いやはや、えらい目に会いました。
んー、次の機会に備えて、日々是精進!ですね~

|

« お土産代 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference き・・・きた!お金の作り方~!:

« お土産代 | Main