« 専業主婦が10年連続入居率99%にしたアパマン経営法 | トップページ | 入居のしおり »

2005/09/06

女性の視点研究

昨日、部屋の片づけをしていたら、
2004年3月3日発売のan・anがでてきました。
特集の内容は、「お気に入り住まいのつくり方」です。

どうして、この本を買っていたのかを思い返すと、
どなたかの本の中で、
ある男性オーナーが、女性のニーズを掴むために、
女性誌で住宅特集がある時には買って読むと
書かれていたからです。

日付を見ると分かりますが、3月初旬といえば、
引越しする単身者も多いうえ、
春の足音が聞こえ始めて、引越ししない人でも
「部屋の模様替えしたいな~」と思う時期です。
今度の春も、きっとこんな本が出るのだから、
買わなくちゃな~と改めて思いました。

快適な住まいを手に入れる心得として、
1.物件内覧の時に、自分がこだわる部分の写真を撮っておき、
 後から、じっくり比較検討する
2.収納スペースの多い物件を選ぶ
 収納がない場合は、トランクルーム付物件も検討する
3.古い建物に拘るなら、メリット・デメリットを把握する
 (当時、古い建物のプチ・ブームだったそうです)
4.憧れエリアではなく、自分の生活に快適なな地域を選ぶ
 究極は、自分が気に入った友人の部屋の後釜狙い!
 (↑これ、大家的にはありがたいですね)
5.不動産屋に行く前に、住みたいエリアをじっくり歩いてみる
6.ご近所さんについて調べておく
 女性の場合、建物全般の防犯設備は要チェック!
7.昼夜2回は部屋の内覧をする
 夜の騒音が酷い、街灯が暗いなどが分かる
8.ペットを飼うなら、ペット可物件を探して飼う
9.自分の思い描く生活があるなら、郊外に都落ちも楽しい
10.前の家で困ったことはメモに残しておき、
  それがクリアできる物件を探すこと
11.風通し、日当たりはおろそかにしない
  どちらかだけでも確保する
12.ルームシェアも検討する
13.エントランスや廊下などの清掃状態もチェックする
  ここで妥協すると、家に帰る度に不愉快になる
14.内装が気に入らない時には、入居前に大家に相談する。

・・・うむむ・・・こんなにチェックされると、怖いですね(笑)。
でも、大家にとって、ココに改善のヒントが隠されているとも言えます。
ウチの2棟目は、あきらかに収納が少ないのです。
トランクルームかぁ・・・なるほど。なるほど。
場合によっては、1階の1室を改装してしまうのも一つのプランですね。

2棟目の単身者向け物件については、
昨日ご紹介した安藤さんに少しでも追いつけるように、
色々検討してみたいなと思っています。

|

« 専業主婦が10年連続入居率99%にしたアパマン経営法 | トップページ | 入居のしおり »

コメント

女性の視点、恐るべしですよね。
3点ユニット式とか、洗濯機置場室外とかは、書いてないとこ見ると論外なんでしょうかね?

収納を増やすと、部屋が狭くなるような気が・・・・(笑)

投稿: ムサシ | 2005/09/06 13:32

そうですね。
3点ユニット式には触れていませんでしたが、
室内の洗濯機置き場は、別の特集のチェック項目でした(笑)。

>収納を増やすと、部屋が狭くなるような気が・・・・(笑)
これは、私もムサシさんの意見に同感です。
広すぎる収納は、不要なものを増やすだけですし、
居住空間を圧迫するのでは意味がないと私も思います。
結局、使わない荷物置き場のために、家賃の大部分を払うのはもったいないですし。
特に借家の間は、荷物を減らして、シンプルに暮らすのが一番なのですが・・・。
私自身、中々実行できていない部分でもあります(笑)。

投稿: 三田 | 2005/09/06 13:45

私、個人的には収納スペースが足りないよりは、若干部屋が狭くなってもたっぷり収納がとれる方が好きです(←片付け下手なため)。

1人暮らしの女性といっても、一口にくくれないところも多いのでしょうが、私自身は1人暮らしをするのであれば、広さよりも安全・安心・キレイを優先したいです。

投稿: 撫子 | 2005/09/06 14:19

撫子さん、結局は部屋の間取りによるとも言えますね(笑)。
収納場所にも適所がありますし。
以前、住んでいた社宅は、死ぬ程収納があったのに、お風呂周りに収納スペースがなく、窓のせいで収納家具も置けず、タオルを他の部屋までとりにいかなくちゃいけない間取りでした。
あの辺が、男性の視点なのかもしれませんね(笑)。

>広さよりも安全・安心・キレイを優先したいです。
これには納得です。
昨日ご紹介した安藤さんのマンションがこの典型だなーと思います。
私も精進しないと(笑)。

投稿: 三田 | 2005/09/06 14:57

すごくたくさんのチェック項目ですよね。
でも、実際に自分が住む部屋を探すときは、重箱の隅をつつくように、窓枠のほこりを指でチェックしたりしながら、
見て回るかもしれないです(^^;)
大家となってからは、費用のことを考えてしまい、そこまでチェックしていなかったようにも・・・
常に入居者側からの見方を忘れてはいけないんですね。

投稿: ぺっぺ | 2005/09/06 20:51

もうすでに持っている物件では、クリアが難しいものもありますが、改善出来るものもあります。特にエントランスの掃除とか街灯とか・・。
女性が住みたいと思う物件なら、男性も問題ないのでしょうね。。。??男性が好む物件ってなんでしょうか?女性とどこが違うんでしょうね。今度、ブログネタにしよーっと。

投稿: ガンタロウ | 2005/09/06 21:30

厳しいですね。

「女性向け収益物件を買うときのポイント」
と見たほうがいいのかなとも思います。

次の物件の参考にさせていただきます。(汗)

投稿: ヒデル | 2005/09/06 22:08

ぺっぺさん、この項目を見て、
意外と女性は実用重視なんだな~と思いました。
デザイン性は最後の項目くらいですから。
部屋は箱であり、味付けは自分でできる自由度も必要なのかな?と思ったりもしました。

ガンタロウ先生、男性が好む部屋・・・。
かえって私には難しいテーマです。
ブログを楽しみにしてます。

ヒデルさん、
女性を意識するかどうかは、地域によっても違いますよね。
色々な視点を持つだけでも、今後に生かせるのかな?と思います。

投稿: 三田 | 2005/09/06 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/5811608

この記事へのトラックバック一覧です: 女性の視点研究:

« 専業主婦が10年連続入居率99%にしたアパマン経営法 | トップページ | 入居のしおり »