« 清掃委託契約書 | トップページ | 子供に対するお金の教育 »

2005/01/14

夢を売る部屋づくり

先日、ブログでどなたかが薦めてあったメルマガを読み始めたのですが、
今日届いた内容は、特に面白く、心に響きました。

メルマガは、本田 晃一さんのものです。
ご存知の方も多い、「日経ゴルフ」という会社で、ゴルフ会員権売買を
ネット上で成功させた方です。
最近届いているのは、バックナンバーなのですが、
今日は、近藤藤太さんに伺った話について書かれていました。

この方、55歳の時にポンドショックがたたって6億円の借金を抱え
会社が倒産し、9年かかって借金を返済した経緯を聞いたら、

「最初は百科事典を売った。それも富裕層にだ。
売ったのは百科事典じゃない。『夢』なんだよ。
新築の家があれば、
『この百科事典が新築の家の戸棚にあれば凄く見栄えが良い』とか、
年頃の娘がいれば、
『この百科事典を持たせて嫁に出せば、
なんてインテリの家から嫁をもらったんだろうと、姑はいじめたりしませんよ。』
そう言って売った。飛ぶように売れた。」

「良いかい?GOODSと言う単語はGOODの複数形なんだよ!
GOODが集まった芸術品なんだ。
それを薄利多売で売るなんてしちゃいけない。
日本人は直ぐに薄利多売で売ろうとするから大変なんだ。
その点フランス人は夢を売るのが実にウマイ・・・。
夢を売れば利益は確実に得られるんだよ。」

この後に、本田さんが例として挙げられた、
「ユニクロ」と、「ルイ・ヴィトン」
・・・まさに、日本(薄利多売)とフランス(夢を売る)の代表です。

『夢』を売る。。。
私がやりたい大家業も、貸し部屋にお金を払ってもらうのですから
『夢を売って、利益を得られる』のかもしれないな。。。

そう考えていたら、はっと気付きました。
実は、先日読んだ、浦田さんの「満室にする方法」が、
この『夢』を売るというコンセプトだったんです。

面白いとは思ったのですが、
住環境に手を入れて、本当に高めの家賃で貸せるんだろうか?
と考えていた疑問の答えが、これだったんだなーと、
イキナリ、腑に落ちました。(遅い)

|

« 清掃委託契約書 | トップページ | 子供に対するお金の教育 »

コメント

「夢」を売る…商売に利用する場合、やり方によっては賛否両論あるのでしょうが、基本的に「夢」を持つことはとてもいいことですよね。

「夢」があるから前を向いて進める。
このままでいいと思った瞬間、自分は原寸大で終わってしまうみたいな…。
「夢」があるとワクワクするし、たとえその夢がかなわなくても、その人はそこからまた何か別の「夢」を見つけるでしょうし。

私はとてつもなく大きな夢をドーンとみるのは疲れるし苦手なのですが、身近な小さな夢をいっぱいみていると、次々にかなうので結構楽しいです。
あ、そんなレベルのは夢と言わないのかも。

投稿: 撫子 | 2005/01/15 15:48

本田さんや、近藤さんは「夢」とくくってありますが、
渋井真帆さんのダンナさんの言う、「付加価値」と同意かな?とも思っています。

ヴィトンのバック、私は特別好きでもないのですが、
日本の女性があれだけ持っているのですから、
やはり、VとLには女性に夢をみさせる付加価値があるんだろうと。

自分を少しでも成長させていきたいと思うと、
夢も大事だし、知らない世界への好奇心や、
撫子さんも書かれている、ワクワク楽しむ気持ちも大事だなー
と思っています。

私の夢は漠然としたままですが、
成功者達は、まずGOALを定め、その過程に小さな目標をおく
ことを薦める人が多いようです。
ただ、GOALが低すぎても、高すぎてもいけないんだとか。
その頃合いが難しいところですねー。

投稿: 三田 | 2005/01/15 16:30

百科事典はいらないな〜と思いました。まるです。
どっちかっていうと「世界文学全集」「日本以下同文」は
どこで売ってるのかなって、思いましたです。チクマショボウ?

わたしはMACを、ツレはミニクーパー(車)を買いましたが、
買ったあともワクワクしています。そのメンテナンスのために
奔走することさえも楽しいんですね。コダワリです。

自分で探し当てること、自分だけのものであること、それが
高価であるというハードルを越えさせるキーなのかな。
すまいが好みのものであれば自慢もしたくなるし夢も持てますね。
デザイナーズのものでもいいし、立地がよいというのもいいですね。
自分の恋女房が住んでいる住まいっていうのはどう??
あ、、ブランドバックにはステイタスっていう付加価値もありましたね〜。。そっちか!!

投稿: まる | 2005/01/15 18:17

↑最近この手のレス付けが多くてすみません。×バック。○バッグ。

投稿: まる | 2005/01/15 18:20

それそれ、まるさん。
自分で探し当てること、自分だけのものであること、究極は自分の居心地のいい自分でいられること!
私はうなるほどお金や地位があっても、一部上場企業の社長やベンチャー企業のは忙しすぎてイヤだもーん。
好きな仕事、好きな人、好きなモノ、好きな趣味なんかで埋め尽くされれば、撫子は大満足です。
ちなみに私も、百科事典派ではなく、文学全集派です。
あー、みたさん、著しく脱線してごめんなさーい。

投稿: 撫子 | 2005/01/15 21:30

確か、沢さんにくっついて、筑摩書房に行った時に、
色々な全集がおいてありましたよー。
私の場合、クリスティ全集とか、ドイル特集とかがいいかなー。

ミニクーパーいいですねー。
私、車のことは全然わかりませんが、チビのミニカーで勉強中です(笑)。

今の私は、やっぱり不動産ですねー。
好きだし、楽しくてワクワクするし。。。
できれば、私の提供する部屋で快適に住める人が増えたら、
尚、嬉しいです。
これを形にできれば、部屋に「夢」をみてもらえるのかも?

投稿: 三田 | 2005/01/15 22:45

脱線ついでに
沢さんが幻冬舎にいって
「お好きな本どうぞ」って言われたとき
「ダンオニロク」っていったとか言いたかったとか。。
激しく品位を落としてすみません!!

投稿: まる | 2005/01/16 12:29

正確にはアウトロー文庫です。それから団鬼六の担当編集者ってどんな人?とか聞きました。女性らしいですよ・・・・

投稿: 沢孝史 | 2005/01/16 17:01

まるさん。。。沢さん。。。
「団鬼六???」ってアマゾンで調べちゃいましたよー。
お2人とも、得意(?)ジャンル広すぎです!(汗)

投稿: 三田 | 2005/01/17 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢を売る部屋づくり:

» 勝つためのコミュニケーション? [普通のサラリーマンがゆっくり豊かになれる、成功に効く読書。知識を取り込み、実践して知恵にしていきます。]
デカい態度で渡り合え!―世界中で通用する人間関係10のルール近藤 藤太フォレスト出版 2003-05by G-Tools この本の著者の近藤藤太さんは昨年2004年の11月に死去された。 [続きを読む]

受信: 2005/05/01 12:05

« 清掃委託契約書 | トップページ | 子供に対するお金の教育 »