« 巨大マネーが東京を狙う? | トップページ | 青色申告会5 »

2005/02/08

鹿谷先生のセミナーDVD

去年の年末から、青色申告をしたら、色々な勉強資料が経費になると知り、
ついつい調子にのって、色々なセミナーDVDや書籍を買い込んだこともあり、
見てないDVD、読んでない書籍が山積みになってきました(苦笑)。

本当は、今日こそ青色申告会にほぼ入力できたソフトのバックアップを
持って行こうと思っていたのですが、あいにくの冷たい雨。

ということで、不動産投資道場さん 鹿谷先生の
「節税の勘どころ」 法人化という術を知る! のセミナーDVDを拝見しました。

元証券会社出身ということもあるのでしょうか?
会計事務所なのに不動産投資に対して戦略的に対応してくれそうな気がしました。

鹿谷先生の著書は以前読んだことがありましたし、
何より、不動産投資道場さんの「達人会議」でも
読み応えのある貴重な情報を公開されています。
(私の師匠、沢さんのコラムも必見です)

大家さんを目指して勉強をしていると、必ずでてくるのが税金の問題です。
不労所得を期待して、よい物件を選び、購入に至るまでのハードルを越えたのに、
結局、がっぽり税金でもっていかれてしまうと、泣くに泣けません。
もちろん、支払うべきものはきちんと納税するつもりですが、
節税の知識は身につけておきたいマネー情報ですから、
感心が高いのもよくわかります。

他のセミナーDVDでもそうでしたが、会場の熱気は、真剣そのもの。
一言も聞き漏らすまい!という空気が、こちらにまで伝わってきました(笑)。

拝見していて、つくづく思ったのですが、
課税制度って本当に分かりにくいものですねー(苦笑)。

サラリーマンの場合、
自分の給与から、健康保険・年金・雇用保険・介護保険がどのように引かれ、
その後、どう課税されているのか?
自分の家族を含め、自分がどんな仕組みに加入しているのか?
そこを理解できていないと、先生が説明されている法人化することによって
家族全体のどこに影響がでてくるのか?
自分達にとって、メリットなのか?デメリットなのか?を判断するのが
非常に難しいというのが、私の実感です。

私自身は、たまたま、証券会社で6年ほど給与や福利厚生を担当していたので
ベースとなる基礎の部分は理解できているつもりですが、
このセミナーDVDをダンナに見せたら、多分、チンプンカンプンだろうなー(笑)
と、思いました。

私の師匠、沢さんは、給与担当の経験などはないそうです(笑)が、
この辺もとてもよく理解されているので、
勉強の仕方だとは思うのですが、税金も社会保険制度も、
もっと国民に理解しやすい仕組みにならないのかなー?と、正直、思います。

鹿谷先生のセミナーによると、
管理会社がいいのか、法人を設立して不動産を出資する方法がいいのか、
法人に売ってしまう方がいいのか・・・
結局、個別に相談するしかないというのが結論のようです。
そうですよね。
やっぱり、個別の家計全体を俯瞰してみなければ判断は難しいと思いました。
はい。

|

« 巨大マネーが東京を狙う? | トップページ | 青色申告会5 »

コメント

三田さん土曜はお疲れ様でした。二次会で法人の話をタニアさんとマサさんともう一方とで話し合ってましたよ。勉強不足の僕ではとてもついてける内容ではなかったですが、法人が赤字で個人が黒字だから法人の方を黒字にして銀行の評価を上げてみては?っていう内容だったと思います。タニアさん、マサさん読んでたらヘルプを。NHKの僕も見ました。半分寝ぼけながら見たので内容はあまり憶えてなかったのですが、皆さんのコメントを見てちょっと思い出しました。感想は三田さんの意見半分マサさんの意見半分かなぁ。追伸普段のSさんってどんなんですか?ガチャマンが頭の中で暴れてます。科学忍法火のとりぃぃぃぃ。     

投稿: 不動産勉強中のD | 2005/02/08 16:45

Dさん。
ホント、税金の話は難しいですよね。
でも、多分、自分自身の利益に関わってきたら、
無関心にはなれないでしょうけれど(笑)。
タニアさん達のお話、伺ってみたかったですねー。

