« 発見しました! | トップページ | 色々あった週末2 »

2005/10/11

色々あった週末1

なんだか、すごいタイミングでココログがメンテ(9時-16時)だったので、
今日は更新が遅くなりましたし、コメントもできなかったと思います。
申し訳ありません。

この週末は色々なことがありました。
事情をご存じない方のために説明すると、
こういう本が発売になって、R・キヨサキ氏の本はフィクションだった?
という話題でもちきりになったのです。

当初は、
体験記だと思っていた分、どこまでが実話なのか?という疑問や、
「金持ち父さん」シリーズはCFゲームの販促本だったのか?と嘆く声、
・・・様々でした。
私個人のスタンスとしては、ことの真偽はともかく、
去年出された数冊を読んで、私個人が疑問に思っていたことの謎が
少し解けた気がする・・・というものでした。

暫くして、お友達からのメールで、
某社のサイトが大荒れになっているのを知りました。
ちなみに、キヨサキ氏の日本窓口のサイトではありません。
この会社は、キヨサキ氏の言葉を上手に使い、
キヨサキ氏のものも含めセミナーや学習ソフトその他を販売している会社でした。

・・・ですので、顧客のクレームに対し、真摯に対処できたはずなのです。
ところが、ワンマン経営なのか、稚拙さが前面にでる対応を繰り返し、
収拾がつかないところまで追い込まれてしまいました。
今回、沢山のファンを持つブロガーを一人失い、沢山の潜在客を失いました。
一番苦悩しているのは、状況を打開できない部下なのかもしれません。
私もこういう上司に悩まされた経験があったものですから・・・。

「ピンチこそ最大のチャンス!」
これが沢山の成功者の本を読んで学んだ結論です。
顧客(相手)の話をよく聞き、不満の原因がどこにあるのかを推察し、
誤解があれば解き、誤りがあれば誠意をもって謝る。
そうした態度が、顧客の信頼を生み、根強いファンを作る。。。
今回のことは、そういう意味でとても考えさせられました。

考えをまとめたくて、数冊の本を読んだのですが、
この本に、こんなことが書かれていました。
>成功するには、人を動かせなくてはならない。
>そしてそれには、プライドを捨てることが必要となる。
>いかにプライドを捨てることができるかは、
>成功するための最初の関門であるといえる。
(中略)
>田中角栄が天才的なのは、まさにこの点である。
>頭を下げなければならない局面がきたら、すぐに下げる。
>当たり前のことのようだが、これがなかなかできない。
>頭を下げることに何となく抵抗感を覚えるという人は、
>どこかにコンプレックスがあるということだ。
>頭を下げることは「カッコ悪いこと」ではなく、
>むしろ「カッコいいこと」と思えなければ、
>ネットワークはつくれないと知るべきである。

・・・田中角栄氏の政治手法への賛否はともかく、
田中氏がとても愛された政治家だったことを私はこの本で知りました。
鈴木宗男氏とは対照的に。。。
ネットワークを恐怖と権力で動かすのか?人間的魅力で動かすのか?
そういう視点で考えると、とるべき選択肢は自ずと見えてくると思います。

奇しくも、金持ち父さんの言葉とされるものに、こんなのがありました。
>人間は言葉だ。
>最終的に人間が持っているのは言葉だけだ。
>言葉がよくなければ、その人自身もよくない。

私は、成功のためというより、
この1年、私のブログを支えてくださった方々に、沢山の感謝をこめて、
今後も大事に言葉を使い、誤った時にはきちんと謝罪をしていこうと、
改めて思っております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
今日はすっかり長くなって申し訳ありません。

|

« 発見しました! | トップページ | 色々あった週末2 »

コメント

>某社のサイトが大荒れ
で、かえって人となりが見えてよかったと思います。
影武者に対応させていたら我々は錯誤したでしょうね。
普通の会社なら影武者ででも回復を図ろうとするものでしょうけど、
脆弱な組織の構造も垣間見えて勉強になりました。

>この1年、私のブログを支えてくださった方々に、沢山の感謝をこめて、
今夜はパーティー?

