« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

確定申告の数字合わせ

ここ数日、確定申告用のソフトの仕訳帳に入力した家賃と、
「青色申告決算書」の第二表に入力した家賃一覧の数字が合わず、
修正してはチェック、修正してはチェックの繰り返しで、
昨日の夜に、やっと数字が合った時には、
思わず、「やった~!」と喜んでしまいました(汗)。

ウチの場合は、1軒目をダンナと私で3/4と1/4ずつ、
2軒目を1/2ずつに分けるので、作業がとても煩雑です。
しかも、福岡の習慣のようですが、
単身者の場合、水道代をとっておき、
後で、大家さんが一括精算という方法になっています。
他に、町内会費も預っておいて、後で年に1回一括精算。

実は、この所謂、「預かり金」も、管理会社は家賃と見なして、
これも含めた金額に5%をかけた管理費を請求してくるので、
常々、「個別メーターにして欲しいよー。特に夏は足がでてるし」
と思ったりもしています。

・・・あ、もとい。
こんな風に、家賃に水道代と町内会費が含まれた状態で、
日割り家賃精算をされていて、
新規入居者への請求書には、コミコミ価格の日割りで請求し、
大家への毎月の家賃精算表では、
水道代などを別にして精算されていたので、
どうしても数字の端数が合わなかったのでした。

まー、端数位、大勢に影響がない範囲だとは思うのですが、
二表を閉じようとする度に、
「数字が合っていません」とエラーがでて、
とうとう原因の追究にのりだすことに(←大げさ)。

見直すと、他にも色々、問題点が発見できたので、
ある意味良かったのですが、
原因が分かるまで、相当、悩まされました。
ふ~。

これで、だいたい、ダンナの分はOK。
後は私の分です。おお、それと蕪。。。
早くやらなくちゃー!(涙)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/02/27

あと1室!あと1室!

この週末は、管理会社から、何度も電話がありました。
どうも、近くの大学の合格発表があったらしく、
相当数の入居希望者で大わらわだったようです。

何しろ、「○○○号室、この金額なら、即決めると言う方が」
という電話があり、
「え?その部屋は、さっき、他の希望者がいると電話が」
と、現場も、ウチも大混乱(汗)。

その大学近くの不動産屋さんには、入れない程の大盛況らしく、
わざわざ違う支店にまで来られた方を、
ウチの物件まで案内して、大学近くの支店に寄っているので、
その部屋が空いているのは間違いないとのこと。
・・・とにかく、ダブルブッキングにならないようにだけは、
社内でよくよく確認してくださいとお願いして、
どの入居者に、どの部屋に入ってもらうかはお任せしました。

で、土日が過ぎ、結果的に残ったのは、
一階の南側の部屋一室になりました!おっしゃ~!(笑)
・・・ちなみに、この部屋は、
最初に台所ボードを貼った、一番下手っぴな仕上がりの部屋。。。
もしや、バレたかー?!(汗)

この物件、去年の6月に買った時には、空室7室。
ポツリ、ポツリと埋めてきましたが、その後、2室退去。
それが、あと1室で満室になる~!感謝!感謝!

ただ、家賃は、シーズン価格想定のものより下げました。
TVインターフォンをつけた付加価値はあるとは思いましたが、
実際に、周辺の賃貸募集価格を調べてみると、
希望の価格帯には、ライバルがひしめいていて、ウチのより広い。
洗濯機置き場や洗面台スペースのある物件も多いので、
その価格帯で勝負するのは不利とヨミました。

それに、きちんと満室になってくれさえいれば、
年収ベースで表面利回り17%に乗せます。
素晴らしい!(自分で言ってすみません)

さー、あともう1室!
これが埋まったら、担当者さんには何かお礼しなくっちゃー♪

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006/02/24

AP見学と編集部見学

今日は、久しぶりに上京したうっちゃんに会いに行きました。
会いに行った都合上、
うっちゃんのスケジュールに同行することに(笑)。

まずは、白岩さんの物件見学。
慌てて出かけたので、デジカメを忘れましたが、
外観からは想像がつかないほど、
ナチュラルで、開放感のある空間でした。
デザイン重視とも違う、生活を想像できる空間。
とても勉強になりました。

