« 沢さんの忘年会でした | トップページ | TVインターフォン工事 »

2005/12/19

不気味な水漏れ

午前中、古澤さんからお電話があり、
以前から気になっていた、2軒目の水漏れを、
大工さんと見て来て頂けたとのことでした。

2階の共用廊下の天井の板に、
黒いカビが見えていて、ずっと気になっていたのです。
丁度、3階の共用廊下の同じ辺りに、
排水溝があったので、きっと、その水があふれたんだな。。。
と思っていたのですが。

古澤さんと大工さんがその部分の板を外して見てみると、
周りの配管や外壁の部分に水漏れやサビの跡がなく、
開けてみても、原因が特定できなかったとのこと。
・・・そ、それって。。。

どうしても原因究明したい!となると、
この部分を解体しなければならず、膨大な費用がかかるので、
とりあえず、今度、大雨が降ったら、
もう一度様子を見に行ってくださるとのことでした。

うーん。不気味。
じわじわ水が・・・なんて、想像しただけで怖くなります。
案外、原因がすんなり分かった方が安心なこともあるんですね。
ホント、日々勉強です。

気になるのは、そのシミが部屋の方にまで広がっていないか?
連絡がつくようなら、ご本人に天井部分を確認してもらおうと思います。
で、今の入居者が退去されたら、
大工さんに、一度、きちんと見てもらうつもりです。

|

« 沢さんの忘年会でした | トップページ | TVインターフォン工事 »

コメント

大雨が降ったときに見てもらえるとのことなのでその結果待ちでしょうね。
まあ、それまでは忘れていた方が精神安定上いいかと・・・・(笑)

投稿: ムサシ | 2005/12/19 15:50

なるほど・・・(笑)。
じゃー、ここでリセット!なーんてできませんよー(涙)!
年末年始の帰省中に、大雨が降れば、
一緒に見に行くのですが。。。
え?また不労所得じゃなくしてる???
だってー。気になるんですもの。。。

投稿: 三田 | 2005/12/19 16:13

すごく気になる気持ち、わかります、経験しました(^^;)
本当に、小さな、小さな隙間が原因だったのですが、雨が降った後は
マンションに走り、隙間らしき所は、全部コーキングで埋めたりしました。
でも、配管が原因ではなくてよかったと思います(^^)

投稿: ぺっぺ | 2005/12/19 16:27

そう言われると、ちょっとホッ(笑)。
ウチも、ぺっぺさんちのような技術があれば~。
しかも近ければ~(涙)。
ま、当面は大丈夫と信じることにします。。。

投稿: 三田 | 2005/12/19 16:41

雨の日に行けば簡単にわかるかもしれませんね。
板をはずしてのぞいてみれば・・・・

だれか住んでたりして・・

投稿: ヒデル | 2005/12/19 22:14

私も売却した千葉のマンションで水漏れが発覚して修理にウン十万円かかりました。

投稿: フリーパパ | 2005/12/19 22:26

え?プチヒデル居住中?
もー、無料の仮住まいは構いませんが、
水漏れの原因特定だけはしてくださいねー(笑)

フリーパパさん。。。
水漏れでウン十万円ですか。。。
わ、わかりました。心の準備をしておきます(汗)。

投稿: 三田 | 2005/12/19 22:49

久しぶりに三田さんのブログをみて、
思ったことをコメントしてみます。
不動産賃貸業=不労所得?
管理会社に委託している仕事は本来大家の仕事。
それをアウトソーシングしているだけであって、
委託する仕事は残りますし…
不動産=リスク
何方かが言っていたのですが、すごく感銘しています。
不動産を持つと税金、修繕等の維持費がかかり、
処分するにも費用がかかる。
常にそれを上回る収入がなければ当然赤。
それに、維持管理する義務あって、
してないことが原因で損害を与えたら賠償責任。
場合によっては刑事責任も…

投稿: 風来坊 | 2005/12/21 21:49

風来坊さん
えっと・・・だからといって、不動産の賃料収入はありがたいですよ。
自己資金の何倍もの資金を長期で借りられたのもメリットでしたし。
他の投資と比べると・・・というつもりで書いたのです。
投資の1種として保有する分にはいいかな?と私は思っています。
もちろん、タイミングと利回りも勘案した上で。

投稿: 三田 | 2005/12/22 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/7694352

この記事へのトラックバック一覧です: 不気味な水漏れ:

« 沢さんの忘年会でした | トップページ | TVインターフォン工事 »