« 詰めが問題・・・ | トップページ | 本審査、通過!2 »

2005/06/01

境界線問題

昨日の午前中、ゴルビー父から電話が。
「仲介の不動産屋さんから電話で、
 裏の土地の境界線が確認できないらしい。
 売買を継続するかどうか決めて欲しいらしいぞ」
とのこと。

今度は何???
ホント、不動産って、色々ありますね。
今回買おうとしている土地は、BとC。前面道路がHです。
kouzu

元々、先日、重要事項説明書に添付されてきた、
平成4年に測量した時の「現況境界立会確認書」で疑問が生じ、
調べてもらっていた結果の電話だったのです。

添付されていた、土地家屋調査士さんが作った書類は、
AとDとGとの間で、境界の確認をしましたというもの。
たまたま、公図と見比べていて「あれ?Eとの確認は?」
という話になりました。

確かに、現地にいくと、このEのような形状の道などは、
見当たらず、直接、FやGに隣接しているように見えるのですが、
土地家屋調査士たる方が、こんな見逃しするのでしょうか?
うーん・・・分からない。

今回、改めて、仲介の不動産屋さんが調べてみると、
このEの持ち主は、75歳になるおじいちゃま。
かなり頑固な性格らしく、境界の件など、
こちらの話に耳を貸そうとされないそうなのです。

ゴルビー父が心配したのは銀行融資。
でも、元々、Eの土地は売買対象でもないし、
前面道路、Hとの間にあるわけではないので、
特に聞かれることもなく、問題にはなっていません。

建物自体は、Hの道路側に密接し、
E側に近い土地は、車2台分くらいの空間があいていて、
コンクリート張りになっています。
今後、その方が、Eの土地を主張されたとしても、
建物に及ぶ心配もありません。

将来、問題になるとすれば、転売する時くらいでしょうか?
ただ、この土地柄はダンナが惚れ込む地域。
そうそう簡単に売る気にはならないでしょうし、
仮に売ることがあったとしても、
Eの持ち主が代替わりしている可能性もあります。

一人で悩んでも仕方がないので、色々な方に相談してみましたが、
結局、このEの土地を通して、水道・電気などが配置されていないか?
が一番のPOINTだとのことでした。これは確認してみないと!

信頼している不動産屋さんによると、
境界線がはっきりしないというケースはそう珍しいことでもないそうで、
「ちょいと困った奴が隣を所有しているなぁ」位の話だとメールで
お返事頂いて、ちょっと安心しました。

明日、仲介の不動産屋さんが、ゴルビー父を訪ねてみえるそうなので、
詳しい事情を確認し、水道や電気の配管なども確認してもらいます。

またまた今回も沢山の方の力を借りている私達。
皆様~、心から感謝しております!ありがとうございますー!

|

« 詰めが問題・・・ | トップページ | 本審査、通過!2 »

コメント

このEの土地の所有者の方、
こんな形の土地持っていても、何のメリットもないような気が・・・・
毎年固定資産税払うだけで、活用も売却もできないでしょうね。(笑)

投稿: ムサシ | 2005/06/01 11:34

そうですよねー。
どういう思いで所有されているのか???ですね。
ムサシさんに指摘されるまで、固定資産税のこと忘れていましたが、
建物がないので、安くもならないでしょうし。。。

投稿: 三田 | 2005/06/01 12:02

いるんですよね~、こういう所有者。
うちも物件隣の旗竿地の所有者に
アプローチをかけてみようとしたことがありますが、
「死んでも売らん!」とバブル時のような
ことを言われているそうなので、
ほったらかしにしています。

ウチ以外の人には、とんでもなく安くでしか
売れないでしょうし、
毎年固定資産税を払うのも馬鹿馬鹿しいのにと思いますが、
結構、こういう人って多いんですよね。

まだ、「土地神話」は生きているんでしょうか?

