« 確定申告してきました | トップページ | メゾネットハウス »

2006/03/15

チャレンジするこころ

昨日の夜のWBSで、
来年春に就職する大学3年生の就職戦線の特集があっていました。
ここ数年の学生の志向は、
「ベンチャーで自分の力を試してみたい」というものだったようですが、
今年は「大企業」志向が復活しているとの報道でした。

確かに、景気回復で、一時は不要論まで出ていた商社など
かなりの勢いで業務拡大と売上UPを達成しているようですし、
学生の就職先人気ランキングTOP10には、大手都銀が2行復活。
・・・バブル後期のTV番組を見ている気分でした(年がバレる)。。。

私の親の年齢層では、
圧倒的に「有名大学+一部上場企業」という決まったレールを
子供に薦める親が圧倒的で、私の周りはそういう就職をした子ばかり。

景気が回復してくると、チャレンジよりも安定思考が高まるのでしょうか?
歴史は繰り返す?

まあ、一時はヒルズ族ともてはやされた人々が、目の前でこける姿を見て、
ベンチャーに夢を託すのは難しいのかもしれませんが、
一方で、1週間ほど前にネット上のニュースで、
サラリーマンの20人に1人が何かしらの副業をしている
という話題が流れていました。

ここが前回のバブルの頃とは大きく変わってしまいました。
会社の規模に関わらず、
自分の経済的基盤を守れるのは自分しかいない
と、否が応でも気付いた人が増えていること。。。
そのために、チャレンジするのか、現状維持でいくのか、
決めるのは自分自身であり、
その結果も自分自身に返ってくる。

現実の社会は、とても厳しいのですよね。
所得の格差は職業だけでなく、地域でも広がっているようですし、
あのTVに出ていた子達が大企業に入ったとしても、
親の世代のような年功序列はほとんど崩れていますし、
直属の上司に評価してもらえないと、前進できない。
老後の生活なんて、会社はとてもみる余裕はない。。。

昨日の番組で一人が、「若い会社は失敗の経験が少ないけれど、
大企業なら、多少の失敗をしても、立ち直れるはずだ・・・」
というような内容の発言をしていました。
確かにそういう側面はあるとは思うのですが、
大きい企業の中で、根幹を揺るがすような大失敗をしたら、
会社はもちこたえても、その人は・・・と、
ジェイコムの誤発注を思い浮かべながら、観ていました。


例え、失敗をしても、挑戦できない人生では挽回もできない。
子供には、自分に足りないものを沢山身につけながら、
沢山の人の縁に支えられ、楽しい人生を歩んで欲しいと願っています。
もちろん、私もそういう人生を歩きたいですし。

ライブドアの事件が、
「チャレンジするこころ」まで奪ったとしたら、
とても悲しいことだなーと思いました。

|

« 確定申告してきました | トップページ | メゾネットハウス »

コメント

大企業が採用人数を増やしたため、簡単に就職できるようになったことも大きいのかと思いますが、ライブドアの影響も大きいのでしょうね。

ただ、大企業=安全でベンチャー=ハイリスクということはなく、好業績で実体を伴っているベンチャーの方が安全のように思いますが・・・・

投稿: ムサシ | 2006/03/15 17:12

ムサシさん
さすが、蕪をやる方の視点ですね(笑)。
ただ、就職の場合、転職するにしても、中長期に渡る成長を保ってもらう必要がありますので、大企業でもベンチャーでもリスクは同じような気もします。
就職って一種の賭けなのかもしれませんね(笑)。

投稿: 三田 | 2006/03/15 17:33

多くの方が、自分の身は自分で守っていく必要があると
考えるようになってるのですね。
私が働きかけた頃は就職活動時期に、面接に行けば
交通費や日当としてお小遣いをもらったり、バブル最後の
ちやほやされてた時だったかなあ。。。

子どもには選択の自由があるように育っていってほしいです。

投稿: ぺっぺ | 2006/03/15 23:46

ぺっぺさん
・・・そんな時代もありましたねー。
人事にいた頃は、会社説明会に来た学生に交通費を精算するのに、小銭合わせが大変だったこと・・・思い出しました(笑)。
今も出している企業、あるのかしらー?
人数が多いと相当大変なんですよー。

ホント、自分で選べる子に育って欲しいですね♪

投稿: 三田 | 2006/03/16 00:41

実は当社では、日本では珍しい“ランドバンキング”を取り扱っています。これは、カナダ・トロントの宅地を証券化した投資案件です。政府の開発許可がおりている物件が対象ですから安全です。期間は3~6年、トータルリターンは約200%程度を予定しています。良かったらご案内させていただけませんか? 下記のアドレスまでご連絡いただければ幸いです。

×××@××.co.jp

投稿: アセットマネジメント | 2006/03/17 11:53

せっかくご紹介いただいて申し訳ありませんが、
私は長年証券会社におりましたので、
こういうセールストークには却って不信感を抱きました(笑)。
私自身は、大事なお金の運用のコントロール力は手元においておきたいタイプなのです。
幸い、既にアパートを自分達で不動産を運用する力もつきましたし(笑)。

そういう訳で、レスを消させていただこうかとも思いましたが、あえて、他の方のために「気をつけるべきセールストーク」として残しておきます。


投稿: 三田 | 2006/03/17 16:45

安全。。。

でも高利回り。

ホントにローリスクハイリターンなものなら
営業しなくても飛ぶように売れるでしょうね。
私が欲しい(笑)

投稿: ランゲルハンス島 | 2006/03/17 18:05

ランゲルハンス島さん

私も、「ホントにこんな商品があったら、見ず知らずの私に薦めないで、黙って自分だけで買うでしょー」とつっこみを入れたのでした(笑)。

投稿: 三田 | 2006/03/17 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジするこころ:

« 確定申告してきました | トップページ | メゾネットハウス »