« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/30

物価の動き

先日、製紙会社が原油高などからティッシュなどの家庭用紙
の卸価格を6月から25%引き上げると報道されていました。

過去のオイルショックの姿として報道されるのが、
こういう紙を買い漁る主婦の姿でしたので、
その後、注意して買い物をしているのですが、
今のところ、大量に買いだめしている姿もなく、
店頭価格は、今のところ、あまり変わりありません。

以前は、小売店でも在庫確保のために売り渋ったり、
「不足」=「値上げ」と、受け入れられたのに対し、
今は、身近な店が高くても、安い店を探せばいい
という位にしか受けとめられないため、
小売店の店頭では中々値上げできないのかな?
と思います。

・・・所謂、競争原理が働いているし、
いくらTVで「いざなぎ景気以来の経済成長」と言っても、
消費者側の頭はまだまだ「デフレスイッチ」になったままで
物の価格が日に日に上がるという危機感が薄いのかな?
とも思います。

ですから、ウチの辺りのように、ティッシュなんて、
スーパーでも、薬局でも、どこでも買える地域では、
より小売価格の値上げは難しく、
競争の少ない田舎の方が、1社が上げると、
他社も追随しやすいのかもしれないなーと思ったり。

とはいえ、昨日のWBSを見ていると、
コンクリートに欠かせない砂が不足するなど、
材料の高騰は企業の収益をかなり圧迫している様子。
長期化したデフレで淘汰されてきた企業が、
今後は国際的な原材料高で淘汰されていくとしたら。。。

言葉で「インフレ」「デフレ」と言うのは簡単ですが、
世の中の大多数の意識が転換してこそ!なので、
ものすごく大きなエネルギーが必要になるのだと、
今更ながら痛感しています。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/26

肩すかし~

一昨日、今度空く部屋にお客さんを案内したいと
管理会社から電話が入りました。

ただ、私が聞いていた退去日は、来月半ば。
案内できるの?と思ったら、実は、もう退去済みでした。
今回の方の希望家賃は、去年の今頃と同じでしたので、
先方がよければ、それで・・・と思ってはいたのですが、
この時期に家を探すって???と思い、話を聞いてみました。

部屋を探しているのは、
20代女性で、明日から近くで働くことが決まっているとか。
・・・ということは、今日にも住み始めたいってこと?
そんな急に?リフォームもしていないのに、いーの?

一瞬、「リフォームなしで住んでくれるならラッキー!」
とも思ったのですが、冷静になってみると、
そんなギリギリの行動をとるような女性というのにも不安があります。
カード会社の審査も待っていられないでしょうし、
何より、この客付け担当者君はちょっといい加減なところが散見されます。

今日になって、どーなったかな?と、ウチの管理担当者さんに
電話を入れてみたら、ウチの物件には決まらなかったとか。。。
肩すかしではありましたが、ちょっと、ホッとしました。
満室になって欲しいばかりに、どんな入居者でもOKにしてしまうと、
やっぱり後々苦労しそうなので、いい勉強になりました。

大家業は、入居者が、きちんと家賃を納めてくれてこそ成り立つ!
のですよね。
今の入居者さん達には、ホント感謝しておりますー。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/05/23

波乱の市場環境

なんだか、去年の株式相場とは違い、今年の株式市況は、波乱が多く、
私のような小心者では、中長期で安心してホールドできないカンジです。

1月のライブドア事件の後、
とにかく、一定の金額になったら、自動「損切り」にしていますので、
大ヤケドはしないものの、気付いたらノン・ポジのこともよくあります(汗)。
株の場合はこの自動システムがあり、
更に、それぞれの思惑で買ってくれる誰かがいるので助かるのですが、
不動産の場合は流動性が極端に落ちるので、市場が大きくふれると、
こういう風に小さなやけどで済ませるのは難しいのでしょうね。。。

先日、大家さん友達と話していて、
「保有物件を全部売って換金する」ことも想定されてると伺い、
とても考えさせられました。

そういえば、以前TVで、アパ ホテルの元谷社長が、
「バブルが崩壊する少し前に、あることがきっかけで危機感を持ち、
手持ちの不動産を全部換金売りした」と話されていて、
資産規模から考えても、それなりの数があったはずですので、
私はその潔さに驚きもし、感心したのを思い出しました。

株式投資は、元々、キャピタルを狙っての投資ですので、
売ったとしても、生活に影響はありませんが、
アパートの場合は、そのインカムを期待していますので、
売って一時的にまとまった資金が手に入ったとしても、
月々の収入はなくなりますし、
次の投資にふりむけないとお金は増えません。

私の場合は、基本的に、いずれ子供に譲ろう・・・と、
アパートを買いましたので、売ることを想定していませんでした。
でも、株をみていると、不動産にもゆるやかながらも波があり、
その時々で的確な判断が必要になるだろうなーと、
あらためて思いました。

ま、とりあえず、今のところは「様子見」。
ハリーポッターの最新作を読みながら、
株の後場を眺めることにします。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/19

自宅を買うべきか?

