« 外壁の補修が終わりました | トップページ | 女性の視点研究 »

2005/09/05

専業主婦が10年連続入居率99%にしたアパマン経営法

book00154専業主婦が10年連続
入居率99%にしたアパマン経営法

著者・安藤 泉
日本実業出版社
★★★★★

不動産経営に関する本では久々の、
「なる程、こういう視点もあるんだな」と、
気付かされることの多い一冊でした。

読後の一番の感想は?と言うと、
同じ女性といえども、世の中、上には上がいるもんだなー!
情報が濃すぎて、「ふ~(汗)」というカンジも(笑)。

特に、「うむむ・・・すごい」とうなってしまったのが、
相続税対策のために9億円の借入をして、
不動産経営をしていくにあたり、安藤さんがした決意、
「自分に逃げる道はつくらない」という不退転の決意の部分でした。

安藤さんのところが建てようとされた物件は、
今となっては誰もが認める人気の間取りですが、
当時としてはプロの業者にも否定された、広い(44m2)の1LDK。

安藤さんご自身が快適な居住空間には、
今後、広さが求められるはずだ!という生活者としての読みがあり、
そして、ご主人を始め、回りの方々が、
そんな安藤さんの読みを信じ、任せたからこそ、
今も高い入居率を保持できるマンションを経営されているんですね。

経営をしていく以上、マイナスをプラスに変える発想の転換と、
女性ならではの気配り・・・男性には否定されそうですが、
居住空間を大事に思う女性が多い不動産賃貸の現状を考えると、
「私でもできることが沢山あるんだ」と勇気をもらえました。

・・・そして、それ以上に、秀逸だったのが、
後半の不動産経営をしていく上で陥りがちなカン違い。
つまり、減価償却と返済の元金の考え方です。

安藤さんは、女性ならではの配慮だけでなく、
数字にも滅法強い方なのです。。。
私のように、計算はエクセルに任せるような数字ダメダメな人にも
とても分かりやすく説明されています。

特に、
自治体からの金利助成がついて、オーナー負担2%の借入と、
今のように、金利が元々2%台のような借入の差を、
ご自分でグラフでチェックし、
・何年後に繰り上げ返済をすれば有利なのか?
・借り換えをするなら、どのタイミングがいいのか?
など、とても冷静に現状と将来を見据えて、判断されている点など、
自分の姿勢を反省しつつ、勉強になることが沢山ありました。

この本は、実際に物件を持ち、運営をされている方には、
本当に勉強になることが沢山書かれています。
特に、女性大家さんには心強い一冊です。
沢山の有益な情報を、こうして本やセミナーで話されるのは、
「情報は開示してこそ入ってくる」という姿勢なのです。

私も、最近、この考えを実感することが多くなってきていますが、
それでも、安藤さんとは年季も違いますし、ノウハウの質も違います。
つくづく、もっともっと勉強していかなくちゃ!との思いを新たにしました。
安藤さん、ありがとうございました!

|

« 外壁の補修が終わりました | トップページ | 女性の視点研究 »

コメント

「女性の視点」というものは、アパート経営に限らず、大切なものですよね。
男性には見えないものまで、見えたり感じたりしてしまうのでしょうね。

うらやましい能力ですが、それを実際に活かしている人は本当に少ないようで、残念ですね。

投稿: ムサシ | 2005/09/05 13:24

そうですね。
安藤さんほど生かせている女性は、本当に少ないと思います。
「女性の視点」とはいっても、「個人の好み」に偏りすぎてもいけませんし、「費用対効果」の視点も必要ですよね。
そういう意味で、数字に強い安藤さんは、とてもバランス感覚のいい不動産経営をなさっているのだと痛感しました。
私も、見習いたいです。はい。

投稿: 三田 | 2005/09/05 13:48

女性の視点を生かした大家さん業と、数字の裏づけに基づく不動産投資をバランスよく行っている貴重な方なのでしょうね。
ぜひ、読んでみたいと思いました。

投稿: 撫子 | 2005/09/05 16:51

さっそく注文しました(^^)
数字には強くならないと・・・と感じていました。
成功されている方のお話は、本当に参考になります。
まずは、見習い、そこから、自分のオリジナルが作り出せたらいいですよね。

投稿: ぺっぺ | 2005/09/05 17:15

撫子さん、安藤さんの発想と実行力、数字の読みこなし・・・勉強になることばかりでした。
私、こんな生き方ができたらいいなーと、心から思いました。
こういう女性が活躍してくださるからこそ、後に続く女性は前に進みやすくなってもいるのかな?なんて思ったりもして。
女性は60代で花盛りなんだそうです。
うーん、楽しみ♪ですね(笑)。

