« 司法書士のお仕事 | トップページ | 不動産バブル抑制措置? »

2006/04/05

4月の入居状況

このアパートの前を先日通ったら、
4/1時点で、左は満室(入居シーズンには完成済)、
右は2階2室が空室(3月末ギリギリに完成)、
真ん中は・・・この日の時点では全空室でした。

まー、ここは4/1時点でも、外側の最後の仕上げをしていたので、
完全に入居シーズンに間にあわなかったのでしょうし、
右側に空室があると、そっちから埋まってしまうという事情も
考えられます。。。

・・・同じ不動産賃貸業をする者としては、
同情してしまったりもして(汗)。

とはいえ、出来上がってみると、さすが新築。
こざっぱりしていて、中々どうして好感が持てます(笑)。
一番左の建物が、基礎も柱も多くて頑丈そうでしたが、
こうして建ち上がってしまうと、
外観では、柱が少なめだった右側が格好いい!
うーむ。外観にだまされてはいけないのだなーと、
つくづく考えさせられました。

特に、真ん中は、ギリギリまでの工事。
先日のコメントでも指摘されていた通り
見えないところで手抜きや雑な仕事があったハズです。
物件を借りるときも買う時も、築年だけでなく、
築月を確認してみるのも大事なのかも?と思ったりしました。

この真ん中が、いつ満室になるか・・・
勝手にウォッチを続けていきます(笑)。

|

« 司法書士のお仕事 | トップページ | 不動産バブル抑制措置? »

コメント

「新築」というのは魔法の言葉ですね。
まだ誰も住んだことのない部屋。
すべてが新品。

しかし、1年建つと「新築」ではなくなり、まわりにどんどんこの魔法の言葉「新築」をもった物件が・・・・

そうやって繰り返していくのでしょうね。

投稿: ムサシ | 2006/04/05 16:08

>「新築」というのは魔法の言葉ですね。
本当にそうですね。
この土地に建っていたアパートと建物だけを比較すると、客付けは格段にいいとは思います。
・・・ただ、日当たりに関しては、以前のものの方がバツグンでした。

新築は1年限定の競争力。
この真ん中の物件がそのメリットをどこまでいかせるのか興味津々です。

投稿: 三田 | 2006/04/05 16:27

駅前や繁華街などでは、日当たりの悪そうなせせこましい
建て方の物件でも、埋まっていくのでしょうが。。。
両隣とかなり違ったセールスポイントがないと客付けは
しんどいのかなって思います。
どんな戦略をされるのか気になりますね。

投稿: ぺっぺ | 2006/04/05 20:28

そうですね。
真ん中だけは、一応、ペット可になっていますが、「新築」+「ペット可」だけでは集客がむずかしいのでしょうね。。。

>どんな戦略をされるのか気になりますね。
どうみても、ここは相続した土地の活用とかいって、アパート会社の思惑通りに建物を建てたカンジなので、戦略をもって運営する意図があるとは思えないのです・・・(苦笑)。

投稿: 三田 | 2006/04/06 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/9441350

この記事へのトラックバック一覧です: 4月の入居状況:

« 司法書士のお仕事 | トップページ | 不動産バブル抑制措置? »