« DIYの本を探して | トップページ | 学生の入居ニーズ »

2005/10/03

人口減少の問題

昨日から、日経で「人口減と生きる」シリーズが始まりましたね。
これに関連してムサシさんや、撫子さんも書かれていましたが、
首都圏から大きく「地方」とくくっても、
その深刻さには差があるんだな~とつくづく思いました。

一般的な転居のタイミングを考えると、
大学進学、就職、転勤、転職、定年退職などになります。
それを考えると、
魅力ある大学か、魅力ある職場か、魅力ある老後の生活などを
提供できない地域からは、人が流出する一方になってしまいます。

私の出身地である福岡は、
主要な企業の支店があり、転勤で始めて住む人も多く、
九州全域からは、福岡で就職したいという若者も集まりますし、
住んでみて「長く住みたくなった」と伺うことも、よくあります。

こういう現象は、地方の主要な都市、共通だとは思いますが、
反面、他地域の人が住む機会のない地域も沢山あります。
実際、福岡県内でも、中心部に通勤可能な範囲は限られますので、
それ以外の地域はかなり苦戦しているはずなのです。

今日の日経で取り上げられていたのは、
島根や北海道の室蘭市が出した「ふる里便り」でしたが、
この手紙をもらって、「懐かしいな」「帰りたいな」と思い、
実際に帰れる人は、本当に少数だろうなと思いました。

というのも、一度、便利な生活に慣れてしまうと、
不便な生活に戻るのは、本人にも家族にも、かなりの決断になります。
特に、そのふる里から離れて育った子供達の抵抗ぶりは、
想像するにあまりあります(私だったら、抵抗します)。

今日の日経の「ふる里便り」作戦を見ながら、
本来なら、現在住んでいる若者の定着を進めるべきなのに、
もう一歩進んで、退職後の団塊の世代のUターンに期待せざるをえない、
今の地方の状況に、少子化の厳しい現実を思い知らされました。

|

« DIYの本を探して | トップページ | 学生の入居ニーズ »

コメント

私が小学生のころは高度成長時代で、実家に行くときに同じ場所を電車で通る度に、どんどん家が建っていって発展していくのを見て感激した記憶があります。

これから、逆が起ころうとしているのですね。

電車で通る度に住んでいる人が減っていく・・・
悲しい時代ですね。

投稿: ムサシ | 2005/10/03 14:28

そうですね。
私が子供の頃も、ちょっとした丘を切り開いて団地ができていましたが、
駅から遠い地域は、特に今は老化を止めることができずにいると聞きます。

ダンナの実家の辺りは、まさに帰る度に人が減っていく地域です。
地方政治も厳しい時代に入っているんですね。。。

投稿: 三田 | 2005/10/03 15:18

他から人が入ってこない地域というのは、産業が栄えるわけでもないので、
どんどん若者が流出していくと思います。
自宅周辺も、そういった部分は目につきますね。
子どもの減少は、明らかです。
子どもにとっては、先生と親密に関わりが持てていいようですが、
きっと、大きくなれば、便利な都市部へと出て行くのでしょうね。

三田さんの言われるように、若者や産業をとどまらせる工夫が、
これからの地方には必要なことなんでしょうね。


投稿: ぺっぺ | 2005/10/03 16:06

ぺっぺさん、そうですね。
ただ、本当に若者と産業をとどまらせるのには限界が見えてきているのでしょうね。

ダンナの実家の辺りも、自然だけは豊かなのですが、
帰省時期以外には子供の姿をほとんど見ません。
きっと、もう10年もすると、
チビが帰省することすら嫌がる地域なのかもしれないなーと、
最近、思ってしまうほどです。

街の魅力を高めるって、とても難しい課題なのだと思っています。

投稿: 三田 | 2005/10/03 16:29

ニワトリと卵かもしれませんが、結局のところ、その地域に魅力があるかないかで定着率やUターン・Iターン率は左右されると思いました。
人が集まるように呼びかけるためには、その地域が活性化されて、アピールポイントがないことには、ほとんどの場合、郷愁だけで人は戻ってこないですよね、残念なことに。

投稿: 撫子 | 2005/10/03 16:29

くぅぅぅ・・
みんなでよってたかって田舎の未来を・・・

宮崎県からのお知らせです。
このたび、宮崎県は日本国より独立し、
サウジアラビアの14番目の州となりました。
入国の際にはパスポートとビザが必要です。

なお国内は無税で、通貨はサウジリアル、
言語は宮崎弁またはアラビア語、宗教は
自由ですが、本土に習い、朝夕にはコーラン
が響き渡ります。

ただいま誘致企業および永住希望の方を
募集しています。
人口増加にともない、順次インフラ整備を
惜しげもなく推進してまいります。

いまなら、移住者に抽選で原油100バレルが
当たるキャンペーンを実施中!(精製料別途)

投稿: ヒデル | 2005/10/03 17:53

撫子さん、そうですね。
今後、年金が期待できないとなると、
生活の糧だけは必要ですよね。
郷愁で帰りたくなったとしても、現実は厳しいですね。

ヒデルさん、別に特定の地域を指しているわけではありませんので。
念のため。
・・・それにしても、原油100バレルじゃなー(笑)。
転売もできやしない(笑)。

投稿: 三田 | 2005/10/03 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人口減少の問題:

« DIYの本を探して | トップページ | 学生の入居ニーズ »