考えたら、大家さん友達は多いのに、
実際の物件の中を見せていただいたのは、
今回が初めて。
今度、沢さんと企画のために、
他の物件も見せていただきますが、
今からとても楽しみです。

その後は、Kさんと合流して、
全国賃貸住宅新聞の編集部へお邪魔しました。
うっちゃんもKさんも引き出しがいっぱいあるので、
どんなことを聞かれても、スラスラスラスラ・・・。
さすがー!なのでした。

その後、遅いランチ。
たまたま近くに、香川の物産関連のお店があり、
「うどん」を頂きました。
うっちゃんは、「ここまで来て、うどんなん?」と、
少々不満気でした(笑)が、
麺好きの私は美味しく頂きました。

ここ数日、確定申告のチェックで頭がボーっとしており、
少々、とんちんかんだった私。
実は、何を喋ったか、意識が少々飛んでおります(汗)。。。
しかも、うどん屋さんでは、2度も、お湯飲みをとろうとして、
蕎麦猪口(うどん猪口?)を手にとり、
うっちゃんとKさんに爆笑されたのでした。。。

とはいえ、久しぶりにうっちゃんPOWERのおかげで、
私もPOWERを充填させて頂きました。
ありがとうございましたー。また、来てくださいねー!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/02/23

2DKのリフォーム

最近、忙しくって見ていなかった全賃の新聞に、
中古物件再生術として、
福岡のオーナーの案がでていました。
(えーん!どうぞ、こんなライバル増えませんように)

2DKの2間和室の物件を、
和室の間の壁を抜いて、1間の洋室に変えたのだとか。
なるほど!その手があったかー。うーむ。。。

ウチの2DK物件は、幸い、まだ退去がないのですが、
管理会社から、
「退去が出たら、1LDKにリフォームしましょう」
と言われていました。

うーん。。。
この斬新アイディアのオーナーの物件同様、
変に押入れ部分がでっぱります。

かといって、斬新アイディアの真似だと、
ウチの物件は、極端に収納が少なくなります。
別の収納を確保するのも難しそうだし。。。

今のニーズは、広い空間と多めの収納ですよね?
中古物件で両方を叶えるのは、結構難しい。
素人考えでプランをたてても、物件によっては、
壁が柱的役割をすることもあるでしょうし。

とはいえ、この斬新アイディアを知ったおかげで、
固定観念に囚われなくても、
工夫することもできそうな気がしてきました。

気に入って長く住んでもらえるためには、
知恵を絞らなくちゃだめな時代なんですねー。
でも、結構、楽しいかも♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/22

気になる~

先日、白岩さんにお目にかかった時、
あるセミナーで、REIT物件の借り手が決まらず、
最近では入居してもらう為に、
引越し費用まで負担する所まででてきており、
その競争激化の影響が大きいのが福岡と北海道らしい。。。
という話を伺いました。

私が、「ウチのは家賃が安いので」というと、
「モノが余りすぎて、値下げも厳しいらしいよ」とか。。。
う・・・恐れていた通りの事態。
まさか、こんなに早いとは!

どおりで、福岡でも、単身者向けでは、
立地も申し分なく、最安値近辺の家賃なのに、
想像していたより、反響が少ない訳だわ。。。

一応、ダンナと対策も話し合いましたが・・・
家賃もギリギリライン。
これ以上さげると、家賃滞納者に当たる可能性もあります。
それ以前に、管理会社の審査に通らないでしょうし。

家賃の値下げではなく、何か他の対策を・・・
と、調べていたら、こんなサイトにHIT!
>東京とは異なる賃貸ライフの“福岡スタンダード”がある
・・・で終わってる。
続きはまだ(更新されていない)。
う~、気になる。気になる。。気になる。。。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/02/21

住宅用防災警報器の設置

週末、市の広報に、
住宅火災で逃げ遅れによる死亡事故が増えているので、
新築住宅は、H18.6.1~
中古住宅は、H20年5月末日までに、
共同住宅を含む、一般住宅に、
火災の発生を警報で知らせる警報機を付ける事が
義務付けられた・・・と載っていました。

設置場所は、逃げ遅れ防止のために、
全ての寝室、また寝室が2階以上にある時には、階段にも。
4畳半以上の居室が5室以上ある階には廊下にも。
そして、法律では台所は含まれないけれど、
市の条例改正で、市内の建物には台所にも。

