« 物件の魅力を考える2 | トップページ | 災い転じて福となす?! »

2005/09/13

物件の魅力を考える3

もう、ウキウキの毎日を過ごしていた社宅からの転居ですから、
「引っ越す」と聞いた時には、3日くらい落ち込みました(苦笑)。

そして、物件の下見に来て、更にショック。。。
部屋が狭いのです。
玄関から入った廊下だけがヤケに広い。。。
事実、本棚を2つ置いても、洗面やトイレのドアが十分開くので、
かなり無駄な間取りです(涙)。

ここは、以前の2つとは違い、借上げ社宅だったこともあり、
一般賃貸物件同様に収納も従来の1/3ほどしかなく、
最悪なことに、どちらの収納も長方形ではないのです。
何かの配管で、角がでっぱっており、押入れのすのこも入らない。
ガーン、ガーン、ガーン。。。
更に、1週間ほど落ち込みました(涙)。

これまでの社宅はどちらも収納はたっぷり。
その分、かなり無駄な荷物が溜まっていたのも事実でした。
物理的に入らないものは仕方がない。
当面使いそうに無いものは、全てダンナの実家に送らせてもらいました(汗)。
・・・そして、今まで一度も必要になったことが無い。
うむむむむ・・・結局、いらないものだったというだけのこと(苦笑)?!
今となっては、何を送ったのかすら覚えておりません。ははは・・・。

設備面では、インターフォンは元に戻って、ピンポンのみ。
幸い、お風呂は自動給湯で、しかも湯船が今までで一番ゆったりサイズ。
お風呂だけは、一度、自動給湯を使うと、主婦としては、あって欲しい設備です。
だって、お風呂のお湯を張る時間帯は、食事と重なり、一番忙しい時間帯。
お風呂だけでも、自動で止まってくれると、
「ホント、いつも、ありがとーね」と褒めてあげたくなるってものです(笑)。

環境については、最初は緑が少なくて、空気が悪いのが気になったのですが、
その内、慣れたのか、気にならなくなりました。

今の社宅の立地のメリットは、
・地下鉄(始発)とJRの駅まで徒歩6分。私鉄の駅まで徒歩10分で利用可能。
 しかも電車で数駅乗り継ぐと、他にも3種類ほどの電車が利用可能なこと。
・南口だけでも、庶民派スーパー3つ、デパート系スーパー1つ、
 ショッピングモール1つ、格安系ショップ2つと、お店が充実していること。
・市役所、税務署、職安、図書館、文化会館などの施設が徒歩圏にあること。

特に、不動産投資を始めてからは、市役所や税務署には何度も行きましたので、
近くにあって助かりました(笑)。

練馬の社宅に比べると、あきからに庶民の街。
そして、小さい子のいるファミリーが多い街でした。
その割に、チビが生まれてからは、街中の歩道の狭さに泣かされましたし、
JRの駅に、当時はエスカレーターもエレベーターもなかったこと(今はあります)、
隣の江戸川区に比べると、育児支援が見劣りすることなど、
その立場にたってみて、初めて知ったことも沢山ありました。

吉祥寺とは比べ物にはならない街ではありますが、それなりの魅力もあり、
チビの縁で知り合った人たちは、この街の暮らしに満足している人が多いのです。
結局、生活をする上で何に重きを置くかは人それぞれなのだと思います。
私は今でも、いずれ吉祥寺の近くに住みたいと思っていますが(笑)。


こうして振り返ると、それぞれの街の暮らしを体験したことは、
借りる立場を知る上で、とても勉強になりました。
街の魅力もさることながら、その時々の家族構成によって、
譲れる条件というのが変っていくのを感じます。

大まかにとらえても、
単身者やDINKSの場合は、とにかく通勤に便利な街。
小さい子がいる家庭は、子供の遊び場が近く、買い物に便利な街。
学生がいる家庭は、通学や塾に通いやすく、誘惑の少ない街。
年配者2人の家庭は、趣味仲間などが集う街。
老人世帯は、顔なじみが多く、病院や施設が整った街。

本来なら、その時々で住む場所を変えたいものですが、
持ち家の場合はそうもいきません。
賃貸だからこそ提供できるものもあるような気がします。
不動産には、本当に同じものがありませんので、
その時々で、頭のチャンネルを切り替えて、
よりニーズに合った住まいを提供できるよう考えてみようと思います。

|

« 物件の魅力を考える2 | トップページ | 災い転じて福となす?! »