投稿: タニア | 2005/06/01 15:16

タニアさん、どこにでもあるんですねー。
日本人は、未だに土地に執着があるってことなんでしょうか?
ウチの場合、「売って欲しい」ということでもなく、
「オタクとココの境界線を確認しましょう」というレベルで、
今現在、おじいちゃまの土地の形跡もないですし、
「ココ境界ね」とお互い確認した方がいいような気が・・・
あちらにとっても、特段、損になるような話しでもないと思うのですが。
ナカナカ人の心は難しいですね。
1つ1つ勉強させて頂いております。はい(笑)。

投稿: 三田 | 2005/06/01 16:38

このEの持ち主の方はもともとFとかGの持ち主さんだったんですか?
Eのような土地を持つに至った経緯に興味を持ってしまいました。

投稿: 撫子 | 2005/06/01 17:20

いま購入を進めている土地も境界線の問題があり、土地の売買契約が結べずにいます。
となりの所有者と売主で境界の位置の認識にずれがあるようです。
はやく確定してくれないと困ってしまうのですけどね。
やっかいな問題です。

投稿: 三代目大家マサ | 2005/06/01 17:32

撫子さん、そうなんですよねー。
元々小さな岡のようだった、この地域を開発した業者さんが
去年亡くなったらしく、詳しい経緯が分からなくなってしまっているのです。
Dの土地をもたれている方が長く住まれていると聞いていたので、
今度帰省したら、決済の前にお話を伺いに行ってみようかな?と思ってます。

マサさん、売買契約が結べないのは困りますね。
ココの場合、A、B+C、D、F、G対Eということになりますので、
ココの土地だけが大きく減るなどの可能性は低いようです。
マサさんの所も早く決着がつくといいですね。
ホント勉強になりますー。

投稿: 三田 | 2005/06/01 18:04


この E の地目はなにになっているんで
しょうね。宅地ということはないでしょう。

開発当初は、水路かなにかではなかった
のかなぁ。

投稿: まあ | 2005/06/01 19:36

ん~。何とも複雑なぁ???

私の実家の近所で、同じ様な?地形があります。
そこは、実家と隣接する土地を宅地造成する際に、
他の地主さんの土地も隣接しており、
その地主さん(現状畑)も最終的に、宅地造成出来る様に、
道路用地として、一部の土地を提供しないか?
問い合わせたらしいのですが、断られたそうです。
客観的に見ても数%の土地の提供で、土地の有効活用が出来るのに。。。
で、この開発業者が取った行動は。。。
開発した道路と、その地主さんの土地との間に、
第三者の名義で5cm×30mと有り得ない分筆をしました。
利害関係が産んだ悲惨な状況です。。。
ちなみに、地主でも何でも無い実家は、宅地造成業者と上手く関係を作れて、
こちらの要望通り、隣接する土地を分筆して頂き、綺麗で大きな道路も使える様になり、
巻き込まれる事が無かったのですが。。。
難しいですねぇ。。。

投稿: ゴック | 2005/06/02 08:10

まあさん、今日、不動産屋さんが父のところへ
説明に来られたら、少し事情がはっきりするのかな?
と思っています。

ゴックさん、ホント土地というのは、
日本人の遺伝子に「守るべきもの」とインプットされているのか、
第三者が冷静に考えたら「お互いに得」だと思える内容でも
感情的になられる方がいらっしゃるんですね。
色々勉強になります。

ゴックさんのご実家の方は問題なかったようでよかったですね。
まあ、今回のリスクは、自宅の土地ではないので、
少し気が楽ではあります。

自宅をローンで買って、境界線で隣ともめると、
引っ越すこともできなかったりで、もっと大変だろうなー
と、ネットで色々調べていて思いました。

ウチの結論は、
今日の不動産屋さんのお話を伺ってからになります。
なんとかなるー!(笑)

投稿: 三田 | 2005/06/02 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/4365289

この記事へのトラックバック一覧です: 境界線問題:

« 詰めが問題・・・ | トップページ | 本審査、通過!2 »