また、警報機には、煙式と熱式があるので、
寝室や廊下、階段には煙式、
台所には熱式を勧めてあります。
お値段は、1台3000円~7000円なのだとか。

ウチの物件もつけなくちゃいけないんだ。
単身者向けは、各部屋と廊下につけるとして約28個。
2DKの方は。。。どっちに寝ているのか分からないし、
台所にも付けるとしたら、24個。

仮に、警報機が平均5000円だとして、26万円。
室内に入っての工事になるので、入れる日が分かれるでしょうし、
工事の人件費もかかりそう。。。

とはいえ、入居者の安全のためですし、設置しなくちゃいけませんね。
今、住んでいる借上げ社宅のオーナーも設置してくれるのかなー?
工事屋さんが来たら、色々質問したいんだけど(笑)。

やることリストがどんどん貯まっていく・・・(汗)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/20

大家さん学びの会2

久しぶりに、この会に参加してきました。
今回の内容を事前に知らずに来てしまった私。
そしたら、たまたま、タニアさんのミニ・セミナーの日でした。

うーん、半年位前に、
初セミナーで心臓バクバクと言っていた人と同一人物とは
全く思えない落ち着きぶり(笑)。
レジュメにそって、スラスラスラ・・・
これまで、個別にお話を聞いたことはありましたが、
本当に広い視点でよく見て、よく考えて行動されています。
すごいなー。

一番驚いたのが、彼のお母さんが始めてAPを建てるに当り、
とてもパワフルで地道で、かつ効果的な方法を試されたこと。
私がネタバラシしては申し訳ないので、
機会があったら、ご本人に聞いてください。

そして、タニアさん自身のすごいところは、
もちろん「客付け王!」(笑)なところもなのですが、
数字を掴み、優先順位をつけ、素早く行動されている点です。
ウチ同様、物件は遠隔地なのに、
不動産屋さんやリフォーム業者を自在に使い分けてあるのです。
ううう・・・見習います(汗)。はい。

もう一つは、他人の何気ない言葉からも考え、学んでいる姿勢。
色々な知識や体験がどんどんどんどん貯めこまれているようで、
つくづく見習わなくっちゃーと思いました。

今回は他にもお2人、ミニセミナーをされましたが、
共通キーは「行動力」!一人反省した私なのでした。はい。

そうそう、久しぶりに「客付け王!」に会ったおかげか、
ウチが試してみた北側の赤いキッチンの部屋
1室入居が決まりました~!やった~!
あと、3室!満室にしてやる~(炎)!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006/02/17

楽しかったです

今日は、沢さんと一緒に、白岩さんにお会いして来ました。

私はうっちゃんの出版記念パーティーの時と、
学びの会でお目にかかったことはありましたが、
じっくり、お話を伺うのは初めて。

実は、沢さんと白岩さんが同い年だと分かり、
すっかり意気投合!(笑)
過去の話から現在進行形のお話まで、
たっぷりお話を伺いました。

白岩さんは、世田谷などを中心に、
独自のスタイルでプランニングした建物を建て、
土地代込みで9%台などの物件を企画し、
実際に運営されているそうです。

白岩さんのお父さんが工務店をされていたこともあり、
サラリーマン大家さんとは少し違った視点を持たれていて、
とても刺激を受けました。

私の場合、新築を少々敬遠していましたが、
建物のどこにお金をかけ、どこのお金は節約すべきなのか、
質実剛健とも違うし、デザイン重視とも違う、
工務店のお父さんを持つ白岩さんだからこそのこだわりに、
目からウロコがボロボロ落ちました。。。

実は、近々、実際に物件も見せていただけることになり、
益々ワクワク。
こだわりの部分をしっかり見せて頂こうと思います。
・・・って、私以上にワクワクしていたのは、沢さんでしたが(笑)。

初夏になりそうですが、
白岩さんとの企画が進むことになりましたので、
興味のある方は、楽しみにしていてくださいませ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/02/16

