« 株主気分、実体験 | トップページ | やわらか頭で »

2006/08/01

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる

Book00167_1株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる

中原 圭介 著

アマゾンの中をブラブラしていて、
評判が頗るいいので読んでみました。
株をやってある方なら、
読んでみて損はない一冊だと思います。

世の中には、相当な数の株本がでていますが、
その多くが、
自分が成功した少し前の相場で通用した手法や、
具体的銘柄が書いてあるだけで、手法として応用し、
自分で投資先を探すのには全く参考にならない本ばかりです。

中原さんの本は、相場を上昇、ボックス、下降に分け、
それぞれの時期にとるべき手法と、銘柄の探し方を解説し、
その上で、外国人投資家達がどういう思考で投資しているのか、
とてもわかりやすく書かれていて、いちいち納得しました(笑)。

特に、「おお!」と驚いたのが、
円高局面では、外国人は、為替差益もとれるため、
利益確定のために売ってきやすいという部分でした。
為替を見てみると、
Ha3m1
(円/ドル日足3Mチャート 出所:YOMIURI ONLINE)
5月から、6月にかけて円高になっているのが分かります。

この時期の株を見ると・・・
Ha3m2
(TOPIX日足3Mチャート 出所:YOMIURI ONLINE)
同じ時期に、右肩下がりにぐぐっと下がっています。

実際、月ベースでみると、この2ケ月、外人は売り越しています。
投資主体別売買動向
(月間の外国人の5月と6月の数字を参照)

もちろん、これまでの買い越しから見ると、金額は多くありませんし、
常に為替と連動している訳じゃないのは、見て頂いた通りですが、
円高傾向で、日々外国人が売り越ししている場合には、
注意しておく必要があるんだなーと、データを検証してみて思いました。

このところ、株の取引はノンポジでお休みモードなのですが、
こういう本に出会え、気付かなかったこと、新しい知識を得られるのが
私はとても楽しいです。

中原さんのブログも中々勉強になりますので、お勧めです。

|

« 株主気分、実体験 | トップページ | やわらか頭で »

コメント

面白そうな本ですね。

実は、今が上昇・下降・ボックスのどの相場なのかを判断するのが一番難しいのですが・・・・(笑)

バブルの頃は、円高・原油安・金利安をトリプルメリットと言って株高要因としていましたが、円高=株安というのは、逆なんですね。
どうなんでしょう?
外国人は、ドルベースの日経平均を重視するという傾向もありますが・・・・・

投稿: ムサシ | 2006/08/01 15:26

ムサシさん、
中原さんのブログによると、ボックス圏の可能性を考えてあるようです。

>円高・原油安・金利安をトリプルメリット
円高というのは、何時と比較するかで全然違ってきますよね。今は一時より円高ですが、私の円高イメージは100円以下かもしれません(笑)。
うーん、最近はオイルマネーの恩恵も大きいので、原油安は日本株では下落方向に影響しそうですね。
金利は・・・バブル時に比べると超安でしょうね。
やはり、その時々の情勢で何がメリット・デメリットになるかは変化していくものなんでしょうね。


投稿: 三田 | 2006/08/01 15:56

昨日はブログへのコメントありがとうございました。メルマガは準備段階です。近いうちにブログ上でお知らせできると思います。宜しくお願いいたします。

投稿: nakahara | 2006/08/01 21:20

お礼を忘れました。私の本をご紹介くださりありがとうございました。

投稿: nakahara | 2006/08/01 21:22

株や為替、それぞれ単体でも、まだまだ奥が深くって四苦八苦状態です。。。(涙)
読むべき本はたくさん紹介していただいて感謝です(^^)

投稿: ぺっぺ | 2006/08/01 21:51

ぎょー。ご本人にコメント頂けるとは光栄です(汗)。
中原さんのブログも、先日、最初から全部拝見しました。
とても勉強になりますので、更新を楽しみにしております。
今後のご活躍を楽しみにしております。

投稿: 三田 | 2006/08/01 21:52

ぺっぺさん
入れ違いになりました。
そうですねー。経済は私にとっても奥が深い世界です。
ただ、生きていく限り、そういう世界を見定める色々な視点を身につける必要があるだろうと思うのです。
お金が全てではありませんが、お金の色々な面を知らないことがリスクにもなるのかな?と。
そういう意味で、株式投資は、経済をぐぐっと身近に引寄せられる、いい教材になる気がしています。

投稿: 三田 | 2006/08/01 21:58

>世の中には、相当な数の株本がでていますが、
その多くが、自分が成功した少し前の相場で通用した手法や、具体的銘柄が書いてあるだけで、手法として応用し、自分で投資先を探すのには全く参考にならない本ばかりです。
おっしゃるとおり!
というわけで、俄然読みたくなりました。

みたさんの勉強意欲は本当にすごいですね。
私は現在もそこそこポジションがあるので、どうしても相場に感情が入りがちなのですが、立ち止まって考えを整理することはとても大事だと痛感しています。
いつも、とても良いヒントを与えてくださり、ありがとうございます!!