投稿: ヒデル | 2005/10/11 16:15

>かえって人となりが見えてよかった
・・・個人的には、経営者としての彼の成長ぶりを楽しみに拝見していたので、今回の稚拙な対応は心から残念なのです。
彼には、是非、今回のことを学ぶ機会にして頂きたいのですが。。。

>今夜はパーティー?
残念ながら、私が忘れていただけで、一周年は過ぎてしまっておりました(汗)。ちゃん、ちゃん♪
こういう抜けてるトコも私の特徴ということで(笑)。

投稿: 三田 | 2005/10/11 16:20

みたさん、さすが的確かつ勇気あるブログだと思いました。
撫子も事の顛末をずっと見ていて全く同じ思いです。

今回はたまたまきっかけが金持ち父さんの真偽でしたが、これについては読者がその日のうちにそれぞれの考えで消化済みでしょう。
なので、問題は全てこの会社の対応だったと思います。
多分、今回のことがなくても、何かのきっかけでこの体質は露呈したと思います。
これで、妄信的な顧客や今なお本質がみえない顧客以外は全て離れていくでしょうね。

巻き込まれた人気ブロガーさんと常識的な対応をしようと頑張った部下の方が気の毒で仕方ありません。
人の信頼なくして豊かになれないことを再認識しました。

さてと、え?今夜もパーティー?

投稿: 撫子 | 2005/10/11 16:24

撫子さん、そうですね。
若くして成功者への道を進むと、見えなくなるものがあるのだなと、私にとってもいい勉強になりました。

>巻き込まれた人気ブロガーさんと
>常識的な対応をしようと頑張った部下の方が
>気の毒で仕方ありません。
ホントに。あそこのブログの今日の静寂は何なのでしょうね・・・。

もー、今日はパーティーしませんって。
師匠が破産しちゃいますよ(笑)。

投稿: 三田 | 2005/10/11 16:34

今、あちらのブログも動き出したようですね。
あっちもメンテ中だったのかしらー?
彼は今日も「諦めずに」他の話題で乗り切ろうとしているようですね。。。
今回のことで学ぼうという気持ちには、どうしてもなれないようですね。
残念ながら。。。

投稿: 三田 | 2005/10/11 16:39

ねー、どうしましょ。
ここは一つ大人の対応をしようか。
いやいや、そうも行かんぞ。
そういう、社会の論理が嫌で会社を辞めた部分もあるし。
などと考えているとなかなか、一歩が踏み出せません。とりあえず、沢山のファンを持つブロガーの最終回を見てからにしようっと。
先送り先送り(^。^)

投稿: 小澤 | 2005/10/11 17:56

ああ、あの・・・追随すべきか?って意味でしょうか?
私はその必要はないと思いますし、
辞められるブロガーさんも、全く、そんなことは望んでらっしゃらないと思います。

私個人は、商業ベースと言論の自由が相容れないのであれば、
ブログを書く場所を拘る必要はないのでは?と思ったのです。
小澤さんが同じ悩みを抱えてあるのでなければ、
今までの場所で思いの丈を書いていかれていいと思います。
これからも頑張ってくださいね。

・・・今は、社員のT氏の更新が昨日以降止まっているのが気になってますが・・・大丈夫なのでしょうか???

投稿: 三田 | 2005/10/11 18:24

ブログを書くにあたって、本当に思っていることを書き続けたいと思っています。
皆さん、そう思っている方たちが大半かと思います。
今回のトップの方の発言も、削除された部分が本心だったのかと・・・
ただ、会社を立ち上げてこられた頃の気持ちを忘れておられたのでは・・・
会社が個人の力量以上に大きくなりすぎたのかと感じました。

今回のことでは、考えさせられることが多かったのと同時に、むなしさとやるせなさで一杯です。

投稿: ぺっぺ | 2005/10/11 19:50

ぺっぺさん、仰るとおりですね。
ただ、ビジネスとして考えるともったいないとは思うものの、
卒業されるブロガーさんに関しては、私はそんなに悲観的ではなかったりします(笑)。

今度、新たに再開される際には、撫子さんと私は、大々的なサポーターになるつもりです。
ぺっぺさんも、ご協力頂ければと願っています。

投稿: 三田 | 2005/10/11 20:17

もちろんです(^^)

縁の下の力持ちですから!

