« 驚きました~ | トップページ | 流し台のカラーを一新! »

2005/09/28

私の季節は?

先日、ある方に薦められて、この本を読んでみました。
book00159なぜ 春はこない?
神田 昌典 著
実業之日本社

経営コンサルとして有名な神田さんが、
事業の盛衰同様、人の人生にも、
行動や思考を転換すべき時期があるのでは?
という視点で書かれた本です。

実は、この本、一度読んだはずだったのですが、
その時には、あまりピンと来ていなかったので、
「季節は何でしたか?」と聞かれても、「???」状態でした。
・・・で、読み返してみると、この本の時点では、
自分の半生を振り返って、季節を考えてみましょうというだけで、
直ぐに季節が分かるようにはなっていませんでした。

この本のシリーズが、あと2冊ある(この本この本)のは伺っていたので、
そちらを見てみると、今はWEB上で確認できる(無料)ようになっています。
(TRYしてみたい方は、こちらの左上「季節判定」をクリックしてください。)

私は基本的に、占いも宗教も、自分のいいように信じる主義(笑)。
ただ、この本を読んでみられると分かりますが、
これは占いというより、自分の立ち位置を知り、
周りの家族や同僚の季節を知ることで、
他に対して肝要になれる視点を教えてくれます。

ちなみに、私の生まれた季節は秋、今のシーズンは、冬1年目。
ダンナの生まれは夏、今のシーズンは夏2年目。

この考え方でいうと、
冬から春、夏、秋と、各3年周期で季節が巡り、
また、新しい冬に入るという風にとらえます。

ですので、私は、新しいタームに入り、春に向け試行錯誤の季節。
対して、ダンナは、いけいけドンドンの季節。。。
こりゃー、意見が合わないはずです(苦笑)。

ただ、夏に、自分の実力を見誤り、調子にのりすぎると、
秋に入った時に、様々な課題がでてくるようです。
・・・確かに。
私の過去を振り返っても、面白く説明がつくことが幾つかありました。

この本の冒頭にも書かれていますが、
「億万長者は、占星術を信じない。しかし・・・大富豪は活用する」
という、NYタイムズに紹介された一節。
活用することで、自分の足元を見直すきっかけになれば、
とても面白いなーと思っています。

|

« 驚きました~ | トップページ | 流し台のカラーを一新! »

コメント

私は冬生まれの夏1年目。妻は冬生まれの冬2年目。
どうなんでしょう?

ところで、季節がずれている夫婦は、永遠にずれたままのような・・・・(大汗)

同い年がベストカップルになる占いなんですか?

投稿: ムサシ | 2005/09/28 11:56

いえいえ、かなり細かく分かれているようですので、
同い年だからといって、同じになることはありません(笑)。

ムサシさんちも、季節が逆なんですか?!ちょっと意外(笑)。
いつか、奥様にお会いしたら、
奥様から見たムサシさんを伺ってみたくなりました(笑)。

しかも、この占いを信じるとすると、
ムサシさんは、この1年ほどは、まだまだいけるみたいですし。
どこまでいくんでしょー(笑)?!

あと、冬生まれの人は、メッセージ性の強い人が多いそうです。
ムサシさんのブログを見てると、「確かに」と頷けますね。

投稿: 三田 | 2005/09/28 12:14

この前紹介してもらったこの本、本屋にいったらありませんでしたのでまだ読んでません(^_^;)

私のところは、私冬生まれの春1年目、かみさんは冬生まれの冬3年目でした。
ということは、季節が同じになる時があるからいいんでしょうか???

