« 決済日の精算 | トップページ | 火災保険で困惑 »

2004/12/08

気分転換

このところ、息がつまりそうになっていたので、
今日は一日、気分転換の日にしてすごしました。

午前中は、宮崎監督の映画「ハウルの動く城」をみて、
午後は、銀行に用事もあったので、日本橋へ行ってきました。

ハウルは、待ち遠しくて、先に原作を読んでいたため、
あまりの内容のギャップに驚き、あの話が、
宮崎さんの頭の中では、こんなにもふくらんでしまうことに
感心してしまいました。

とはいえ、過去の作品とキャラがかぶるものもあり、
宮崎監督作品大ファンの私が、大絶賛できない何かがありました。
・・・何だろう?私自身、その何かは見極められていませんが。

午後は、今後、不動産に関する費用の出し入れをするために
R銀行の口座を使えるようにしてもらいにいきました。
5年前の定期預金キャンペーンで、口座は作っていたものの、
近くに支店がなかったので、通常は使わないからと、
キャッシュカードを作ってなかったのです。
R銀行は、統合後、まだシステム統合ができていないそうで、
D銀行時代の支店に行かないと、手続きができないとのことだったので、
お買い物がてら、行ってきました。

日本橋、昔の東急はコレドに変わり、
とうとう、丸善のビルも閉まってしまっていて、(本店は丸の内側に移転)
高島屋が取り残されている印象でした。

でも、今日はたまたま、高島屋で有名和菓子の即売会があっていて、
最近、和菓子にはまっている私は、
あれもこれもと買い込んで帰ってきました(笑)。

●腰掛庵 わらびもち(6コ入り630円)
 山形県天童市北目1丁目6-11 電話:023-654-8056(地方発送有)
 久しぶりに美味しいわらびもちを食べました。
 別についていた「きなこ」がまた美味しくて、チビも沢山食べました。
●いなば播七 みたらし団子(2本で315円)
 東京都中野区南台5-8-8 電話:03-3382-7615
 やわらかくて、でっかいお団子に、たっぷりかかったみたらし餡。
 できたてではなかったのに、美味しいお団子でした。
 
いい気分転換になりました。

|

« 決済日の精算 | トップページ | 火災保険で困惑 »

コメント

こんばんわ。今日もあそびに来てしまいました。
東京って、本当にいろいろありますよね。
おいしいもの、おしゃれなもの、刺激的なこと、一度東京で体験しちゃうと、どれを地方に持ってきても、成功しそうな気がします。

けど、僕は宮崎がすきです。宮崎から情報発信できるといいなあ、宮崎でなんかいいことしてみたいなあと思ってます。

それにしても、わらびもちおいしそう。

投稿: すいしょう | 2004/12/09 01:09

すいしょうさん、今日はココログのメンテの日でお返事が遅くなりすみませんでした。

そうですね。東京は本当に何でもあります。
でも、だからこそ、無駄遣いもしてしまいがちです。
中心地も、どこなのか、人によって意見が違う気がします。
丸の内、新宿、銀座、渋谷、赤坂、六本木・・・
福岡などは、中心地に何でもコンパクトにまとまっていて、
ほとんどが徒歩圏内にありますが、東京はそうはいかないところが、
面白いところでもあり、面倒なところでもあるかなーと思っています。

私も宮崎好きですよ。
最近のすいしょうさんは、十二分に情報発信されていると思います。
お医者様なのに、すごい時間管理とPOWERだなーと感心してしまいました。
これからも、楽しみにしております。

投稿: 三田 | 2004/12/09 21:32

おはようございます。
お返事ありがとうございます。

こうやってみなさんと話ができるだけでも幸せなことです。

これからもよろしくお願いします。

投稿: すいしょう | 2004/12/10 08:58

こちらこそ、よろしくお願いします。せんせー(笑)。

投稿: 三田 | 2004/12/10 11:58

こんにちは。
コメントを入力するとき文字ばけしてしまって、漢字変換がうまくいくかわからないので、、たくさんかけませんが、clubrichへのコメントとありがとうございます。どう頑張ってもわたしにはそこそこの物件しか買えないのでそれはよしとして、別の手段で頑張ろうと思ってます。また、相談に乗って下さいね。

投稿: すいしょう | 2004/12/10 14:07

何故、文字化けしちゃうんでしょう???
一応、当てはまると思われる字に修正しました。

>わたしにはそこそこの物件しか買えない
またまたー。ご謙遜をー。

私がネットで知ったお医者様で、
高額物件をドカンと買われている方がいらっしゃいました。
銀行は、お医者様には沢山貸してくれるんですねー。
羨ましい限りです。

投稿: 三田 | 2004/12/10 15:03

みたさん。こんにちは。
抱えていた問題も解決されたようでよかったですね。
さすがみたさん。

ところで、ハウル、どこがどうキャラが気になったのでしょうね。
そのあたりもちょっと知りたいなあ。
先日ちょっと小耳に挟んだHさんの「脱オシャレ映画宣言」も
のぞいてみましたが、原作は独自の世界をもっているようですね。
うーん。皆さんそれぞれの感想がありますね。