ぺっぺさん、この本は本当に勉強になると思います。
この安藤さん、評判のいいマンションや賃貸物件があると、ご自分で足を運んで研究されたりもされるのだそうです。
私なんて、まだまだひよっこだと反省しきりです。はい。

投稿: 三田 | 2005/09/05 17:47

そっか、気になってましたが注文しましょう。先月は支出が多く教育費に予算が回らなかった。とっても読む気になりました。ありがとう。

投稿: 小澤 | 2005/09/05 17:52

安藤さんって、日経の他、日経ビジネスなども定期購読してるんだそうです。
この向上心、見習わなくちゃ~と思いました。

投稿: 三田 | 2005/09/05 21:23

とりあえず本頼みました。10年後にそのときの主流に乗っていたいですね。
>この向上心、見習わなくちゃ~
三田さんも10年後には、本数冊出してますって(^_^)

投稿: ガンタロウ | 2005/09/05 22:28

私も読みました。借金9億、見習いたいです。うちは2億もありません。。。

よく相続のために借金するればよいといいますが、それはあくまで返せる見込みのある借金のこと。2億でも返していくのは大変です。

何はともあれ、自分が企画したマンションはいいですね。こっちはニーズにマッチしていないボロアパートで、再生計画が大変です。やっぱり再生の決め手はうちのかみさん、いろいろと意見を聞いてすすめています。

投稿: 大塚 | 2005/09/05 23:21

ガンタロウ先生、そうですね。
大家業って、物件買ったら終わりではないところが女性には特に面白いのかもしれません。
本を出せるかは???ですが、色々と試行錯誤をしてみたいと思っています。
宮崎の皆さん、台風大丈夫ですか???

大塚さん、自分で企画したマンションですか・・・。
夢ではありますが、ニーズに合ったものにできないと怖いというのもありますので、私はまだまだ修行の身です。はい。
大塚さんは奥さんのアイディアを活かしてあるんですね。
女性のカンって、なかなかどーして侮れないと思います。
再生プラン・・・知りたいです~。

投稿: 三田 | 2005/09/06 12:11

明日、安藤泉さんに取材を敢行することになりました。

今後、安藤さんには当会のサイトにも登場頂く予定です。

サラリーマン流不動産投資道場をよろしくおねがいします!http://www.sftd.jp/

投稿: 幸田伸行 | 2005/09/10 14:12

幸田さん、コメントありがとうございます。
そちらのレポートもいつも参考にさせて頂いています。
安藤さんの取材結果も楽しみです。

投稿: 三田 | 2005/09/11 08:51

三田さん、少々ご無沙汰しておりました

漸くアマゾンマーケットプレイスで買えて、三田さんの記事がトップページに在るうちに、どうにか私も読書感想文をアップしましたので、TBさせて頂きました。

突然ですが、明日から2日間帰省します。
よさげな物件が見つかったので見に行くと言いたいところですが、残念ながら今回は不動産関係イベントは無しです。

お話したかもしれませんが、昨年脳梗塞で倒れて自宅療養中の父が、運転免許更新の実技試験(←老人特有)の為の練習に珍しく燃えているそうなので、わずか半日間ですが応援に行くんです。

「親孝行したい時には親は無し」×2 は避けたいという訳です。

投稿: 砥板 | 2005/09/17 23:38

砥板さん、親孝行ですかー。さすがですねー。
私も最近、親のありがたさを痛感させられていますので、こういう砥板さんの姿勢は、是非、見習わないと!
気をつけて、楽しんできてくださいませ。

投稿: 三田 | 2005/09/18 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/5796683

この記事へのトラックバック一覧です: 専業主婦が10年連続入居率99%にしたアパマン経営法:

» 専業主婦が10年連続入居率99%にしたアパマン経営法 [家主(いえぬし)さん物語]
専業主婦が10年連続入居率99%にしたアパマン経営法 安藤 泉 三田さんのブログに紹介されていた本です。 不動産関連の本は、以前は片っ端から買って読んでましたが、はっきり言って食指気味でした。(^_^;) この本は、ひさびさの★★★★★でしたね。さすが三田さんが薦めるだけの事はあります。... [続きを読む]

受信: 2005/09/16 18:10

» 専業主婦が10年連続入居率99%にしたアパマン経営法 [続・好きなことを仕事にする]
この本は、今から16年ほど前バブルがちょうど弾けた頃、初めて不動産投資をされた当時50代の専業主婦が書かれた本ですが、広瀬智也さんのブログや浦田健さんのメルマガで紹介されるだけあって、「そこまでやるか!」と感服する内容でした。親から相続する土地を放ってお...... [続きを読む]

受信: 2005/09/17 21:54

« 外壁の補修が終わりました | トップページ | 女性の視点研究 »