« 地震の被害 | トップページ | 沢ししょーの本、発売です! »

2005/03/24

地震の被害 2

昨日、急いで、地震保険の約款を読んでみました。

「生活用動産の一部損は、保険価格の10%以上」とあります。
生活用動産とは、
・畳、建具その他の従物
・電気・ガス・暖房・冷房設備その他の付属設備
とされています。
便器が、「建物」か?「生活用動産」か?というと、
やはり「生活用動産」のはずです。

これだと、総額が高くないはずなので、10%超える可能性もあるぞ。
と意気込んで、保険証券を見てみると・・・
あっちゃ~。コミ・コミで建物に対する保険にされていました。
やっぱり、勉強が足りなかったな・・・。

これが自宅などの場合は、建物と生活用動産に区分して
保険をかけたりしているようなのですが、アパートは賃貸用ですので、
まあ、一般的に付属物を建物に含めるのも分からなくはないのですが。
こんな落とし穴があるなんて。。。

せっかくなので、日本損害保険協会に電話すると、
やはり、便器が建物に含まれている以上、
建物の保険価格の3%以上の損害でなければ保険はでないとのこと。
その上、ここで言う「保険価格」というのは、
地震保険をかけている価格ではなく、
火災保険が対象としている保険価格をベースに計算されるのだそうです。

ウチの場合、1棟あたり2000万円の火災保険と、
その半額1000万円の地震保険(半額が上限なのです)ですから、
2000万円の3%以上の一部損害・・・60万円?・・・とほほ・・・

しかも、3%以上20%未満の損害に対して、
支払われるのは保険金額の5%が上限。
つまり、60万円以上400万円未満の損害に対し、100万円が限度。
そう考えると、最悪300万円の自己負担が必要になります。
う~、じゃあ、便器代払った方がマシだよ~(汗)。

この後、地震保険に付いて色々調べてみたのですが、
地震保険は本来、地震にあって、家も家財も失った人を救済するために
国の旗振りでつくられた保険なのだそうで、地震保険に関しては、
各社、ほとんど保険内容に差がないのだそうです。
ですから、当然、建物が壊れて、入居者が被害にあった時の
大家が支払うかもしれない賠償金までは賄えません。

このリスクを回避するには、
入居者毎に掛け捨ての生命保険をかけるしかないのでしょうか?
キビシイな~。
ただ、ネットサーフィンしていて見つけたのですが、
阪神淡路大震災の時、木造家屋が倒壊している中、
すっくと建っていたのは、プレハブアパートだったとか。
プレハブアパートって、SハウスとかDハウスとかのこと?
ウチのはSハウスのですから、少しほっとしました。

結局、便器の交換は63,000円。
昨日の夜、入居者のところへ行った父は、
うら若き乙女だったらしく、「かわいそうだ」と連呼(苦笑)。
地震のせいなのかどうかも検分せず、
「幾らかかりますか?私、お金あまりないんです」と言われて、
「大丈夫。お金のことは心配しなくていいから」と帰ってきたそうです。
・・・おいおい・・・お金を出すのはウチなんだけど・・・。

ま、ブログのネタにもなりましたし(笑)、色々調べて勉強にもなりました。
そうそう、福岡中心部でも便器の破損が多かったらしく、
管理会社は便器の確保が大変だったそうです。

今更ながら、去年買付を入れた中心部のアパートを買っていたら、
もっと被害が多かっただろうな~と、ドキドキしました。
失ってみなければ分からない価値ってあるな~と痛感しております。

|

« 地震の被害 | トップページ | 沢ししょーの本、発売です! »

コメント

あははは、、、。お父さんのその時の状況が見に見えて、笑ってしまいました。すみません。
かっこいーです、おとーさーん。

三田さんも親孝行できましたね。この件でこのうら若き乙女の方は、家賃滞納なんてこれからもないでしょうし、三田さんのアパートの評判も上がるってもんです。一石三鳥くらいありましたね。

投稿: ガンタロウ | 2005/03/24 14:51

笑いを提供できたのであれば、ま、ヨシとしますか(笑)。

そーですね。
もう、トイレに花瓶は置かないでね。
家賃滞納なんかしちゃいや~(笑)。
ガンタロウ先生の励ましで、「おっしゃ~」という気持ちになれました(笑)。
ありがとうございました~!

投稿: 三田 | 2005/03/24 15:06

そうでしたか、本当に思わぬ落とし穴でしたね。
それしても、お父さま、ダンディな対処をされたものです…(なんと申し上げてよいのやら)。

阪神大震災のときの話、先日タニアさんが同じ話をされていました。
壊れたのは古い木造家屋と古いRC。
プレハブはしっかり残っていたとのこと。
えーと、撫子ハウスはDハウスだから、そういう意味では今後住むところは安心していいのかな…。

投稿: 撫子 | 2005/03/24 17:33

そうなんですか?
やはり、プレハブは強いんですねー。
って、本当のこと言うと、あれをプレハブと言われるのには抵抗アリですが(笑)。
何だか、「プレハブ」と聞くと、安っぽいイメージがしてました。
でも、地震に対する強度は、阪神で実証済みだったんですね。

ダンナの会社の社宅はヤバイかも?!
相当古いRCなので・・・。
アパートが大丈夫でも、今の社宅がヤバイ(汗)。
あ~、自宅が買える程、不労所得が増えるのは何時だろう???

投稿: 三田 | 2005/03/25 10:50

三田さん、こんにちは。地震大変でしたね。
便器はどうやっても建物ですよ~。^^;
建物から外せないものは建物として扱います。

賃貸物件の場合は、給湯器やエアコン、流し台など大家さんが設置
している設備関係も全て建物として契約します。

投稿: 投資家けーちゃん | 2005/03/27 08:58

けーちゃんさん、コメントありがとうございました。

>便器はどうやっても建物ですよ~。^^;
あちゃ~、そうなんですか?!
その道のプロがおっしゃるなら間違いありませんね。

いやはや、勉強になりました。
ありがとうございました(笑)!

投稿: 三田 | 2005/03/30 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/3418825

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の被害 2:

« 地震の被害 | トップページ | 沢ししょーの本、発売です! »