« 微熱は続くよ、いつまでも(汗) | トップページ | ブルーリターンA »

2006/03/10

量的緩和の影響

昨日から今日にかけて、ココログに入ることができず、
ブログのUPが遅れてしまって申し訳ありません。
日銀の発表があって、早めにブログを書こうとしたのですが、
今日になってしまうと、すっかり落ち着いてしまいました(笑)。

蕪の方では、福井総裁のアナウンスメント効果なのか、
「想定の範囲内」ということで、発表があった後は↑ました。

数日前のWBSなどでは、この発表前に、
次期総裁と言われる方の日銀への姿勢を懸念して、
小泉さんの任期中に0.25%でもいいので、金利を上げて、
既成事実を作っておきたいという日銀の思惑があり、
スケジュールが前倒しになりそうだと言われていました。

つまり、小泉さんが変わる前に、
ゼロ金利でなくなることも想定しておく必要がある訳ですよね。
まあ、過去の例から考えても、預ける金利はゼロのままで、
借りる金利のみ上昇するのでしょうけれど。。。

そんなこんなを織り込んで、市場の長期金利は上昇中。
kinri4
(出典:DreamVisor.com)

そうはいっても、前回、話題にした10月頃が1.58%位。
その後、色々な噂で上下に動き、福井総裁のアナウンスメント等で、
再び、上昇してきたのが分かります。

先日、税理士さんのところへ伺った時にも、
金利が上昇することを踏まえて、
今後、どういう戦略で経営をしていくのか?について、
今回の確定申告資料を元に作戦を練るように言われました。

チビの体調不良で伸び伸びになってしまいましたが、
今週末には確定申告資料を仕上げ、
来週、提出した後は、そのあたりもじっくり考えねば!
(↑今は気持ちの余裕ナシ・・・)と思っております。

|

« 微熱は続くよ、いつまでも(汗) | トップページ | ブルーリターンA »

コメント

今日は118円台の円安なのに、金利は1.66%と上昇。
なんだかわけのわからない動きですね。

三田さんほどの蕪の実力があれば、金利が上がったら蕪の儲けで繰り上げ返済でいいのでは?

投稿: ムサシ | 2006/03/10 17:31

ほんとに金利上昇は悩みの種ですね。

私はしばらく蕪で蓄財。
本格的に上がってきたら蕪を売って返済するかも。

借入金利が3.5%までなら蕪かな。

円安は単純に金融緩和予想(金利差縮小予想)で円買いが
積み上がっていた反動では?と思っています。

投稿: ランゲルハンス島 | 2006/03/10 17:50

うちの食料の量的緩和も解除されつつあります。
ちょっと供給過剰でだぶつき気味なもので。。腹が。

我が家のデフレ脱却には程遠いですけどね。

投稿: ヒデル | 2006/03/10 18:19

ムサシさん
証券会社に入った時、
株と債券と為替の関係について基本を教わりましたが、
実際の経済は、中々その通りには動かないものですよね。。。
蕪においては、流れを読み、その流れに逆らわないこと。
ムサシさんに教わった教訓を大事にスキルを上げていきます~。
もちろん、楽しみながら♪(笑)

ランゲルハンス島さん
うう・・・このコメント、相当な腕前とみました。
LD&マネックスショックの後、相場は相当荒れていますので。
ランゲルハンス島さんは、こんな相場を乗りこなしながら、
仕事と新築を完成ですかー?
超人的すぎますー。あっぱれです。はい。

ヒデルさん
食料における金利上昇とは?について、
気の効いたコメントをしたかったのに、
ちょっとハードルが高すぎちゃって。。。
だぶつき気味のお腹には、引き締めターゲットが必要かも(笑)?

投稿: 三田 | 2006/03/10 18:32

今の間にFXを。。。と思いながら、やはり、三田さんのいうように、
バーチャルと実際では違いますね(^^;)

今後の不動産市場もどうなるのかなあ~
体力を温存しておかないと・・・です。

投稿: ぺっぺ | 2006/03/10 21:55

ぺっぺさん
そうなんですよー。
やっぱり身を削ってこそ、身に付くものがあるのかと(笑)。

不動産市況に関しては、REITがどこまで金利上昇に耐えられるのか?
で変わってくる気もしますね。。。

投稿: 三田 | 2006/03/10 23:27

ごぶさたです、ゼロ金利話は絵に描いたもちですw。リートお持ちなら、手放して
繰上げヘンザイにおまわすのも一考かも。
ご存知のようにレパレッジで利だしてますから
万円ホールドでなくRITEもかい売り時ありますよね、それに国債損でギンチャンの売りもありえるかもです。

投稿: ドンガバチョ | 2006/03/11 12:48

ドンガバチョさん、コメントありがとうございます。
私のような投信不信症の人間には、
REITを信じて託すことはできなくて。。。(汗)
仰るとおり、金融商品はどれであっても、
買い時、売り時というのがあると思います。
特に、キャピタル狙いの投資は、時期の見きわめが肝心ですし。

いずれの資金を使うにしろ、3年固定で借りた資金は、
次の金利見直し前に、一部繰上げすべきだなーと私も思っています。
不動産経営である以上、戦略も必要ですねー。
これが結構面白いのですが(笑)。

投稿: 三田 | 2006/03/11 13:21

なーんか、カブって下がるんだろうと思って見たら、あれー上がってるよ。

織り込み済みと済みでないものの見分けがつきましぇーん。

不動産はとりあえず一つ売りに出してみました。

投稿: おざわ | 2006/03/11 14:47

おざわさん、
この所の蕪は、方向性が読み辛く、難しかったです。
織り込み済みかどうかは、大きなニュースの発表後にどちらに動くかで大体わかったりします。
この辺は、踏んできた場数勝負なのかもしれませんが。。。

おお!不動産売りですかー。
それも1つの戦略ですよね。
ウチの場合、物件が2つしかなく、売ると事業的規模ではなくなることも考慮する必要がありますし、当面売る予定はないのですが、多分、今なら買値より高く売れるだろうなーとも思います。
納得価格で売れるといいですね♪

投稿: 三田 | 2006/03/11 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/9017000

この記事へのトラックバック一覧です: 量的緩和の影響:

« 微熱は続くよ、いつまでも(汗) | トップページ | ブルーリターンA »