お互い生まれが冬同士だと我が強いんですかね?意見がぶつかることが多いですが、そのせいかも(笑)

今、春だと収穫の秋までには時間がかかりますね。あせらず地道にやれという解釈でがんばろうと思います。

投稿: 大塚 | 2005/09/28 14:50

大塚さん、この本は、ちょっと前の本ですので、あまり店頭には置いてないかもしれません。

本によると、季節が重なる場合は、
夏などは、2人でいけいけドンドンになってしまうこともあるので、気をつけたほうがいいんですよ。と、本を紹介して頂いた方はおっしゃってました。

生まれが冬同士だと、お互いにビジョンやミッションを掲げるタイプなので、意気投合した時とそうでない場合の落差があるとは書かれていました。

大塚さんは、春1年目。
積極的にしかけていくことで、夏に大きな実を結ぶそうです。
来年は奥様も春入りしますし、攻めの年になりそうですね。
応援してます!(笑)

投稿: 三田 | 2005/09/28 15:11

我が家も逆でした~。
私が夏生まれ、秋3年目。
ダンナさんが冬生まれ、春3年目。
まっさかさまです。
この生まれ季節が誕生日と全く関係ないのがおもしろいですね。

投稿: 撫子 | 2005/09/28 17:52

撫子さんちは、生まれも、今の季節も逆なんですね。
面白い~。
ちなみに、夏生まれは「人生を確かに導く賢者」なのだそうです。
辣腕プロデューサーは夏生まれが多いそうです。
秋本康さんや、小室さん、つんくさんなど。
何だか、妙に納得してしまいました(笑)。

秋の3年目は、目の前に起こることを、すべて「収穫」として受け取るといいそうです。
一番の収穫は、やっぱりBabyですね。

投稿: 三田 | 2005/09/28 18:08

目の前に起こること全てが収穫ですかー。
そういうことだったら、もっともっとたくさん色んな種まきをしておけば良かった~~~。
って、欲張りすぎですね(笑)。

投稿: 撫子 | 2005/09/28 20:12

じゃあ、次の春に向けて、
来年から一緒に種まきしましょう~(笑)!
育児を楽しみながら、ゆっくりですね♪

投稿: 三田 | 2005/09/28 20:50

季節判定、興味深いものがあるのですね(^^)
私が夏3年目で、とっちゃんが冬1年目でした。
性格は全然違うので、やっぱり・・・って思いました(^^;)
内容は、ふむふむとうなずけて、お互いに今後の展開も興味ある内容でした。
これからが、ますます楽しみになりました~(^^)

投稿: ぺっぺ | 2005/09/28 22:05

不思議なことに結局12年周期で回っていることになり、占星術や東洋的な占いと同じ周期となるのが不思議ですね。。。。

投稿: カーツ今岡 | 2005/09/28 23:01

ぺっぺさん、
夏3年目は、ワナとギフトが混在する時期なので、
勇気を持って取組む時期だとか。
寒さへの準備もしておくといいそうです。
ちょうど、今の季節にぴったりですね。
とっちゃんさんは、私と同じ。
ぺっぺさんのように、こういうものを楽しむ姿勢が大事だと思います(笑)。

今岡さん、確かに、様々なものが12年周期だったり、
4つの分類だったりと、共通点がありますね。
何故そうなるのかは、私にはわかりませんが。。。

投稿: 三田 | 2005/09/29 09:42

乗り遅れました。
私は、夏生まれの秋3年目。撫子さんと一緒です。かみさんは、秋生れの冬1年目ですので三田さんと一緒ですね。

投稿: ガンタロウ | 2005/09/29 13:05

ガンタロウ先生のお宅は、
撫子さんと私が一緒に生活しているようなカンジなのですかー(笑)。
ちょっと、興味津々(笑)。

ガンタロウ先生の奥様は、秋生まれの「癒し」の要素をお持ちだと思うのですが、私の場合は、「どうなんだろ?」と、ちょっと疑問に思っていたりもします(笑)。
私の場合は、「癒し」というより、「ボケ」という気もします(自爆)。

投稿: 三田 | 2005/09/29 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/6154333

この記事へのトラックバック一覧です: 私の季節は?:

» 『なぜ春はこない?』神田昌典著/12年サイクルの春夏秋冬理論 [早稲田MBAで さようなる]
『なぜ春はこない?』神田昌典著 メリークリスマス! 12/24の夜にこんなブログを読んでいるアナタは、きっと恋人のいない寂しい人です。 このブログを読む以前に、このブログをUPしている僕はもっと寂しい人です。 毎日毎日小生の拙いブログを楽しみになさっている...... [続きを読む]

受信: 2005/12/24 23:01

« 驚きました~ | トップページ | 流し台のカラーを一新! »