コメント

引越しで捨てるか捨てないか、悩みますが、結局引越すと生活環境が変わるので使わないようになるものも多いですね。

私も実家に運んだりしますが、実家に何があるかよくわからなくなっています。
ほとんど捨てるべきもののような気が・・・・

うろ覚えの記憶で、
「過去1年使わなかったものの半分は今後一生使わないもので、過去3年使わなかったものは捨てるべきだ」
多少違うと思いますが、このようなことを読んだ記憶があります。(笑)

投稿: ムサシ | 2005/09/13 10:42

>過去1年使わなかったものの半分は今後一生使わないもので、
>過去3年使わなかったものは捨てるべきだ
あはは。
問題は、どれが1年経過で、どれが3年経過しているかが分からなくなることです~(笑)。
とにかく、ダンナの実家の倉庫で眠るモノは処分してもらいます(汗)。
・・・3年以上経過してるの、確実ですので(笑)。

投稿: 三田 | 2005/09/13 10:53

本当に、年代によって、住みたいと思う環境は違ってきますね。
物件周辺の環境を変えることは、自分では出来ないですが、物件の雰囲気や、部屋の感じ、設備を変えたりすることは出来ますから、入居者のニーズを、時々はチェックしておく必要がありそうです。

投稿: ぺっぺ | 2005/09/13 10:58

ぺっぺさん、
周辺の環境を変えるのは個人では難しいですよね。
でも、それぞれの街に愛着を持って住む人がいるのですから、それなりのニーズに合っていれば、借り手がいるような気がします。

先日の日経ビジネスの記事でも、
渋谷など街のネームバリューで投資が集中した街とは違い、学校の集まる文京区や、暮らしやすい下町などには安定したニーズがあるようなことも書かれていました。

福岡も昔とは街の発展の仕方が変っています。ウチは遠隔地ですので、帰ったら、なるべく色々な人に会って、人気のエリアやお店などの情報を集めるよう心がけています。

投稿: 三田 | 2005/09/13 11:15

住む人のニーズが様々だということは、おっしゃるとおり自分の生活が変化するとよくわかりますね。
私も通勤していたところは、多少狭くても交通が便利というのが最優先でしたが、今は多少違っています。
住むところへのニーズは頭を柔らかくしないといけないのかもしれません。
一方で最低限の設備はどこに住もうと欲しいものですね…。

投稿: 撫子 | 2005/09/13 17:06

そうですね。
交通の便はよい方がいい、人が羨む地域に住みたい、住環境もよい方がいい、部屋も広い方がいい、設備も整っていて欲しい、見た目もきれいな方がいい、家賃は安い方がいい・・・
希望を言い始めたらきりがないものの、全てを満たす物件はありませんので、今回、こうして振り返ってみて、人によって、どれをより優先するのか?ということになるのかな?と思いました。

貸し出す方としては、地域の特性を見きわめ、他の物件より、一歩進んだ特性を考え、費用対効果をみて、取捨選択していくべきなのでしょうね。
2棟目の空室対策として、来年の学生の募集開始を前に、じっくり考えてみます~。

投稿: 三田 | 2005/09/13 18:16

今日のは「これぞ社宅!」ですよ。
一度甘い蜜を吸ってしまった三田さんには
ショックだったかもしれませんが・・

ふむふむ。そうか!
うちのボロアパートのキャッチコピーはこれでいこう。
「知らぬが仏。住めば都。
今までアパート生活したことない人大歓迎!」
で、入居してみるとこんな張り紙
「地獄の沙汰も金しだい」
うーん。ビッグになるぞーと奮起すること間違いなし。

(・・って、だれが借りるかそんなもん!)

投稿: ヒデル | 2005/09/13 23:56

そうなんですよねー。
一度、快適さを知ってしまうと、最初はココの社宅のアラばかりが目についていました。
とはいえ、「住めば都」とはよく言ったものだと今は思っています(笑)。

そっかー、「ビッグになるぞー」って思えばよかったんだ。
・・・って今頃気付いてますが(苦笑)。

投稿: 三田 | 2005/09/14 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/5911827

この記事へのトラックバック一覧です: 物件の魅力を考える3:

« 物件の魅力を考える2 | トップページ | 災い転じて福となす?! »