今日はお休みしますー

数日前からチビの鼻水が出始めたなーと思っていたら、
寝る前と寝起きの咳がひどくなって、
今朝は病院へ行ってきました。
結局、たいしたことはなかったのですが、
病院が終わった時間だと、保育園へ行くのも微妙な時間。
・・・今日はお休みすることになりました。

お昼寝してくれたら、ブログを書こうと思っていましたが、
30分程で目を覚ましてしまいましたので、
今日のブログはお休みします。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/15

WBSの特集

昨日のWBSの特集を見ていて、
バブルの頃を思い出してしまいました。

ディベロッパーも、もう23区内の土地の手当てがつかず、
最近は、少し郊外に開発を広げているそうです。
そして、都内の築浅の中古マンションは、
5年前の買値-5,000万円程度でも売れているとか。
これって、そのうち、買値+αになって、
またまた「不動産は持っているだけで儲かる」
なんていう人がでてくるのかもしれませんね。。。

しかも、湯河原や熱海、軽井沢などのリゾートマンションが
また売れてきているのだとか。。。
まあ、シニア層が永住のために買われるケースもあるそうですが、
本当に消費動向に変化を感じてしまいました。

で、コメンテーターの方の話には少し笑ってしまいました。
「収益還元法などで説明がつかない価格になってくると、
 だいたい、NYの地価に比べると割安のような説明をしだす。
 そうなってくると、あぶないでしょうね」
のような話をされていました。
そういう話、バブルの頃に聞いた覚えがあるぞー(笑)。

鋭いなーと思ったのは、
「収益還元法と言えども、今の金利水準を元に出した価格
 なので、金利上昇時にどうなっていくかがPOINT」
と指摘されていた点です。

日銀の福井総裁のアナウンスメントも力が入ってきて、
蕪の世界では、「3月にも量的緩和の解除か?!」
なんて噂も飛び交っている今日この頃。
蕪の世界も、色々なことに非常にナーバスになっています。

まあ、金利が上がっても、不動産関連、
特に自宅などは「今、買わなければ金利が上がる」
と消費意欲を煽るようにもなるんでしょうけれど。。。
・・・そんなセールス・トークも昔よく聞いた気がする・・・

ただ、私の周りに関しては、
「給料が上がって上がって~」という程の収入増は
まだ聞かれないのですけどね。。。
過去のバブルの頃の証券会社の給料のハネ上がり方が
異常だったのかもしれませんが。。。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/02/14

そーでした、そーでした(汗)

不動産からの所得って、
今のところ、不動産絡み以外に使う気もないので、
通帳の数字を見ても、ちっとも現実感なく、
ただただ、機械的に仕分けをしてきたのですが、
最近、確定申告の入力をしていて、
通帳の金額を見て、「もったいないなー」と思いました。

何しろ、金利が雀の涙ですから。。。
これなら、FXでテクニカルに運用するかなー?
なんて、ぼんやり考えていた時・・・来ちゃいました。

不動産取得税!
6月に買って、そういえば、払ってなかったねー。
すっかり忘れてたよー。もう。

まるで、私がFX口座にお金を移そうとするのを見て、
慌てて、「ちょっと待った!」コールが入った気分です。

まあ、この物件は空室があっても、
しっかり稼いできてくれたので、
払う資金には全く困らないのですが、
あまりのタイミングに思わず苦笑してしまいました。

とはいえ、今週は何かと忙しいのです。
払いに行くのを忘れないようにしないとー!
・・・ということで、ココに書いておくことに(笑)。
個人的なメモになっちゃってます。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/13

きたきた~

週末、ダンナに空室状況問い合わせ(軽いプレッシャー)をしてもらったら、
入居希望ではなく(汗)、退去のお知らせがきました。。。

くー、この前、1室決まったのに。
これが、世に言う、玉突き現象(埋める→出る)というもの?
まー、一番人が動くシーズンでもあるので、仕方ない。
まだ1室しか連絡がないだけ、ヨシとしよう!

退去予定の部屋の契約を見てみると、ダンナの後輩の大学生。
「あー、教養課程が終わったんだよ。きっと。」とのこと。
あーん!この大学は、もうバツー(笑)!
4年間、校舎の変わらない大学が目と鼻の先にあるじゃん!

