« 高すぎです。。。 | トップページ | 驚きました~ »

2005/09/26

高齢者の生活スタイル

昨日の日経9面に、団塊の世代へのアンケートで、
「老後を海外ですごしたいか?」という問いをしたところ、
600人強のアンケートで、71%がNoという回答だったようです。

理由として挙げられていたのは、
言葉、治安、生活習慣の不安、更に病への危惧が大きいようでした。
専門家によると、海外では、
自分の健康状態を記載した英文の診断書が必要だとか。
更に、言葉よりも、医療水準を念頭に置いて選択すべきだとも。

このコラムにはありませんでしたが、
もう一つ、海外では健康保険を使うことができませんので、
民間の保険などで、医療費をカバーできるようにしておかないと、
医療費が膨大な金額になる恐れもあります。

・・・これを元に考えると、国内であっても、
高齢者にとって、近隣の医療機関の充実は大事なのだと思いました。
そう考えると、医療や看護の充実した地域の賃貸物件は、
将来的に、高齢者へ開放されていくのだろうなと思います。
今の団塊の世代の多くは、持ち家派が主流ですから、
直ぐに変化が起こることはないとは思いますが・・・。

これから、うっちゃんと待ち合わせです。
夕方の飛行機に間に合うように、お見送りしてきます。
うっちゃんのブログのコメントで、
今日、私との食事へ参加したい方を募ってありましたが、
参加希望は無かった様子。しくしくしく・・・(涙)。

きっと、私とうっちゃんの弾丸トークに恐れをなしたのか???
とはいえ、うっちゃんと会うのは確か5回目ですが、
2人でお会いするのは初めて!
ちょっと、ドキドキ、ワクワクです。
美味しい食事と、お喋りを楽しんできます~!

|

« 高すぎです。。。 | トップページ | 驚きました~ »

コメント

若いころは移住したいと思った時期もありましたが、
歳を追うごとにあえて海外でなくても・・と
思うようになってきました。
やっぱり日本人には日本が便利かな。

うっちゃんさんとのマシンガントーク・・
周囲の人は流れ弾にも注意しないと・・
!防弾チョッキ売りに行こう。うしし。

投稿: ヒデル | 2005/09/26 09:49

え、募集していたのですか!?

とは言っても、月曜は定例会議が毎週3つ入っていて身動き取れないのですが・・・・(笑)

高齢者の方は、英語に慣れていない方が多いので、海外で暮らすのは難しいでしょうね。

若い世代の方が、聞き取れるか、しゃべるかという問題はありますが(汗)、ある程度理解はできますから楽でしょうね。

投稿: ムサシ | 2005/09/26 10:39

え、募集していたのですか!?

誘ってくれたら行ったのに~

投稿: ひまわりくん | 2005/09/26 11:32

先ほど、帰って参りました。

ヒデルさん、そうですね。
私、たまの海外はウキウキなのですが、
日本の春と秋の美しさが大好きなので、
ずーっと海外というのは、無理だと思います。

それに、将来はうっちゃんホームに入居予定だし。
え?まだ、喋る気?はい。喋る気です(笑)。
うっちゃんホームで、防弾チョッキを販売してください(笑)。

ムサシさん、そーなんですよ。
「三田さんの広い背中を流したい方募集!」という、
すごい募集(汗)だったので、
どうも皆様、ひいてしまった様子です(笑)。
もちろん、ただの食事だったんですよー(笑)。

ひまわりくんさん、あらら・・・すみません。
一応、募集はうっちゃんの所でされたので、うっちゃんに会ってみたい方への広告だったのです。
すみませんでしたー。

投稿: 三田 | 2005/09/26 16:16

確かに、定年後の方の暮らしたい場所の選択理由の中で、「医療機関が近いところ」というのは、
トップにあげられてくるかと思いますね。
高齢になると、生活圏内は縮小されていくでしょうから、便利で、自然があって・・・というところが、
やはり好まれるのでしょうね(^^)

うっちゃんとのお喋りタイム、覗いてみたかったです(^^)

投稿: ぺっぺ | 2005/09/26 16:37

ふぇーん、背中を流しそこなった撫子です。
私も海外は旅行でOK派です。
うちの母にいたっては、仮に撫子夫婦と一緒でも海外は嫌~と言ってます。
言葉が通じない孤独感には耐えられないようです。
おっしゃるとおり、老後の海外暮らしって割安な面ばかり強調されていますが、医療の問題が現実的には大きいと思います。

投稿: 撫子 | 2005/09/26 18:16

ぺっぺさん、
ウチの母が、高齢者の病院への送迎ボランティアをしているのですが、
高齢者は、住み慣れた家への愛着が強くて離れられず、
広い一軒屋に1人住まいで、家の手入れや日々の生活にも不自由しているというケースが多いそうです。
そんな姿を見てきていますので、
母は、日々の買い物や通院がなるべく自力でできる、程よく都会の暮らしを希望しています。
高齢者にとって、自然は眺めるのがよく、
手入れまでは行き届かないのが現実だとか。