投稿: 撫子 | 2006/08/02 00:05

おはよーさんです。

いま、BOXでそこそこ、やすいですが w

おいら下かなと

外資売り方向です、損ギリ、リカクとも。

投稿: ドンガバチョ | 2006/08/02 08:39

撫子さんのように、外資にいらっしゃった方なら、「あ、わかる。わかる。」ということがでてくるのかもしれません。
それでも、ヒントは沢山あると思いますので、お時間のある時に読んでみてください。

ドンガバチョさん
おはよーございます。
私も一時は下かな?と思っていたのですが、チャートや場の動きを見ていると、完全な下方向なカンジがしないのです。
この本の中に、米系はトレンド重視だけれど、外資全体で見るとシェアは3割ほど。
欧州系はファンダメンタル重視で、オイルマネーも含み5割のシェアだとか。
そう考えると、二極化しつつも、今回の四半期決算を見て、欧州系は「売り売り」モードではないのかな?なんて考えて見ています。

投稿: 三田 | 2006/08/02 10:06

仕手株でしっかり儲ける投資術
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4534039611/249-3279568-5265962?v=glance&n=465392
の方は読まれたのでしょうか?

仕手株で100万から7000万円って凄いと思いますが・・・・
仕手株は損している人の方が多いような気がします。

投稿: ムサシ | 2006/08/02 10:32

この本は、買うかどうか迷って、まずは、新刊を読んでみたのです。
でも、こっちも買ってみます。
この方の本は題名から受ける印象と中身が随分違う気がするので。
仕手株には抵抗があるのですが、内容は楽しみです♪

投稿: 三田 | 2006/08/02 18:34

横レスすみません。
>仕手株は損している人の方が多い

特をする側の大半がプロだろうから、
素人の大半が損をするのは、
ゼロサムゲームなので
当たり前ですよね。

投稿: 飛入り | 2006/08/03 12:44

飛入りさん
コメントありがとうございます。
ムサシさんのコメントの主旨は、「素人の大半が損をするのは当たり前」な仕手株を紹介する本を書いているのはいかがなものか?ということなのかな?と思います。

特に、私が仕手株嫌い(株デビューが父に薦められた仕手株だったので)なのを知ってのコメントなのです。

でも、多分、中里さんの本は、普通の仕手株本とは違うような予感がしています。
アマゾンから、そろそろ届くはずなのですが。。。

投稿: 三田 | 2006/08/03 14:31

私はポジションがあるので
どうしても上になってほしいと言う
希望が先に立ってしまいますね

景気悪くなれば、金利下がるのかな~
それはうれしいことなのだけれども。。。。
気分は微妙です
中立で見れるようにしたいと思います

ジムロジャーズの無料講演会、申し込んだので
当たれば見に行ってきます
当たればいいな~


投稿: ドキンちゃん | 2006/08/03 23:03

あ、三田さん、考えすぎです。(笑)
飛入りさんのように、個人は損をすることが多い仕手株で資産を築いたというのは凄いなぁというだけです。

それと、他人の資産運用のアドバイスする立場のファイナンシャルプランナーの方が、仕手株の本書くっていうのも大胆でいいですね。

投稿: ムサシ | 2006/08/04 00:57

三田さん、この方の本3冊すべて購入しました。

仕手株、儲かるときは大好きでしたが、儲かりませんので最近嫌いです。

仕手株オンリーでは、だめだということでしょう。勉強になりました・・・ふぅ。

投稿: ガンタロウ | 2006/08/04 01:09

ドキンちゃん
そうですねー。私も去年のようにどんどん上がる相場になってくれたら、もっと積極的な投資スタンスに変えるのですが。。。
ジムさんの無料講演会ってあるんですねー。行けたら感想を聞かせてください。

ムサシさん、私の深読みでしたか(笑)。
外資系金融機関出身のFPで、新刊のようなスタンスで本を書かれているだけでも、かなり珍しいと思いました。
多分、ムサシさんが考えてあるより、本の内容は堅いですよー。

ガンタロウ先生
新刊で触れられていた範囲で考えても、この方の仕手株を見る視点なら、カモにはされにくいと思います。
提灯がつく前に察知する能力がつけば、面白いのかもしれません(笑)。

投稿: 三田 | 2006/08/04 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/11178294

この記事へのトラックバック一覧です: 株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる:

« 株主気分、実体験 | トップページ | やわらか頭で »