そういえば、この前決まった学生はどこの大学なんだろう?
うーむ。。。
以前の大家さんは、出入りがあるのを喜んだかもしれませんが、
礼金なんてとれるご時勢ではないので、長期の方こそ、大歓迎!
そう考えると、社会人の方がありがたいなぁ。。。

後は、入居者の満足度を上げ続ける工夫を考えないと。
数年内には、外壁の塗装のやり直しをすべきとは思いつつ、
お財布さんと相談しなくちゃー!

・・・の前に、去年の精算(確定申告)を済ませねばー!

とうとうダンナに言われました。
「毎日とは言わないけど、1ケ月に1回位入力しとけば?」
・・・・・
おっしゃるとーり!
今年度は改めよう!(←って、もう既に2月ですが・・・)

勘定科目に振り回されて、少々壊れ気味の三田でした。。。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006/02/10

膨らむ不動産マネー

3日連続で、日経で特集されてきた
「膨らむ不動産マネー」

1日目は、企業相手や地方不動産でだぶついた資金が、
東京、大阪、名古屋などの不動産へ向かい、
収益還元法で決まる融資額を上乗せするために、
賃料収入を水増し依頼があったりもするとか。。。

2日目は、REITへの資金流入が再燃しており、
国内だけでなく、海外からの資金も流入しているとか。
とはいえ、REIT資金全体の借入比率4~5割。
私募ファンドの場合、8~9割(!?)のため、
金利が上昇したら大変です。。。

3日目の今日は、
金融庁が、前回のバブルの教訓をいかし、
早め早めに、不動産への融資について、
危ない橋を渡らないよう、銀行を指導している
ことなどが書かれていました。

1日目、2日目の話は、
これまでにも読んだ内容でしたが、
今日の内容で、
信金の不動産への融資が増えている背景に、
従来なら銀行で、賃料減・利回り低下で、
金利引き下げが検討された古い物件に低金利で
借り換えを進めていると書かれていました。

融資先が少ないこともあり、
お金を貸す方の競争も激しさを増しているのですね。

その一方で、日経金融の広告で、
企業が金利上昇に備え、
低利で前倒し調達や、長期資金・固定金利へシフト
とも書かれています。

最近は、蕪もやっていますので、
銀行の経営を考えると、不動産のみに集中するより、
好業績の業態へ融資をし、成長を支援できる方が、
日本全体の景気の底上げには効果的だしなー
などと、考えたりもしています。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/09

投資信託再び・・・

昨日のWBSで、
投資信託の証券会社経由の販売数は減っているのに、
銀行や郵便局での販売が増加中と報道されていました。

昔から、従来型の証券会社は、株式市況がいい時には、
顧客に、株を中心に売買してもらい、
市況が悪くなると、投信や外債に力を入れていました。

そして、13年在籍した証券会社では、
営業が、重い投信販売のノルマをこなした後、
市況悪化で投信が暴落すると、
会社の顔として、顧客からのクレームの矢面に立たされ、
辞めていくのを何度も何度も見てきました。。。

そんな風景が、先々、銀行や郵便局でも広がるのかも?
と思わずにはいられませんでした。。。

何しろ、昨日、外貨の商品を買ったおばあちゃん、
明らかに、商品の内容も、為替のことも理解していませんでした。
それ以前に、銀行マンがどこまで理解できているのかも。。。

足しげく通って、情に訴えて、買ってもらう・・・
昔の証券マンそのものです。。。いいのか?それで?!
思わず、TVにつっこみをいれる私(汗)。

放映後のコメンテーターの方の
「販売ありきではなく、その顧客のニーズにあったものを
 紹介できなければ・・・」
という言葉が重く響きます。

歴史はいつも繰り返すものなのですね。。。

先日のLD事件の時や、昨日のような下落の際、
個人で株式を持っている人は、
朝でも、昼でも、自分の好きな時に手仕舞うことができます。
いつ行動を起こすのかは、全くの自己責任です。

でも、投信は、その日の終値で価格が決まる場合が多く、
「今日は暴落だー」と分かっていても、手のうちようがありません。
つくづく、(私は)投信は買えないなーと思いました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/02/08

今日は・・・

今日は、チビの保育園参観でした。
去年までの参観は、保育園での日常を、
覗き穴から覗いて楽しむものだったのですが、
今年は、短い劇をして、歌って、踊る姿を見てきました。