ところで、すいしょうさんの文字化け、に反応しました。
わたしはマックでブラウザをIE使ってますが、
このIEが結構最初から文字化け癖があってやっと
直したところだったんですが、
ニフティのココログ(コメント欄)だけは
変な文字になってしまうんですよ。
なので、ココログはコメントだけサファリ(マックのブラウザ)
使ってるという不便してます。
すみません。不動産ネタからどんどん離れていく〜。

投稿: まる | 2004/12/11 10:50

まるさん、文字化け原因の解説ありがとうございました。
Macを全然使ったことがないので、こういう原因があるとは。。。
助かりましたー。

ハウルの話ですが、
キャラでは、あの黒い影のようなものや、
飛行機から落ちてくる爆弾のような怪物みたいなの、
ハウルの飛ぶ姿は、ゆばあばのカラス姿みたいで
「千と千尋」風に思いました。

原作では、魔法使いサマリンは、戦争を率いたりしていないし、
(原作では、最後に助け出されます)
かかしは、あんな簡単なチューで解決したわけではなく、
戦争の終わりが、サマリンの胸一つで解決してしまうという終わり方が
「そんなの、ありー?」でした。

逆に心に残った台詞は、
町に近づく戦闘機を見て、
ハウルが「敵も味方もない。あいつらは皆、人殺しだ」という台詞でした。

きっと、宮崎監督は、今のアメリカ(&小泉さん)が泥沼にはまっている戦争に
警鐘をならす目的で、少し内容を変えられたのでは?
と、思うくらい、終わり方が唐突なカンジがしました。

気に入ったのは、
カルシファーの声がぴったりだったこと。
ハウルの声を木村さんが自分を前面に出さずに演じてあったこと。
マイケルがかわいい少年にされていたこと。
ソフィーが時々少女姿とリンクし、だんだん自然に少女に戻されていくところ。
荒地の魔女がかわいいおばあちゃまにされちゃうところ。
ソフィーが、ハウルとカルシファーを助けるさだめになっていたところ。

まるさんは、どう思われましたか?

投稿: 三田 | 2004/12/12 11:12

まるさん、はじめまして。マックではそんなことがあったんですね。
知りませんでした。
これからはそうしてみます。

また、ひとつ知識が増えちゃった。ありがとうございます。

投稿: すいしょう | 2004/12/12 14:13

あり?すいしょうさんはwinで文字化け、では??
実はどっちかって言うと「ココログ」は変だよーって
いいたかったです。
わたしはマックの使い方を教えていただきたいくらいで。。
ごめんなさい。ひっくり返しちゃった。
お医者さまは優しいなあ。

ハウル、、のあと、もののけ姫1回と千と千尋を3回みました。
ので、なんかぼやけていますが。
木村さんのイメージは美青年、繊細、礼儀正しさ、我の強さです。
だから、ハウルがこう、っていわれると
当てはまりが多くてハウル=木村さんというのがわたしの中で一致してしまいました。
好奇心から荒れ野の魔女を誘ったという遊びゴゴロも含めて。
このあたりが違うんですね。
たぶん「ラフさ」は木村さんだけのものだし。
ハウルの弱さは、ごめんなさい男性全体に当てはまるし。

あとね、ソフィーが少女になるのって、フェロモンだなって思ってました。
(すみません。ぶちこわし!!)
戦争シーンはつらかったです。みてて。判断に悩むし。
ソフィーとハウルの恋愛についてはちょっと違和感。
宮崎アニメだからなのか、ハウルが甘えっぱなしなのが気になるのか。不明ですが。
相変わらずの生活感の魅力、どこでもドアをつけたなんだかわからない建物の魅力、
コメディの味付けも楽しく。
あ、カルシファーとハウルの心臓のシーンなんだか美しくて
アニメ版ますむらひろしの「銀河鉄道の夜」を思い出しました。
ながくなってすみません。

投稿: まる | 2004/12/12 17:08

なるほどー。
私、原作を読んでいたので、ハウルをこういうイメージでとらえてなくて。
原作では、荒地の魔女がハウルの心臓を欲しがったイメージが強かったですし。
まるさんに指摘されてみて、木村さんらしさを実感したカンジです(笑)。

それから、原作で、
最後の最後に、ハウルがずっと前からソフィーが少女だと気づいていて、
荒地の魔女の魔法で苦しむはずの節々の痛みを和らげてた
と、告白するシーンがあるんですね。
あれを、映像では、こういう風に表現するんだなーという風に感心したのです。

先日、NHK衛星の「アニメ夜話」で宮崎アニメがとりあげられているのを
たまたま見ていたのですが、オタク系の人から見ると、
宮崎アニメのウィットの部分は、真面目さが前面に出ていてはじけきれていないのだとか。
へぇーと思って見ていましたが、私はソフトな遊び心は結構気に入っています。

語り始めると、尽きませんね。
お会いした時に語り合いたかったです(笑)。
また、是非、お会いしてお喋りしましょーね。

投稿: 三田 | 2004/12/13 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気分転換:

« 決済日の精算 | トップページ | 火災保険で困惑 »