ウチも最近、チビの成長が著しいため、
ぼんやりとは、「自宅の引越し」を考えてはいます。
ただ、不動産投資の勉強の中で、
区分所有物件のデメリットも聞いてきましたので、
中々本腰を入れて探してはいませんでした。

そんな折、
私が不動産投資をしているのを知っている方から、
ちょっと相談を受けました。

福岡中心部に住み、高い家賃を払ってきたけれど、
これまでの総額を考えると高額だし、
そろそろ自宅でも・・・とも思っているのだとか。
それで、購入と賃貸、どちらがいいと思うか?と。

うーん、この質問は本当に難しいですね。
ただ、希望のエリアと金額、広さを伺い、
色々調べてみたのですが、
ネット上に出ている条件に合うものはほとんど築20年前後。

今にして思うと、去年の福岡での地震の後、
福岡で新築マンションなどがかなり売れ残っていた時期に
リスクをとって買った人たちが一番成功したのかな?
などと思うのですが、今更言っても仕方ありません。

また、その方の場合の一番の課題は、
購入後に貯蓄などが心許なくなる事。
購入後は、不動産取得税、固定資産税などもかかってきますし、
大規模修繕時に手出しを求められる場合もあります。

福岡の賃貸事情を考えると、2年毎の更新料がないので、
関東での賃貸に比べると、メリットもあるような気がします。

今のマンションはバブル期に借りたままなので賃料が高いはずで、
更新の制度がないので、賃料値下げ交渉の機会もありませんが、
一度、交渉してみて、ダメなら他の賃貸へ転居。。。

私だったら・・・ちょっと古い、広めの賃貸マンションを探すかも。
・・・この質問への答えは、人それぞれということになりそうですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/05/17

退去の連絡

この前の週末、2つ目の管理会社から
「6月半ばに1階の北側の部屋が退去になります」
と連絡が入りました。

ん?この時期に社会人の独身男性が退去・・・結婚?!
・・・などと、どうでもいいことを、呑気に想像していたのですが、
冷静になると、北側の1階は一番客付けが難しいのに、
退去の時期が悪いー(涙)。しくしく。
やっと4月に満室になったのに、2ケ月半かー。

ここは、変に急ぐより、秋に向けて埋めるつもりで、
お盆に、またキッチンのシートを貼ったり、工夫してもいいかも。
・・・ん?またまた、私の思考が、
うっちゃんのガテン系大家さん色が強くなってる。
ま、楽しめばイイってことにしましょ♪(笑)

そうそう、ウチの近くのこのアパート
ついに、真ん中の建物も満室になっていました。すごーい。
やっぱり、立地なのでしょうか?

反面、ウチの周りの2DK以上のアパートは、
大抵、1~2室空いています。
金利上昇を睨み、自宅を購入する層も増えているらしいし、
その影響なのかもしれません。

アパート経営は、中々難しいですね。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/15

帰省-うまいもの編

・・・先週、一気に書いてしまうはずが、
あっという間に時間が経ち、すっかりタイミングが外れました(汗)。

今回の帰省中、念願のイカだけは食べに行くことができました。
佐賀県の呼子は、
とれたての透き通ったイカのお刺身が食べられることで有名です。

私達も、10年ぶり位になるので、すっかり忘れてしまっていたのですが、
呼子までの道程は、GW中ということもあって、大混雑(汗)。
朝早めに出たのに、着いた時には、お昼丁度。
店の周りの人だかりに嫌な予感を覚えながら、
大きな生簀が店内にあることで有名な「河太郎」へ。
込み具合を、お店の方に伺うと、ナント~「4時間待ち」
おいおい、それじゃ、昼ご飯の時間じゃなくなるじゃん!(涙)

ここがこれだけ混むということは、
潜水艇のようなお店の「萬坊」はもっと大変なはず。
チビに生簀見学か潜水艇体験をさせてあげたかったのですが、
今回は断念するしかありません。

仕方なく、ちょっと外れたところにある「漁火」へ行ってみました。
こちらは、「1時間待ち」だったけれど、
「もう今日はコウイカしかありません」とのこと。
え~!呼子のイカと言ったら、あの透き通ったお刺身。

こうなったら、この1時間の間に、他の店にもあたってみようと、
車でウロウロしていたら、本当に偶然、地元の人用らしきお店を発見。
早速、中に入ってみると、商売慣れしていない朴訥なおじちゃんが、
一生懸命対応しているお店で、待っている人も少なく、
しかも、お目当ての透明のイカが食べられるとか。

結局、ここで小一時間待って、やっと念願のイカにありつけました(笑)。
Pict4965
本当は、「イカソウメン」状に、もう少し細く切ってあるのですが。。。
まあ、地元御用達のお店らしかったので、ご愛嬌ということで(笑)。