NHK、今晩、再放送ですね。
眠い眼をこすりつつ、もう一度見ておこうと思います。
今日の日経の11面、回転いすの大林組の会長さんの
REITに対する警告にくすっと笑ってしまいました。
あの業界の方達にしてみれば、これは本当に切実な願いなんだろうなー
なんて思って。
色々な立場で見えているものが違うんですね。
納得しつつ、面白く拝見しました。

Sさんから、
Dくんには、普段は至って普通のオトナシイ思慮深い女性だと
念をおしておいてくれと、携帯メールきてました。
普段の彼女ですかー?
沢さんといると、はじけていますが、
仕事を一緒にすると、頭の回転が速く、面白い捉え方をする人です。
私は彼女と話すと、本当に沢山の刺激を受けるので、
とても大事にしている友達なんです。

投稿: 三田 | 2005/02/08 22:24

おはようございます。
昨日本屋さんで『白い犬とワルツを』を探したのですが、おいてなく、注文することにしました。
紹介記事だけよんだのですが、それだけで涙が出てきそうでした。楽しみにしています。

昨日はNHKスペシャルみました。
外資の方、外国の投資家のはなしは分かってはいながらも、衝撃的ですね。
日本のお金が食い物にされている、という感じです。

既成のものにのっかって利益をとる姿勢から、自ら付加価値をつけて利益を生み出す考えをもたないと、日本は危ないですね。

ま、まずは自分の足下固めなきゃ。。

投稿: すいしょう | 2005/02/09 10:26

すいしょう先生。
私が「白い犬とワルツを」を初めて読んだのは、2000年だったのですが、
かなり後になって、映画化されたのを友達に聞いて驚きました。
(映画はまだ観ていません)
とても良い本だと思うのですが、テーマが重いので、
誰にでもは薦めにくい一冊です。
すいしょう先生の心に響いてくれるといいなーと思います。

ところで、私も昨日、NHKスペシャルの再放送で後半から最後までを見ました。
思っていたより、きちんと締めくくられていたので、
あれを見て、どう判断するのかは、やはり自己責任だなーと、強く思いました。

いかに付加価値を高めるか?
私自身の人生設計でも考えなおしてみなければと思ってます。
「稼ぎ力」をつけるためにも(笑)。応援してて下さいませ。

投稿: 三田 | 2005/02/09 13:23

Dさん、三田さん、こんばんわ。

先日、話をしていたのは個人で給与所得が大きくてなおかつ不動産所得の黒字がどう頑張っても200万円とか出てしまうときにどうしたらいいかという話でした。
不動産関連で経費を作るのに
・小規模企業共済
・専従者給与

などがありますが、小規模企業共済はサラリーマンはNGです。専従者給与はその方はどうだったかな?ちょっと忘れてしまいました。
給与所得が大きいのは、経費とかで落とすのは難しいのではという話でした。(減価償却が大きい物件ならいいのかな)
最高税率を収めているので、その個人の評価がすごくいいことを利用して法人で物件を取得して個人の節税はあきらめて法人で借入をして物件を取得して税金以上に稼いでは?というような話をしました。
そして、法人では役員保険などでうまく節税をすればいいでしょうという話です。

投稿: サラリーマン大家マサ | 2005/02/10 00:11

マサさん。おはようございます(笑)。

なるほど。。。
今のところ、我が家の投資には縁遠い課題ではありますが、
勉強になります。
ウチの場合、共有名義なので、
2人とも青色申告をしています。
私がサラリーマンじゃないので、私だけは小規模企業共済を
使えるのか、一時調べたことがありました。

ただ、小規模企業共済も、確か固定じゃなくなって、
以前ほどの魅力はなくなったように記憶しています。
個人が確定拠出型年金を上限まで積み立てるのと、
どちらがメリットが多いのか、マサさんはご存知ですか???

ん?両方積み立てられるのかしら???
小規模企業共済は退職金がわりで、
確定拠出型年金は企業年金の上乗せがわりですから
特性が違いますよね。
う~、一度ちゃんと調べてみないと。。。

投稿: 三田 | 2005/02/10 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿谷先生のセミナーDVD:

« 巨大マネーが東京を狙う? | トップページ | 青色申告会5 »