投稿: ぺっぺ | 2005/10/11 21:07

協力しますよぉ
早とちりはもうごめんです。

投稿: ヒデル | 2005/10/11 21:36

お!ぺっぺさんと、ヒデルさん。
どうも、ありがとうございます。
2人が参戦していただけると、心強いです。
わくわくしますね♪

投稿: 三田 | 2005/10/11 21:39

三田さん、ありがとう。

辞めるというより、続けたくなくなるというほうが合ってるような。

 とりあえず、待ちです。が待つとだんだん再開しづらくなるなー。やれやれ。

投稿: 小澤 | 2005/10/11 22:55

確かに、気持ちが離れるというのはあるかもしれませんね。
気持ちの整理がついてからでもいいかと思いますよ。
頑張ってくださいね。

投稿: 三田 | 2005/10/12 08:15

なんかお騒がせしているようですが・・・・(大爆)
たった今、最終話を書いたところです。

ほんとうはうっちゃんみたいに円満に卒業したかったのですが、なんか正反対に・・・・

ここにはちょくちょく遊びに来ますので!

投稿: ムサシ | 2005/10/12 11:37

撫子さんと私は、全てタイムリーに見ていたので、
あちらの会社が対応を誤る度に、「あらら」と2人で話しておりました(笑)。
人生、どこで何が起こるか分かりませんね。
でも、「変化はチャンス」とも言いますし、この変化を楽しんでみてください♪

投稿: 三田 | 2005/10/12 13:56

もういろいろ、ビックリです。この週末、次女の看病でほとんど、寝れなかったので、ブログ読む元気がありませんでした。パーティーにも遅れるし、今回のことのてん末を理解するのにもだいぶ時間がかかりました。
人気ブロガー卒業・・・・。寂しいというより、私が困るって感じですね。
三田さんからもどこかで再開するよう、説得してくださいね。

投稿: ガンタロウ | 2005/10/12 17:58

そうですよね。
急展開でしたので、状況についていけない方も多かったのでは?と思います。
残念でしたが、あの方がそんなに長く絶筆できるとは思えなかったりして(笑)。
大丈夫ですよ。(私が宣言してどうする?!)

次女ちゃん、運動会残念でしたね。来年は参加できるといいですね。看病、お疲れ様でした。

投稿: 三田 | 2005/10/12 18:03

はじめまして。興味深く拝見させていただきました。

企業といいますか、営利を目的としたブログは、恐ろしいですね。たった数日でお客様の信用を失うなんて。

私の身近にも、中小の企業の社長さんがいますが、正直なところ、公(おおやけ)の意見と私的な意見と二つ持っています。

本当に、立派な人は、どちらの意見も統一されていて問題がないのですが、人によっては本音とたてまえの両方を持っています。

営利に関係するブログならば、雑誌や新聞のように、複数の人間のチェックが本来必要なのかもしれません。

そして、おおやけのコメントとして、信頼を失う発言はしないようにしないと。

普段の生活からのヒントや、思想、政治などのブログのコメントは、間違っても謝ればすむことでしょうけど、営利に関するブログのコメントは、吟味に吟味を重ねて答えないと大変なことになりますね。

削除された内容をみることができなかったのでなんとも言えないのですが、社長という立場の人間は、簡単には頭を下げれるポジションではないことは、知っています。

しかし、三田さんをはじめとする多くの人の意見のほうが正しいんですよね。私もサラリーマンで、部を一つまかされていますが日頃から誠実に仕事に取り組むことを改めて考えさせられました。


投稿: のん | 2005/10/12 22:24

のん様、はじめまして。
コメントありがとうございます。

言葉というのは、難しいし、とても大事なものなんだと、
私も今回の経緯をみながら何度も考えさせられました。

やはり、人間ですから、誰しも本音と建前というのはあるかと思います。
ただ、会社という法人に限っては、本音を言うことは、ほとんどの場合、受け入れられないのでは?と思うのです。

営利に関するブログへのチェック機能については、
結局、会社の体質が問われる訳ですから、
社内にイエス・マンしかいなければ、チェック機能自体が働きませんし。

私も通算15年程勤めておりましたので、社長というポジションの人が頭を下げにくいのは、よく分かります。
だからこそ、早期に、法人としてのコメントを発表し、
丁寧に対応していけば、こんなことにならなかったとも思うのです。
本来の意味でのクレームは少数でしたし、今出ているクレームとは本質が違ったように思います。

斉藤ひとりさんの本にあった言葉を思い出します。
>(商人は)知ってることも知らないふりをするの。
>そうすれば、穏便なの。
>商人はお客様に物を買っていただくの。
>誠実な人だなと思ってもらえればいいんだよ。
今回の某社社長の対応は、この反対でしたから、信頼を失うのも仕方がないのかもしれません。。。

投稿: 三田 | 2005/10/12 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/6348416

この記事へのトラックバック一覧です: 色々あった週末1:

« 発見しました! | トップページ | 色々あった週末2 »