自然の多い地域で暮らしてきた人は都会を志向し、
都会で暮らしてきた人は、自然を志向してしまうのかもしれませんね。

いつか、ぺっぺさんも交えてのお喋りランチが実現するといいなーと思います。

撫子さん、仕事忙しかったし、しかも風邪気味だし、
今回は仕方ないですよー。
体調が安定したら、また遊んでくださいませ。
楽しみにしております。

高齢者の医療の問題は大きいですよね。
海外では、日本式の「入院日額幾ら」という保険では、全然医療費が足りないはずですから。。。

投稿: 三田 | 2005/09/26 18:45

はじめまして、Jiroともうします。

高齢者の医療問題、どのような基準で考えるかで違ってくると思います。

医療の水準は、日本では、健康保険制度で権益が守られているため技術的に劣っていることもあるようです。

最先端技術では、海外(中国やインド等)に行って治療をうけた方が安く快適に治療を受けられることもあるみたいですよ。

問題は、コミュニケーションですが、医療の方も国際化するのではないかと思っております。

投稿: Jiro | 2005/09/27 01:04

>うっちゃんに会ってみたい方への広告だったのです。

三田御嬢様には、
「美人は3日で飽きる」だったっけ?

で、もう満足です。

福岡出身で、森口博子を10才若くした感じですね?

失礼?広瀬香美の間違いでした。
広瀬香美。今まで福岡出身で芸大だと思っていました。(国立音大でした)

今は、博多から福岡空港へは、バスでなく地下鉄ですか?


投稿: ひまわりくん | 2005/09/27 07:38

Jiroさま、はじめまして。コメントありがとうございます。

中国やインド等で安くて快適な治療を受けられるとは知りませんでした。
勉強になりました。情報をありがとうございます。

ただ、今回の日経のコラムは、
特定の病気があって、治療のために行くのではなく、
老後の生活を海外で過ごすのに、不安な点は?ということですから、
高齢者の場合は何かしら持病があったり、急な発病も考えられる。。。
その時に、費用的にも精神的にも満足な治療が受けられるだろうか?
ということなのだと思います。

投稿: 三田 | 2005/09/27 10:05

ひまわりくんさん・・・
うーん・・・他のブログと話が混乱気味です(笑)が、
森口さんは、友達の妹と同級生です(笑)。
広瀬さんを引き合いに出されると・・・オンチの私には、ヒジョーに辛いです(汗)。

福岡は、お調子者が多いのか、芸能人を沢山出していますので、
こうやって比較し始めるとキリがないですよー(涙)。

投稿: 三田 | 2005/09/27 10:10

三田さん、昨日はひろ~い背中を提供いただき有難うございます。
三田さん情報が交錯している昨今、「ポルトガル人似」というのは訳わからんのにいい所をついていると思えてなりません。

投稿: うっちゃん | 2005/09/27 14:40

うっちゃん、昨日はありがとうございました。
個人戦5時間バトル(?)、あっという間でした(笑)。
・・・ポルトガル人の話題・・・
ここでは出してなかったのにぃ~(笑)。
「ポルトガル人に似てるよね?」って言われた時、
当時、新人だった私は固まっていました。
未だに上手い返しを思いつきませんが(笑)。

投稿: 三田 | 2005/09/27 14:58

>森口さんは、友達の妹と同級生です(笑)。

まさかぁ、森口さんより10才は若いと思ってました。
もう、20後半~30後半は、みんな一緒に見えます。
最近、女子大生~女子高生が一緒に見え始めています。

投稿: ひまわりくん | 2005/09/27 18:11

老後の生活にばっちりの所、思いつきました。

日本語まずまず通じるし、住んでる人はお人よし、物価が安く、健康保険も使え、治安もばっちし、温暖で雪降らず、台風被害が玉に瑕、・・・。さらにここなら、物件も格安で紹介できますし、なんなら健康相談も無料で引き受けまーす。みなさーん、移住してきてください。人口減少に伴う空室のリスク回避だー。家建てちゃだめよー。

投稿: ガンタロウ | 2005/09/27 19:11

10才若いと思っていただけていたのに、
20後半~30後半は、みんな一緒に見えるとなると、
褒められてるのか、びみょ~ですね(笑)。
撫子式思考法だと、まだ20代になりますので、
後は、ご想像にお任せ致します~。

ガンタロウ先生、私には分かりますが、
具体的地名をあげないと!
「み・や・ざ・き」です。皆様!
ここだと、もれなく、ガンタロウ先生の医療チームと、
ヒデルさんのお笑いチームがついてきます(笑)。
自然の中で、笑える老後を過ごしたい方にはお勧めです!

投稿: 三田 | 2005/09/27 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/6123831

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者の生活スタイル:

« 高すぎです。。。 | トップページ | 驚きました~ »