« サラリーマンが地主になって儲ける方法 | トップページ | 外壁の補修が終わりました »

2005/09/01

歩いてみなくちゃ分からない?

帰省中、
1棟目の管理会社から紹介を受けた物件を見に行ってきました。

PICT3453-1

ウチの1棟目よりも、中心部に近いものの、
各駅停車の電車しか止まらない駅から徒歩10分。
2DK×4室中、1室空き。
駐車場は、4軒分あります。
目の前は小さな公園で環境も悪くはありません。

管理会社は、地域的にも客付けしやすいとのことでしたが、
ここは自分の足で歩いてみることにしました。
物件周りは完全な住宅地。
夜道は、明らかに怖いだろうと思われます。
途中にあるアパートを見ていると、結構、空室が多い。
しかも、駅までの道沿いにあるお店はさびれまくってる(汗)。
本当に、客付けできるの?管理会社さん???

駅について、反対側に出てみると、
あらら・・・駅の広がりや活気は明らかにこちらが中心でした。
こっち側の物件だったら買えるのに・・・(笑)。
残念~。

思い返すと、去年は、とにかく足を使って歩き回り、
自分の五感をフルに使って、一生懸命物件を見ていました。
去年、沢山歩き回ったせいか、
最近は、物件の写真と、周りの地図を見て、
だいたいのイメージが湧くようになり、
ものによっては、見ないで買う気満々ということもあります(笑)。

・・・ただ、やはり、地元ではあっても、
降りたことのない駅や、
街の雰囲気が変っている可能性のある地域は、
自分の足で歩いてみなければ分からないなと、
改めて初心に戻ることができました。

ファミリー対象物件の場合は特に、
女性の生活者としての目は、意外と大事だと思う今日この頃です。

|

« サラリーマンが地主になって儲ける方法 | トップページ | 外壁の補修が終わりました »

コメント

今日の日記、凄くよかったです!
ブログを始められたころの、とにかく一生懸命走り回っていられた様子を懐かしく思い出しました。

自分の足で現地を歩き回り、五感を駆使して感じ、そして考える。
とても大切なことだと思います。

最近では、資料見ただけでやめるしかない物件が多いのも事実ですが、実際に見ることは本当に重要だと思います。

投稿: ムサシ | 2005/09/01 12:11

三田さんは、目の付け所がいいですよね^^
いつもながら、感心します。
自分で歩いて物件の周りの生活情報を収集してトータル的に判断する。。。エクセレント!
福岡の物件で目が肥えると、居住地周辺の物件って利回り悪いし、なかなか帰省したときしか、物件を見れないストレスもあるのではないですか?^^都会で悶々としてたりして。。。

投稿: ロバート | 2005/09/01 12:33

ムサシさん、そんな褒められる程の内容ではない気も・・・(笑)。
これって、不動産版徒然草みたいかなと(笑)。
そこはかとなく、書いてみました。

ロバートさんまで(笑)!
私、以前、住宅地にある社宅への帰り道で、痴漢にあいそうになったことあるんですよ~。
え?はい。もちろん、昔の話です(笑)。
あの頃の経験から、暗くなると怖い道って、何となくわかるんです。
これも女性のカンの世界なのかもしれませんが。。。

確かに、「これだ!」と思う物件の場合はいてもたってもいられなくなります(笑)。
最近は、めっきり減ってしまいましたが(涙)。

投稿: 三田 | 2005/09/01 16:34

この写真だけ見ると、小ぎれいでかわいい感じの物件ですが、足を使ってわかることの方がたくさんありますものね。
私も帰り道が怖いときは走ってた覚えがあります。

投稿: 撫子 | 2005/09/01 21:23

そうですよね。
これは、ウチの1棟目と同じ建物です。そして同じく、これまで塗装されていないまま・・・。
もしも買ったら、同じ色に塗り替えかな?・・・なんて想像したりもしていたのですが(笑)

私も怖い道は走り、場合によっては遠回りして帰りました。
女性にとっては、人通りがある程度あるような安心して帰れる道でなければ、怖いですよね。

投稿: 三田 | 2005/09/01 22:27

 物件を見るにも、周りを散策して近隣の状況を調査するって大切ですよね。
 
不動産は周りの環境を含めた立地を判断する事が重要ですしね。
自分もたくさん物件を見ましたけど、多くの発見があったのを覚えています。

 現場は、地図では見えない部分がわかったり、生活する場所としての判断ができますし。
特に、夜道の状況や、周りの住民の質なども入居者探しには、影響してきましからね。

投稿: 貧パ | 2005/09/01 22:36

写真を見ただけでは、「いい感じ」と思いましたが、やはり、周囲の環境というのは大事で、
自分が住む立場にたって、見ていく必要がありますよね。

確かに女性と男性では、視点が違うことが多々あって、うちもよく、長時間話し合うことがあります(^^;)

投稿: ぺっぺ | 2005/09/01 22:51

買う前のこういう時期ってけっこう楽しいんですよね。

買ってから歩いてみて、「暗っ」とか「さびれてる」とか
気付くとショックでしょうから、事前に自分の足で歩く
というのはとても大事だと思います。

投稿: ヒデル | 2005/09/01 23:54

物件をみるのはとても楽しいですよね。私の場合は、常に出口を考えながら見ています。たとえば、この物件が使えなくなって、土地だけでも売れるかななんかと考えているとなんとなくいい物件かどうかの判断がつきますよね。

投稿: カーツ今岡 | 2005/09/02 09:35

貧パさん、そうですね。
スーパー1つとっても、足を運ぶと、
流行っているスーパーなのか、閑古鳥スーパーなのか、主婦は行けば直ぐに分かります(笑)。
久しぶりに目でみて判断する楽しさと重要性を確認しました。

ぺっぺさん、そうなんですよね。
私も常々、「私なら住むだろうか?」という視点で見ています。
物件によって、若い気分で考えたり、主婦の気分で考えたり、色々使い分けをしています。

ヒデルさん、確かに買ってから、「うわっ!」というのは嫌ですね。
もちろん、リスクが自分で解決できるような物件であれば、それはそれでいいのですが。
さすがに、周辺の環境は、個人の力ではどうしようもありませんけど(笑)。

今岡さん、POINTはやはり出口ですよね。
この物件、将来、更地にして、戸建て用地として売却という視点でも見てみたのですが、駅までの道沿いに空き地も多く、「家を建てるなら、ここでなければ!」という程の土地でもなかったのが、残念でした。
こういう所が不動産の難しい点でもあり、面白い点でもあるのかな?と思っています。

投稿: 三田 | 2005/09/02 10:13

自分の知らない地域は、やはりより慎重にしなければ、いけませんね。特に買いたい買いたいと思っていると、判断を誤る可能性が高いと思います。
歩き回る・・・・・・。(^_^;)車で走り回るでは、だめ?おっとダイエットしてるんだった!!

投稿: ガンタロウ | 2005/09/02 13:49

ガンタロウ先生の場合は、軽いランニングがお勧めです(笑)。
車ではダメでしょう(笑)。
私もこの現地まで車で行きましたが、私だけ降りて駅まで歩きましたよ~。
物件下見はダイエットに最適ですね(笑)。

投稿: 三田 | 2005/09/02 14:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/5628432

この記事へのトラックバック一覧です: 歩いてみなくちゃ分からない?:

« サラリーマンが地主になって儲ける方法 | トップページ | 外壁の補修が終わりました »