子供の成長って早いなーと思います。
入園した頃は、まだ、ハイハイもうまくできなかったのに。

ウチのチビは、今日の発表会が楽しみで楽しみで、
今朝は保育園で鼻血をだしてしまいました(汗)。
看護婦さんママに、直ぐに止血してもらってましたが(笑)。

子供達の笑顔と、元気にとても癒されつつ、
実は、今朝は、蕪の市況で大きな変化があり、
でがけに、ポジションを一旦手仕舞う注文をだしていて、
ずーっと気になっていました。

案の定、帰ってきたら、画面は真っ青。
ドキドキしながら、約定を確認したら、
指定した価格で全約定。ほーっ。

前回のLD相場の教訓が生かせてよかったです。
(↑このおかげで利益も享受させてもらいましたが)

どうも、今日は蕪を見ていない方が、
かえって精神的に安定できた様子です。
これも神様の思し召しなのかも?と思っております。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/02/07

お年寄り入居支援

ウチは、日経の夕刊をとっていないので、実家の母が、
お年寄りの入居支援について書かれた記事を
FAXしてくれました。

以前、物件を買う前に調べた、
公共の高齢者向けの入居支援は、
大家さんに登録してもらって、高齢者でも入れる物件を
役所を通じて紹介するようなシステムでしたが、
入居後のフォローなどがなく、
病院や交通機関に近い上に、家賃の安い物件・・・
と、入居者サイドの視点だけで考えられた、
大家さんの経営がなりたたないよーという内容のものでした。

でも、2/3の日経夕刊に掲載されていた記事によると、
NPOが安否確認を行ったり、相談に応じたり、
日々のケアまで担当する。

実際に貸した大家さんによると、
「入居者のマナーという点では、高齢者の方が信頼できる」
というコメントものせられています。

東京都では、「あんしん入居制度」といって、日々の見守りや
亡くなった後の家財の片付けなどもやっているようですが、
高齢者が今後増えることを考えると、
育児のファミリーサポートのように、地域のボランティアなどで、
こういう支えあう活動を広げる時代になるのかもしれませんね。

介護保険と組み合わせて、支援を行うとか、
逆に、週に1回の清掃サービス付の賃貸物件など、
大家側も空室対策の一環として、
高齢者を積極的にターゲットにする時代はそこまできてるなー
と考えさせられました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/02/06

一億総中流

今朝の日経を読んで、ちょっと驚きました。
世論調査によると、
自分の生活を「下流」と答えた世帯が37%。
一時は、「一億総中流」と言われていたのに。。。
と思って、ウィキペティアで調べてみると、
>一億総中流(いちおくそうちゅうりゅう)とは、
>1970年代 - 1980年代に見られた日本の国民意識を指す。
>終身雇用に支えられた9割方の国民が、
>自分を中流階級だと考え、ほんの少し無理をすれば
>マイホーム・自家用車・家庭電化製品などの耐久消費財に
>手が届くようになった時代である。
>(中略)
>21世紀になっても
>日本国民から一億総中流の意識は抜けておらず、
>富裕層の優雅な生活へ憧れ、起業家を目指して挫折したり、
>また、日本社会の劇的な変化についていけない
>二十代から三十代の中流家庭、貧困層出身の若者が
>フリーターやニートになってしまっている現在の状況である。
と解説されていました。

そう言われてみたら・・・ウチは中流なのかしら???
確かに不動産のインカムは入っていますが、
借り入れから考えると、まだまだ資産は銀行のモノ状態。
マイホームも自家用車も持っていません(汗)。
・・・ただ・・・社宅暮らしはお金を貯めるにはベストだし、
首都圏だと車を使う機会がほとんどないんだもの。。。

一時、「年収300万円・・・」の本が話題になっていましたが、
実際、ウチの2軒目の物件に入居している社会人は、
書類を見ると、大抵、年収がこのクラスです。

一人暮しならいいけれど、家族を持って、
自宅と車を持つのは厳しいかも。。。
どちらも、保有しているだけで税金がかかりますし。

そう考えると、将来の若い世代は
安い賃貸住宅へのニーズをもつ可能性がありますね。

10年後の世論調査のことを想像すると・・・
賃貸住宅経営も、時流にのることを求められるなー
と考えさせられました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/02/03