そして、お刺身を食べたら、ゲソやミミを天ぷらにしてくれます。
Pict4967
この天ぷらがまた絶品なのです(笑)。
思わず、写真を撮るのを忘れて食べ始めたので、
本当は、この1.5倍位の量があったんですけど(汗)。

これまでイカをあまり食べなかったチビも、
歯ごたえがあるのに柔らかくて、甘いイカには、はまってました。
どーも、「イカのお刺身」の概念が変わってしまったらしく、
今後の彼のイカのお刺身の基準が心配ではあります(笑)。

そういえば、先日TVで、イカ釣り漁船はかなりの重油を使うので、
この原油高で中々従来のような漁ができないと報道していました。
そのせいなのか、食事が終わって、漁港を散歩していたら、
その時間にイカを水揚げしている漁船があり、
チビは、大きな水槽に運ばれるイカを見て目を丸くしていました。
・・・原油高はどこまで続くのでしょうね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006/05/10

帰省-新しい出会い編

本当は年末の帰省で、お目にかかろうとしていたご夫婦と、
今回の帰省で、やっとお目にかかる機会を持てました。

本当は、ダンナと、チビも一緒に行くはずだったのですが、
ダンナは風邪でダウン、チビは丁度、昼寝したばかりで、
起こすと機嫌が最大級に悪くなるので、
私一人で慌ててでかけました。
・・・しかも、慌てすぎて、手土産を持っていくのを忘れて(汗)。

福岡でお店を2つ経営されてある方とのことでしたので、
どんな方なのかな?と色々想像していたのですが、
思っていたより若くてびっくり。(って、同世代なのですが)
とっても目力のあるご主人と、妙に親近感を感じる奥様でした。

ご主人の過去の投資経験やチャレンジ精神は、
伺っていて、本当に刺激になりましたし、勉強になりました。
変な例えですが、証券会社でいうと「ディーラー向き」のタイプ。
状況判断と意思決定が早く、前進するタイプの方でした。

奥様の方は、「私がこんな奥さんが欲しい」と思うような、
しっかりした方で、ご主人のチャレンジ精神を伸ばしつつ、
締めるところはしっかり締めるタイプの方とお見受けしました。
・・・はい。親近感は感じても、私とは全然違うタイプ(汗)。

お2人から、最近の地銀の融資姿勢を伺ったり、
不動産の話から株の話まで、沢山お喋りしてきました。
あ、はい。喋っていたのは、主に私(汗)。
うう・・・聞き上手への道程は遠い~(涙)。。。

今回は、私の実家の近くまで出向いていただいたので、
ウチの1軒目のアパートを見ていただこうとも思っていたのですが、
(私が)喋りすぎて、あっという間に時間がなくなり(汗)、
今回は、お土産だけ頂いて(汗)、帰ってきてしまいました。。。
・・・あれでよかったのか・・・全然自信がありませんが。。。
すみませんでしたー(汗)。
これに懲りずに今後ともよろしくお願いしますー。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/05/09

帰省-芝の手入れ編

帰省して、早速、アパートの様子を点検してきました。

私達は、「今年のGWに芝生をやり直そう」と
意気込んでいたのですが、実際に見てみると、
思っていたより、根付いています。
どうも、入居者がほとんど芝生を踏まないおかげで、
育ったらしいのです。

もちろん、一部、やり直した方がよさそうな部分もありましたが、
今、芝の上を刈ることで、横に広がっていくらしく、
芝の植え替えではなく、芝刈りをすることになりました。

ゴルビー父は、電動芝刈り機を推したのですが、
日常の手入れをしてくれている母が気軽に使えるもの・・・
ということで、軽くて手動(押すだけ)の芝刈り機を約1万円で購入。

早速、ダンナが試し刈り。
電動より往復回数は多いものの、思いの他、綺麗に刈れます。
問題は一部、隣から伸びてきた「どくだみ草」。
去年、防草シートをかぶせていたのですが、
今回はそれ以外のところまで広がっていました。
・・・うーん、マメに採るしかないのでしょーか???
今後の課題が一つ増えました。。。

そして・・・去年、丸刈りにしたはずの立ち木も、
既に、ボーボー状態(苦笑)。
仕方なく、今年も丸刈りにしたのですが、
ゴルビー父に、「毎年、あんなに刈っていたら、
かえって、生存のために、うっそうと茂るぞ」
と注意されてしまいました。とほほ。。。
植物の手入れって、中々難しいものですね。

それから、芝の手前に少し残した砂地に、ネコのふんが。。。
ここには、ネコが嫌がるという液体をまいてみましたが、
雨が降ったら流れてしまいそうです。
・・・これも、今後の課題。

とはいえ、母のおかげで、
アパートのあちこちに綺麗な花が咲き、
花がないところには、ウッドチップが敷かれ、
すっかり、雰囲気のよいアパートになっていました。
ホント、両親には感謝。感謝です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »