« 宮崎へ | トップページ | 沢さんの新刊 »

2006/07/24

ボリショイサーカスへ

週末、ボリショイサーカスへ行ってきました。
というのも、チビが宮崎駿監督のこのDVDが大好きで、
「パンダコとパンダ(本当は、「パンダ」「コパンダ」)のサーカス行くー」
と、あまりにうるさいので(笑)、仕方なく、サーカスを探したのです。

チケットは結構なお値段したのですが、
せっかく行くならと、アリーナ席にしてみました。
届いたチケットを見ると、なんと1列目です。ぎょー。

当日、チビにライオン柄のTシャツを着せた時に、
「ライオンもでるかな~?」などと余計なことを言ったせいで、
「ライオン?!やっぱり、怖いから行かない~」と大泣きされ、
「ライオンが来たら、ママがパンチするからね」となだめすかして(汗)、
無理やり連れて行きました(だってチケット高かったし・笑)。

会場へ行ってみると、1列目とは言っても、正面ではなかったし、
しかも、ショーの内容によっては、1列目では見辛いものも多く、
チビには、まだ、ワザの素晴らしさが解からなかったらしく、
楽しんでいたのは、私とダンナの方でした(笑)。

よくよく考えると、私も目の前でサーカスを見たのは初めて。
空中ブランコは、想像以上の迫力でしたし、
ロシアが体操やスケートなどが強いのも納得する華麗さでした。
しかも、あれだけの装置を出したり、片付けたりするショーなのに、
本当に手際がよく、驚かされました。

途中、ダンナがショーに招かれた時には、
ライオンと共演させられるとでも思ったのか、
チビは「パパが~」と大泣きして、後追いしてました(汗)。
ライオンと共演もなく、ちゃんと生きて戻ってきましたが(笑)。

チビはというと、2時間も暗い中で過ごすと、
眠い&飽きたでご機嫌ナナメ。
しかも、この後に、お友達とのスイミングスクールだったので、
「もー帰る。プール行く」と後半は半分叫んでました(汗)。

そのくせ、帰りは、「ライオンでなかったねー」とケロリとしてました。
「ママがライオンは怖いから、クマにしてくださいってお願いしたんだよ」
と、少々からかうと、「ふーん」と聞き流されました(苦笑)。

結局、彼にとっては、何時ものスイミングスクールと、
夜からの地元の夜祭りの方がずっとずっと楽しかった様子。。。
果たして、サーカスに行った記憶が残るのやら。。。とほほ。

全然、不動産ネタではありませんが、たまにはいいかな?と(笑)。

|

« 宮崎へ | トップページ | 沢さんの新刊 »

コメント

今から二十数年前、まだ厳しい社会主義下のモスクワでボリショイサーカスを見たことがあります。
空中ブランコで、下に張られたネットに頻繁に落下したのを覚えています。
良いものは外貨稼ぎに輸出され、国内でお目にかかれるのは2流、3流なのは商品のみならず、サービスもかと思いました。
今はそんなこともないんでしょうが(^^;

投稿: ターネック | 2006/07/24 18:05

ターネックさん
さすが~。本場でご覧になったんですね。
私、てっきり、同じ人が何度も出てきているんだと思っていたら、最後のご挨拶の時に、其々別の人が、其々のステージをされていたんだと知り、何でも合理的にしたがるのは、米国流なのかな?と、一人で苦笑したのでした(笑)。

ちなみに、空中ブランコは3回落下してました(笑)。
それでも、素晴らしかったです~。

投稿: 三田 | 2006/07/24 18:37

サーカスは、さすがに小学生にならないと良さはわからないでしょうね。

小学校のころ、見に行きたいと思っていた記憶があります。
結局行けませんでしたが・・・・・


ところで、先週発売された日経マネーで、藤巻氏の記事で、斬られ役で登場しました。(笑)
機会があったら読んで笑ってください。

投稿: ムサシ | 2006/07/24 19:23

ムサシさん
今日、見てきました。
面白かったら買おうと思ったのですが、いいように扱われていましたねー。
なんだか、私が悔しくなって買うのをやめちゃいました(笑)。

投稿: 三田 | 2006/07/24 21:43

まだ小さいと、暗くなって大きな音がした時にビクってなって大泣きしたり。
でも、動物が出てきた途端にステージに釘付けだったりしますよね。
まじかで見た動物のことと、パパが舞台に立った姿は
覚えてるかもしれませんね(^^)

ムサシさんが斬られ役になってるとは。。。
恐るべし、日経マネー。

投稿: ぺっぺ | 2006/07/24 22:28

ムサシ様とあろうものが「斬られ役」で終わってはいけませんよ。
次は、しっかりと勉強して、理論武装して、是非ともリベンジを果たしましょう!!
二刀流のムサシは、一度も負けることなく、天命をまっとうしたのですから。

フレー! フレー! ムサシ!

投稿: 一やじうま より声援! | 2006/07/25 00:18

三田さん、ぺっぺさん、一やじうま より声援!さん、

質問のメールに返答したら、対談形式になっていてびっくりしました。(笑)

過激な予想は個人の自由なのですが、個人向け国債がインフレに強いと断言する方ですので、ドラゴンボールのミスターサタンを思い浮かべてしまいました。(大笑)

投稿: ムサシ | 2006/07/25 09:21

ぺっぺさん、
ホントそんなカンジでした(笑)。
空中ブランコも、「すごい~」よりは、「落ちちゃうてば~」という怖さが先にたったみたいでした(笑)。
4歳の記憶・・・果たして何時まで残ってくれるものやら。。。

一やじうまさん
うーん、私が雑誌を買わなかったのは、藤森さんの理屈に反論したくなったせいなのです。
1990年代ならともかく、今、その理屈で押してくるのか?みたいな。
思考に柔軟性を持たせ、軌道修正すべきなのは藤森さんのような気が(笑)。

ムサシさん
>個人向け国債がインフレに強い
んー?変動金利だからってことなのでしょうか?
強いと言われる根拠がよく解かりません。。。
私は日本国債を買う気はナシナシですが~(汗)。

投稿: 三田 | 2006/07/25 09:49

サーカスのチケットいかほどなんでしょ。
気になって、気になって。

投稿: うっちゃん | 2006/07/25 23:06

うっちゃん、この価格です。
http://www.bolshoicircus.com/schedule/2006/plice/tokyo.html
正直者ですので(笑)、チビの分も買いました~。

投稿: 三田 | 2006/07/25 23:25

三田様
「日経マネー」見に行ってきました。
対談の内容以前に、編集のしかたがあまりに低俗なので、書店には申し訳ないのですが、立ち読みをして帰ってきました。

これでは闇討ちではないですか。
剣豪ムサシ殿でも斬られてしまう。
斬りかえそうにも、斬りかえしようがないですよね。(笑)

ムサシさんをはじめとする、知名度の高い三人の投資家から、アンケートの回答をもらい、それを材料にして、いかにも三人が藤巻氏と対談しているように見せかけた作文を記者が書いたもののようですね。

売れまくっている「藤巻氏」が、名の知れている3人の投資家を、バッタ、バッタとチャンバラのように斬っていく、「カッコイイ!」パフォーマンスを演じていくという記事に仕上げたというところでしょうか。

ところで、小生の独断と偏見で、各経済誌のレベルに点数をつければ・・・。

エコノミスト  70点
東洋経済 65点
ダイヤモンド 50点
そして、「日経マネー」は、30点というところですね。

上記三誌は、読んでいて「なるほど」というような役に立つ記事があるんですが、「日経マネー」は、はっきり言って、読んでいて退屈であくびがでてきます。
タテマエを書いた記事ばかりですから。

「日経マネー」の悪口を書きすぎて、三田さんのブログの格をさげてしまったら、「ごめんなさい」。

投稿: 一やじうま | 2006/07/26 00:07

サーカス楽しそうですね~♪
私も子供のためにゴールデンウイーク上野動物園に
行って、大混雑で子供に混んでるから
「面白くない、帰る!!」と言われました~
親の思い子知らず、よく分かります(T_T) ウルウル
日経マネー読んでみますね

チビちゃんスイミング行ってるんですか
家の子も行ってます、(^▽^笑)
水泳は体にいいですよね、おかげでおねいちゃんは
風邪知らずで丈夫です(^▽^笑)


健康一番~~♪

投稿: ドキンちゃん | 2006/07/26 03:05

一やじうまさま
あはは。私も今回のマネーは立ち読みで終わりました。
で、今週の東洋経済を買って、トヨタ特集を読みました。
トヨタには、是非、足元を見直して、世界のトヨタであり続けて欲しいと思いました。
>三田さんのブログの格をさげてしまったら
・・・そんなお気遣いは無用です。
元々、そんな格のあるブログではありませんので(汗)。

ドキンちゃん
GWの上野動物園は大変でしょうね。。。
ただの週末でもすごい人なので。
ウチのチビは、まだ小さいからか、檻の中の動物を眺めるより、荒川遊園のふれあい動物コーナーの方が気に入ったようでした。(遠いけど)

チビのスイミングは今月からです。
以前は、お風呂で顔を洗うだけで、大騒ぎでしたが、保育園のお友達と一緒なので、嫌がらずに通ってくれています。
いつか、一緒にダイビングに行きたいので、頑張ってもらわないと(笑)。

投稿: 三田 | 2006/07/26 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボリショイサーカスへ:

« 宮崎へ | トップページ | 沢さんの新刊 »