今日は節分

去年、御守りを飾ってから1年。
今日は節分です。

節分をウィキペディアで調べてみると、
>節分(せつぶん)とは、
>各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。
>特に、立春の前日(2月3日ごろ)のことを指す場合が多い。
と書かれていました。
本来は、四季を分ける意味だったのですね。。。
勉強になりました。。。

で、この御守り。
一年中売っている訳ではなく、
冬至の日~節分の今日までの限定販売(笑)。
しかも、飾れる日は、
冬至、大晦日、節分の夜中12時と決まっていて、
3回しかチャンスがありません。

冬至の日は、その日からしか買えないので、
間違う人は少ないようですが、
大晦日と節分は、昨日の夜なのか、今日の夜なのか
よく分からなくなります。(正解は今晩!)
そうじゃなくても、決まりごとの多い御守りなので、
毎年、混乱に拍車をかけてしまいます。

実際、今年もお友達から、
「節分までに飾ると思ってたー」とメールがきていました。
・・・ま、気持ちの問題ですし、
去年、同じように「間違ってしまった~」と言ってた方も、
いいことが沢山あったのを、知っていますし、
神様も、そんなに了見が狭いわけではないと思いますので、
行事自体を楽しめればいいのかなー?とも思います。
何より、身の回りに起こる良い事に気付き、
感謝できれば、豊かな気持ちで一年が過ごせますので。。。

ウチは、冬至の日に飾ってしまいましたので、
今年の節分は、豆まき!
ウィキペディアを見て、豆をまく時の掛け声にも、
地域差があるのを知って、びっくりしましたが、
ま、チビが混乱しないよう、
「鬼はーそと!福はーうち!」で楽しもうと思います。

でもって、歳の数だけお豆を食べる(笑)。
えっと・・・う!結構な数だ(汗)。
昨日、スーパーで「そら豆」に節分シールが貼られていましたが、
さすがに、「そら豆」を歳の数はキビシー。
お手ごろサイズのお豆にします。

今年もいいことが怒涛のように起こりますように~(笑)。
もちろん、皆様にも♪

| | コメント (19) | トラックバック (3)

2006/02/02

税制改正

昨日、青色申告会から来ていた、
今回、大きく変わった税制についての冊子を読んでいました。

ざーっと見た印象は・・・
「専業主婦と年金生活者から、取れるだけ取るべし!」
というニュアンスです。

この流れは前年度の時からの大きなテーマのようですが、
将来の自分の年金生活を考えると、本当に怖くなります。

実家の母の話を聞いていても、
健康保険料も、年金も介護保険も上がり、
しかも、公的年金控除が減らされ、
老年者控除が廃止。。。

サラリーマンは、国民年金の他に、
厚生年金が貰えるケースが多いのでいいとしても、
国民年金だけの人は、
とても生活していけないと思われます。

・・・と、他人事のように書きましたが、
私も不動産所得が増えたので、
ダンナの扶養から外れ、国民年金になります。
・・・なんとかしなくちゃー(汗)。

こういう改正って、
サラリーマンは、源泉徴収されてしまうので、
危機感がないまま老後を迎えることになるのでしょうね。
私の周りも圧倒的に「なんとかなる」と思っている様子。

だからといって、不動産投資か?
と言われると、これも結構課税が重く、
メチャクチャ儲かるという訳でもなく。。。

株やFXか?
と言われると、全員が一生儲かるものでもないし。。。

今更ながら、老後の準備に何をしておくべきなのか、
考えさせられています。。。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/02/01

いよいよ2月~!

今年も始まって、あっという間の1ケ月。
やることばかりが積みあがり、てんてこ舞いしていますが、
確定申告まで秒読み状態です。。。

半年分までで、入力が止まっているので、
残りを整理し直し、「いざ!入力!」
と思っていた矢先に、「購入資金のお尋ね」が
税務署から来たので、過去の資料を引っ張り出し、
書いたりしていたので、尚更遅れ気味です。

うーむ。
「不動産の確定申告は簡単だから」と、
いつも青色申告会では言われますが、
ダンナと私で按分しなきゃいけないから、量がね。。。

はぁー。
頑張って入力しますー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »