« シャワー&洗面台 | トップページ | 不動産所得と青色申告 »

2005/07/25

金持ち父さんのパワー投資術1

book00150
金持ち父さんのパワー投資術
ロバート・キヨサキ 著
★★★★★

キヨサキ氏の新刊です。
これまでの本では語られなかった
一歩踏み込んだ内容でした。

この本は、色々考えさせられる事が沢山かかれていたので、
書評というより、少し詳しく書いてみようと思います。

今回の本では、投資を志す人が失敗する大きな原因として、
「ラクをしたがる」ことが挙げられています。
・投資の勉強をしたくない
・投資について考えたくない
・不動産投資や起業は面倒くさい
この辺りまでは、これまでの本でも書かれていました。

今回の本には、
「投資において、ラクをしたがる人は損をし、
 ラクを提供する側が利益を得る」
ということが指摘されています。

株式の銘柄を選べない人が投信を買うという行為、
不動産投資したい人が、面倒なことはお任せのパッケージ化された
新築アパートや新築ワンルームマンションを買うような行為。
つまり、「ラク」と引き換えに、吟味することなく、「お金」を出し、
あとは第三者におんぶに抱っこで、長期に持ち続ける投資のことです。

これで
>自分自身の将来の経済状態を自分の力でコントロールできるのか?
と聞かれて、胸をはれる人はいないでしょう。

この言葉は、以前の本にも書かれていましたが、
>(金持ち父さんが)キャッシュフローを目的に投資する場合、
>私にとって値段はどうでもいい。プラスのキャッシュフロー、
>つまり私のお金に対するリターンが今すぐあるなら、
>値段に関係なく投資する。

つまり、先ほどの例で言うと、
・投信から、今、配当がもらえないのであれば、
 それはキャピタル狙いの投資であること
・建物が建っていなかったり、空室で家賃収入の無い物件への投資は
 キャッシュフロー目的の投資とは言えないということ
賛否はあるでしょうけれど、私はそう解釈しました。

実は、キヨサキさんも若かりし頃、
理解できないまま投信を買ったのだそうです。
キヨサキ氏がこの相談をした時、金持ち父さんは、
直ぐに投信の積立をやめるように薦めるのではなく、
自分がどうして間違った判断をしたのか学ぶ機会にするため、
それが骨に沁みるまで、積立を続けるよう言ったそうです。

失敗から学べることは痛い分だけ多いのに、
自分のミスを振り返らず、人のせいにしてしまう人は、
何度も何度も同じ事を繰り返すんだな・・・
と、証券会社で見てきた風景を思い浮かべました。

私も、投資に関してだけは(笑)、
「○○さんのせいで失敗した」とは言わないようにしていますし、
それ以上に、「○○さんのせいで・・・」と思わなくていいよう、
自分で調べ、沢山の人に相談し、よく自分で考え、
最終判断は自分でし、自分で結果責任をとれるか?と、
自問してから行動するようにしています。

長くなりましたので、明日に続きます。

|

« シャワー&洗面台 | トップページ | 不動産所得と青色申告 »

コメント

ロバートキヨサキさんもここまできましたか??詳細はよく知りませんが、彼は株式投資で成功しているという話はほんとうかどうか疑わしいようです。最近の彼の著作はゴーストライターが書いたような感じのものが多く、彼は確実に著名になった「自分のブランド(ロバートキヨサキの金持ち父さん)」からのキャッシュフローを作ることに集中しているようですね。このあたりはさすがだと思いますね。

投稿: カーツ今岡 | 2005/07/25 11:26

そうですね。
確かにそういう側面もあると思います。
私も正直、このシリーズの全てがいいとは思いません。

ただ、今回の内容は、ご紹介頂いた和田さんの本と、
私の中ではリンクする部分が多くありました。
「賛美」ではなく、「共感」しつつ、「疑問」をもちながら、
冷静に読むようにしております(笑)。はい。
それに、1冊に1つでも学ぶべきことが書いてあれば、
私は本代は惜しくないタイプなんです。

投稿: 三田 | 2005/07/25 11:37

あ、もしかして、ココが嫌でしたか?
>「投資において、ラクをしたがる人は損をし、
> ラクを提供する側が利益を得る」

今回の本の中にもありますが、
投資対象について、きちんと学び、経験を積み、繰り返すうち、
投資が楽になってくると書かれています。
こちらの楽は問題ないし、私もココを目指して努力します。

この2者の違いは、「責任を誰がとるべきか?」の認識のような気がします。

投稿: 三田 | 2005/07/25 11:43

本を読んでないのでよくわからないのですが投資信託について書きますと、今までは投資信託=資産=不労所得で楽して儲けることが推奨されていたと理解しています。
それがいきなり否定されてしまったのでしょうか?
私は中国株の投資信託買ってますがまさに楽したいからですがダメなんですかね?
中国株まで調べる余裕ないので・・・・(笑)

投稿: ムサシ | 2005/07/25 12:08

いえいえ、そこまで書ききれませんでしたが、
どの投資信託を、どのタイミングで売買するかを自分で選択し、
仮にファンド゙マネージャーが運用に失敗しても、
選んだ自分に責任があると考えることが出来る方は問題ありません。

あくまで、ラクしてはいけないと書かれているのは、
相手の話がセールスなのかアドバイスなのかが見極められるまでの過程です。

投稿: 三田 | 2005/07/25 12:36

なるほど。
今年、こんなにバリュー株が上がったのになぜか運用成績がマイナスだった「某バリュー株ファンド」の運用者を、
「なんて下手糞なんだろう?
サルに運用させた方が儲かるんじゃないか?」
と思った私は失格ですね。(大爆)

そのバリュー株ファンド、ものすごく下手糞ですが、さすがに全体が上がってきたのでプラスになったのでそろそろ売りますが・・・・(笑)

投稿: ムサシ | 2005/07/25 13:40

ムサシさん程の運用の腕がある方が、
そういう投信まで購入されているとは知りませんでした。
私、証券会社の時、投信を売り込みに来たファンドマネージャーの話を
桜で(笑)何度も聞いたことがあるから、「不信感」が強いのかもしれません。
「会社違っても、全員、同じ説明じゃん!」みたいな(苦笑)。

それなら、インデックスファンドの方がマシかと思って
自分で買ってみましたが、どんぐりでした(笑)。
はい。研究不足のまま買ってみた私が悪いんです(笑)。

投稿: 三田 | 2005/07/25 14:07

私はまだ読めていませんが、キヨサキさんも初回の本に比べると少しずつ変化されてきた部分もあるようですね(良くも悪くも)。
でも、これだけの読者をつかんで、これだけの議論を醸し出すだけの本質について、いつも語っているからこそ、人気シリーズなのでしょう。

投稿: 撫子 | 2005/07/25 22:04

自己責任ですよね。
勝手な解釈ですが、ヒデル式もありかなと・・ラクもしてないし・・
あ、いいんです。
趣旨は違ってるかもしれないけど、そう思わせておいてください。

自己責任ですよね。
カーツさんの責任の所在がはっきりしない部分、
「詳細はよく・・」から、「・・のものが多く、」を除いて読むと、
とてもいいコメントであることももうなずけますね。

投稿: ヒデル | 2005/07/25 22:21

撫子さん、
私、キヨサキさんがすごいのは、
彼の本を読んで、実際にやってみようと行動を起こしたり、
日本での事情を調べてみようと行動を起こした人がいた
というのがすごいなと思うのです。
例え、国民全体で考えると1%に満たないとしても、
オフ会などでお会いする方の多くは、
この本をきっかけに行動した人が多いのを私達、何度も聞いてますものね。

投稿: 三田 | 2005/07/25 22:54

ヒデルさん。
投資って、ホント自己責任だと思います。
ただ、私、この言葉をネガティブには受け取っていないんです。
失敗を減らすべく努力し、
自分がそこから学ぶことでリカバリーできるのですから。

ヒデルさんは、
「できない」と何もやらなかった人でも、
何かを「失敗した」と他人にあたる人でもないと思っています。
楽しみながら、前進あるのみ!という空気がブログから伝わってきます。

投稿: 三田 | 2005/07/25 22:58

株や投信のことはほとんどわからないのですが(^^;)、何かを始めるときって、不安や、わからないことがたくさんありますよね。不安をやわらげたいから、つい人に聞いてしまいがちなんですけど、その意見は意見として聞き、それに左右されないように、自分の考えはしっかりと、持っていないといけないんだと思っています。
頭では理解していても、困難や不安にぶつかると、人に頼ってしまいがちです(++)

投稿: ぺっぺ | 2005/07/25 23:08

>不安をやわらげたいから、つい人に聞いてしまいがち
そうですね。
でも、聞いた人が悪いと、とんでもない結果になることも
考えられますしね。
やっぱり、投資勉強の鉄則は、
その投資の経験があり、尚且つ、継続的に利益を得ている方を探して、
教えを請うのが一番確実だと思っています。

投稿: 三田 | 2005/07/26 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/5141948

この記事へのトラックバック一覧です: 金持ち父さんのパワー投資術1:

« シャワー&洗面台 | トップページ | 不動産所得と青色申告 »