« 本審査、通過!2 | トップページ | 今後の目標をどこに置くのか? »

2005/06/03

境界線問題2

昨日、父のところへ、
不動産屋さんと、土地家屋調査士さんが見えたそうです。

先日の境界の経緯です。
元々Eの土地は、
おじいちゃまの奥様が相続された土地だったらしいのですが、
奥様が亡くなって、今はおじいちゃまの名義になっています。
かなり前に、この境界線のことで、この周りの家と争いになり、
E以外の方々が総意のような形で、
あえて、Eのような土地は存在しないかのように、
塀などで仕切ってしまったそうです。
・・・おじいちゃまが頑ななのも、分かる気がします。

Eの土地の総面積は13m2。
市役所の評価額は11万円で、固定資産税も免税となっており、
コストが発生するという状態でもないそうです。

今回、同行された土地家屋調査士の先生によると、
将来、もしも、Eの方が5軒を相手に訴訟を起こされたら、
法定できちんとした解決がなされるでしょうしから、
そちらの方が好都合だというお話だったそうです。
とはいえ、訴訟はお金がかかるし、土地の評価は低いし、
本当に訴訟になる確率は低いそうですが。。。

ゴルビー父も、
こういう経緯ならそう問題にはならないだろうとの判断でした。
大丈夫そうで、ホッとしました。

昨日から、色々ネットで調べていて面白いサイトを見つけました。
ちょと変わった ふどうさん屋の ほーむぺぃじ
ここで説明されているのが、
>土地の境界線について
>境界とは所有権界、占有界、公法上の境界と分けることができます。
>「筆界
>地番と地番の界であり公法上のものです。本来言う境界の事です。
>「占有界」  
>地番界を超えて使用、占有した界です。
>「所有権界」 
>占有した土地を時効により取得、または曲がっていた境界を
>お互いに使用し易いように直線等にした界です。
(中略)
>不動産売買の際には、後日のトラブルを防ぐ為に
>「占有界」または「所有権界」である現状を、
>隣地同士で確認しあった上で確定測量(土地家屋調査士)を行い
>登記する必要があります。
>結構な費用がかかりますので、多くの土地売買の際には、
>隣地の所有者に立ち会ってもらって、「所有権界」を確認し、
>その境界確認の書面を取り交わす程度で済ませる場合が多いようです。
>(買主がそれで承知できればいいのですが)

なるほどー、
平成4年の時の土地家屋調査士さんは、
占有界で確定測量をされたんですね。きっと。
ホント色々勉強になります。

よっしゃー!後は、銀行の正式回答をもらって、
決済までのスケジュールを進めるのみ!
皆様、色々とアドバイスをありがとうございましたー。

|

« 本審査、通過!2 | トップページ | 今後の目標をどこに置くのか? »

コメント

三田さん、物件購入も落ち着いて後は、セミナーの準備ですね。いそがしー。(笑)

投稿: ガンタロウ | 2005/06/03 09:04

まずは空室を埋める作戦スタートでしょうね。
遠隔地できついかもしれませんが、最強のお父様と協力して埋めていけばなんとかなるでしょうね。

投稿: ムサシ | 2005/06/03 10:09

>E以外の方々が総意のような形で、
あえて、Eのような土地は存在しないかのように、
塀などで仕切ってしまったそうです。


これってEの土地をFGの人が占有している形になっているということですか?
占有しているなら20年ほっておけばその土地の所有者になることができますがそれを狙っている?
結構、境界線の問題って大変みたいですね。
ある人が、境界線の確認を周囲にお願いするとそれに隣接した土地の人もさらにとなりに境界線を確認してもらってという形で、周辺を巻き込んで確認になることもあるようです。
そうすると、どこかの人が境界の確認を拒否したり、境界の位置でもめるとはじめに境界を確認したかった人もその影響で確認できなかったりとか。

投稿: 三代目大家マサ | 2005/06/03 10:48


20年たつ前に相続が発生するのでは
ないですか。問題は相続される方が
どうされるかですね。(占有権)

平成4年の測量ですから平成24年以降に
なるかなぁ。

投稿: まあ | 2005/06/03 11:23

ガンタロウ先生、かるーくプレッシャー。。。

ムサシさん、空室7室中、3室決まったそうです。
あと、4室。契約までに何室決まっているんでしょうね。

マサさん、そうやって境界線問題が拡大していくことがあるんですね。
勉強になりますー。
今回は、きっとこのまま20年・・・って気がします(笑)。

まあさん、そうですね。
ただ、広さ的に恐らく相続税もかからないかと思います。
何時から占有しているのか、今度帰ったら確認してみます。

投稿: 三田 | 2005/06/04 11:02


下記のような状態でないとできないよう
ですね。

>筆界(線)を越えて長年他人の隣地を自然
>な状態で過失なく占有してきた場合


認めてもらうにも、時効が成立したことを
裁判所が認めないとできない可能性
がありますね。

今の状態では、たぶん20年たっても時効は
成立しないのではないでしょうか。

おじいさんは立会いを拒否しただけですから。

投稿: まあ | 2005/06/04 19:48

なるほど~。
まあ、相続後にでも、穏便に話し合うのが一番のようですね。
この土地の場合、前面道路側ではないので、
返して欲しいと言われれば、
ウチはそれでも構わないですし(笑)。
お隣が買い取るのであれば、それでも構いませんし。

転売でもしない限り、大きな問題にはならないようだとわかってきて、
ちょっと安心しております。
色々な情報をありがとうございました。

投稿: 三田 | 2005/06/04 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/4379581

この記事へのトラックバック一覧です: 境界線問題2:

« 本審査、通過!2 | トップページ | 今後の目標をどこに置くのか? »