« いっぱいいっぱい | トップページ | いざ、契約へ 2 »

2004/11/25

いざ、契約へ 1

23日~24日で福岡へ行ってきました。

昼ごろの飛行機で着いたのですが、
外に出ると、東京より空気がひんやりしています。

よく、関東から転勤でこられる方は、
「九州=南国」だし、「雪も降らない」と、誤解されていますが、
福岡は日本海に面しているので、結構、寒いですし、
一冬で、3~4回は雪が7cm前後積もりますし、
冬の朝は路面凍結することもあります。

この日は、風は冷たくても、お天気はサイコーでした。
「幸先いいなー。」なんて思いつつ、
両親の車で、まずは今回買う物件を見に行きました。

第一印象は「広い!」
166坪の土地というものの実感がわかなかったのですが、
実際に見てみると、予想以上に広く感じました。
そして、壁は。。。
うむむ。。。「早く、ペンキを塗りなおさなければ!」なのでした。

それから、博多のうどんを食べ(関東のうどんとは似て非なるものです)、
不動産屋さんへ。

不動産屋さんは、外の駐車場のところに立って、待ってありました。
ダンナと父は、最初の下見でお会いしていますが、私は初対面です。
電話から想像していたより、ずっと若いおじさまでした。

ご挨拶をすませて、テーブルに着くと、
早速、重要事項説明書を渡されました。
ページ数、55ページ。
それを、全部読みながら、所々解説を加え、私たちの質問に答え、
進めていかれました。

窓越しはポカポカ陽気。昼ごはんを食べた私たちには、
少々辛い時間帯だったのですが、寝てるわけにはいきません。
気をひきしめ、不動産屋さんの説明に、遅れないようについていきました。
結局、全てが終わったのは、3時間後。。。
すごく丁寧でした。(法令の説明は眠くなりましたが)
こんなに時間をかけられるのであれば、売買契約の前に説明したいというのも分かります。

ゴルビー父ですら、
「こんなに丁寧な不動産屋は、初めて見た!」と感心しておりました。

そして、不動産屋さんとの雑談の中で、買い付けの話がでました。
今回の物件、私たちの後にも、何件か買い付けの申込があり、
中には「現金で買いたい」という話もあったそうなのです。
私が、「え?」と言いつつ、内心、「やっぱりー」と思っていたら、
不動産屋さんは、こんなことを言われました。
「現金で買うといっても、色々あるんですよ。
 本当に現金をすぐ用意できるのかどうかは、聞いただけではわかりませんし、
 要するに、信頼して契約を結べる人はどなただろう?と考えるわけです」
そうして、この不動産屋さんが買い手を選別されていた最中に、
Kさんが電話してこられたとのこと。
このブログに何度も書いて申し訳ありませんが、
本当に人の縁はありがたいし、不思議なものだと思いました。


そして、いよいよ、待ちに待った24日の契約。続きは明日をお楽しみに!

|

« いっぱいいっぱい | トップページ | いざ、契約へ 2 »

コメント

お帰りなさい~。

「人の縁」が一番力がある・・・と言うことですね。
この物件は、三田さんが手に入れる運命にあったとしか思えません!

投稿: なつ | 2004/11/25 13:55

なつさん、この
「人の縁」が一番力がある
素晴らしい言葉ですね。

私はこの言葉の本当の意味が、最近になって、やっと、
分かるようになってきました。

もちろん、会社勤めをしていた時にも、上司や同僚に対して
同じようなことを感じていましたが、
この1年で広がった縁は、これまでの人生で最大で、
尚且つ、一番大切な縁ばかりです。
なつさんとの縁も含めて。
ありがとうございます。

投稿: 三田 | 2004/11/25 14:21

ご契約を終わられて、さぞかしホッとしていらっしゃることでしょう。
努力の末に辿り着いた初物件。
日記を読んでいて、ジワーッと胸が熱くなりました。
みたさんの「人の縁」は、まさしくみたさんの魅力にとりつかれた人の集まりです。
私もまだ1回しかお会いしていませんが、みたさんをサポートされた方の気持ちはとてもよくわかりますもの。
そして、この物件は赤い糸の仲だったのでしょうね(笑)。

投稿: みたさん | 2004/11/25 19:26

なんだか自分のことと重なり、二重に嬉しくなりました。
こればっかりは契約するまでどこでどうなるか解りませんから、どきどきものですよね。
私も今年一年の出会いは、目を見張るものがありました。
そしてこれからがもっと凄いものになりそうな予感がします。同じ女性、主婦として分かち合えるものが絶対あると思います。
これから情報交換させていただけるとあり難いです。

ところで、博多のうどんってどんなん?

投稿: うっちゃん | 2004/11/25 21:24

みたさんさん(?)、うっちゃんさん、ありがとうございます。

博多のうどんは、出汁の味が、関東とは全然違うし、讃岐とも微妙に違いますす。
関西風の薄い出汁に、讃岐とは違う食感の麺です。
こればっかりは、食べてもらわないと。。。
かといって、うっちゃんさんを案内するなら、
他の美味しいものを紹介したいしなー。
いわゆる、庶民の味です。
実は、久しぶりのうどんに調子にのったダンナは、大盛りを食べて、
不動産屋さんに行く前に、気分が悪くなったのでした(笑)。

食べ物談義はつきませんね。
うっちゃんさん、こちらこそ、よろしくお願いします。
そうそう、撫子さんからお電話で色々伺いました。
私のことも、かわいがってやって下さいませ。

投稿: 三田 | 2004/11/25 21:54

またやってしまいました。
自分の名前のところになぜか「みたさん」って入れてる。
だいぶ壊れている撫子でした。
すみません。

投稿: 撫子 | 2004/11/25 21:54

撫子さんでしたか?
名前がかぶる人がでてきても当然の苗字だからなー?
でも、お会いしたみたさんって???
と、考えておりました(笑)

撫子さんは、本当にホメ上手ですね。
ありがとうございます。
私も撫子さんのような、スマートな人になれるよう頑張らなくちゃ。

投稿: 三田 | 2004/11/25 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いざ、契約へ 1:

« いっぱいいっぱい | トップページ | いざ、契約へ 2 »