« 業者の選別 | トップページ | 確定申告しなきゃ~ »

2005/02/26

インフレについて、一考察。

キヨサキ氏の本を、読み返していたら、ちょっと気になることが
書かれていました。

2000年7月に、グリーンスパン氏が
>失業率が非常に低い現在、本来はもっと強くなってしかるべき
>インフレがそれほど進行していないのは、
>人々が昇給より、安定した仕事を求めているからだ。
と語ったと書かれていました。

ネットで、このようなグラフを見つけました。
sa03-01-01-04z
(クリックしてもらうと、大きくなります)

うちは、アパート資金の融資を受けていますので、
今後の日本の長期金利動向には敏感です。

これまでの私は、
「この超低金利はいずれ終わり、金利は上昇する可能性が高いなー。
 金利が上がった時には、繰上げ返済も視野に入れておかなくちゃ」
と、漠然と考えていたのですが、
グリーンスパン氏の発言を、今の日本にあてはめると、
日本も、インフレ圧力が高まっても、金利を上げにくい状況にあるのかも?
と思ってしまいました。

というのも、年金保険料は上がる一方、
そのくせ、将来、幾らもらえるのか見込みが立ち辛く、
老後に備えておきたい意向の人が多い気がしています。

今後、消費税も高くなる見込みですし、
既に、所得税に関しては、各種控除の廃止など、
一般庶民の手取りが増えそうな見込みはありません。

去年からの原油高にしても、
もっと、商品が高くなるのかと思っていたのに、
ガソリン代には反映されているようですが、
相変わらず100円ショップの品揃えは多い。
・・・つまり、企業が原材料の値上がりを価格に転嫁できていないから
利益を圧迫しているはずなんですよね。


グリーンスパン氏の言われたように、
日本でも、年齢が上がる程、給与の上昇より、仕事の安定を求めている
ように感じます。

逆に、若い世代は、従来の一流企業への就職が、
将来の安定に繋がらないことを察知し、どうすべきか迷って、
今は、ニート、フリーターなどを続けている人が増えているようです。

このどちらを見ても、将来、購買力が上がるとは思えないのですが、
どうなのでしょうか?
ニートと呼ばれる人達は、求職をしていない人なので、
失業率に含まれない点でも、2000年当時の米国に近い状況に
今後近づくことも予想されます。

もちろん、年収の二極化はどんどん広がり、
高額所得者はどんどん所得を伸ばすでしょうし、
商品価格の二極化も進み、
高くても売れるものもあるとは思います。

ただ、全てのものが値上がりしにくい状況なのかな?と思ったのです。

このヨミからすると、急激な金利上昇は難しいのかな?
と思っているのですが、どう思われますか?
皆さんの意見を参考にしたいので、よろしくお願いします。

|

« 業者の選別 | トップページ | 確定申告しなきゃ~ »

コメント

三田さん、
今後くる金利上昇は、政策がうまく回っていて金利を上げようとして上げるのではなく、
日本の財政懸念=>日本国債下落=>金利上昇
という悪循環により、強制的に上げざるを得ないということになるかなと思っています。

ところで、長期金利ってだいたい4~9%のレンジですね。低金利が当たり前だと思い込んでしまうのは怖いと思います。

投稿: ムサシ | 2005/02/28 13:05

ムサシさん、早速、コメントをありがとうございます。

そうですね、金利の変動要因は私が挙げたものだけではありませんよね。
丁度、今日の日経をさっき読んでいたら、
今の米長期金利が上昇しない理由について、
グリーンスパン氏が「謎」だと発言したという記事に気付きました。

金利について、いざ、自分が借り手になってみると、
見える世界が変わってきていて、ちょっと戸惑っている上、
最近の個人向け国債の人気による影響まで考え始めると、
ちょっと理解不能に陥っています(苦笑)。

確かに低金利が当たり前と思うのは怖いですね。
今は、どの位のスパンで、どの程度の動きがあるのか?
が気になっています。

投稿: 三田 | 2005/02/28 13:35

三田さんの言うとおり、大家業のリスクの一つが、金利上昇ですよね。

私は、楽観的に“あがらないよ、しばらく”と思っていましたが、ムサシさんの“強制的に上げざるを得ない”状態になるとやばいですね。

出口戦略を考えてないと、いけませんね。
たとえば、現在5年固定の金利ですが、5年でローンにけりをつけるとか。

しかし、金利上昇を恐れて、物件購入に尻込みするのは、ナンセンスでしょう。

そんな人が多くなれば、競争相手が減るからいいかも。

投稿: ガンタロウ | 2005/02/28 22:49

ガンタロウ先生。

えええ???
確か、フルローンでしたよね?
それを5年で返済?!すごすぎです。

ウチは、師匠のアドバイスもあり、3年固定にしました。
融資を受けた銀行の3年と5年の金利差が大きく、
この金利差が縮小しないと仮定すると、
金利上昇局面でも、3年金利が急に上がりにくいかな?
ということで、3年を選択しました。

私も、金利上昇を恐れて、物件購入を躊躇ったりはしません。
とはいえ、実際に金利が上がってしまうと、
イールドギャップが縮小してしまうので、
限界はありますよね。

早く、いい物件がでないかなぁ。

投稿: 三田 | 2005/03/01 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフレについて、一考察。:

« 業者の選別 | トップページ | 確定申告しなきゃ~ »