« 高層マンションのメンテナンス | トップページ | きました!台風の被害 »

2006/09/15

日本一不動産を買い続ける男

先日、株の師匠のところへお邪魔した時に、
「この本、読んでおくといいよ」と貸してもらった一冊です。
(書棚にある師匠の読み終わった本は何時も借り放題なので)

Book00168日本一不動産を買い続ける男

須田 忠雄 著

著者の須田さんといえば、
(株)やすらぎの社長さん。
確か、最初の著書は読んだなあ
と思って読み始めたのですが、
改めて、頭をガツンとやられました(汗)。

>土地は所有するだけでは無価値なのです。
>この立地で何をしたら土地が生きるのかを考えて、
>正解を出す人でないと、単なる所有者になってしまいます。
>(中略)
>初めに事業ありき、です。
>事業の構想がまずあって、そのために不動産を探す、
>という態度でないと、本当によい不動産を探し出し、
>活用することはできません。

・・・本当にそうなんですよね。
私、収益不動産を買ったつもりでいたのに、
心の底に、「土地がついてるから安心」とか、
「不動産は保有することに価値がある」と、慢心があったかも?と
今更ながら気付かされ、反省しました(汗)。

今後、住居系であれ、商業系であれ、
利用価値がない不動産は下がり続ける可能性が高いこと、
そして、金利上昇局面では、
金利上昇を吸収できるだけの賃料上昇を狙えないものは、
結局、住居系・商業系に関わらず、価格が下がること。。。

chobbyさんドンガバチョさんのブログで話題になっていた、
「売る」・・・という二文字が、再度、重くのしかかってきました(汗)。
「売るなら今なんだろうな」、
「でも、短期譲渡で課税されるし、家賃収入がなくなるのはなー」
「まとまった資金が戻ってきても、次に活かせないと意味がない」
この葛藤の答えは、まだ見えてきそうにありませんが。。。


また、この本の後半で語られている相続の問題。
つくづく、専門家の知恵を借りて、早め早めに準備しないといけないし、
仮に、不動産を子供に引き継ぐのであれば、
子供にも、それなりの教育をしておかなければ、
不動産にまつわる種々のことを、
子供自身が、プロに相談することもできないんだなと改めて思いました。
(さすがに4歳では無理ですが。。。)

ちなみに、須田社長の事業の小さい版がうっちゃんが取組んである、
「中古戸建て、再婚への道」シリーズとかぶってるんですよね。
うーん、うっちゃんはやっぱり、さすがです。

この本、自分の立ち位置を見直すきっかけになる一冊です。
興味のある方は、読んでみられることをお勧めします。

|

« 高層マンションのメンテナンス | トップページ | きました!台風の被害 »

コメント

まだはじめられたばかり、お売りになることないですよー。

もう少し、おいしくいただきましょねーね、御家賃www。

そう儲かる投資 ほかであるわけでもなしです。


投稿: ドンガバチョ | 2006/09/15 11:11

ドンガバチョさま
そう言って頂けると、ちょっとホッとしています(笑)。
>そう儲かる投資 ほかであるわけでもなしです。
そうなんですよね。。。
やっぱり、そこが一番の課題です。

投稿: 三田 | 2006/09/15 16:59

不動産の教育は、そんなに早くからしなくてもいいのではないでしょうか?
三田さん自身も、2、3年でこれだけの知識を取得したのでは?

また、キャッシュフローがプラスで融資残高がどんどん減っていって、さらに地価も上がっているなら利益はどんどん増殖中。
売るタイミングはじっくりと。(笑)

投稿: ムサシ | 2006/09/15 18:12

あ、ムサシさん
不動産の教育に限定するということではありません。
うーん、結局は、父が私にしていたように、ものごとを額面通り読まない視点を教えることから始まるのかもしれませんが。。。

不動産の売りタイミングは、株以上に難しいですねー。

投稿: 三田 | 2006/09/15 18:18

>「中古戸建て、再婚への道」シリーズ
ワイド劇場みたいにシリーズ化ですね。了解!
三田さんに誉めていただけるなんて、うふうふ。

早速読んでみますね。
確か、沢さんが須田社長と知り合いだったのでは。
以前「紹介しよっか~」なんて冗談ぽく言ってましたよ。会わせてもらいましょうか?三田さん!

投稿: うっちゃん | 2006/09/15 20:58

うっちゃん
そーなんですよー。
沢さん、対談されてるんですよねー。
会いに連れてってもらいましょっかー?(笑)

投稿: 三田 | 2006/09/15 22:16

はじめまして。以前よりブログを拝見しておりました。
私も4歳の子供(娘)がおり、三田さん同様に、この子に相続する物件に関して何か言い伝えなければ、将来『猫に小判』になると思っております。
さすがに今の時点では無理としても今後どのように伝えればと思っています。

投稿: ゆんげ | 2006/09/17 12:56

ゆんげさま
はじめまして。
コメントありがとうございます。
ゆんげさまのところも4歳ですかー。かわいいのでしょうね。
最近、理由を説明して反論されることがあり、叱るべき所で時々笑ってしまいます。女の子だと、もっと口がたつのでしょうね。

>将来『猫に小判』になる
買うために物件を探している時に、まさに、相続の持分でもめた家族などの話を聞くこともあり、私もつくづく子供へ色々教えておきたいと思っています。
子供自身が自分の好奇心から知識を身につけることも大事ではありますが、不動産を引き継ぐのであれば、維持・管理して活用するための知識が直ぐに必要になると思いますので。

今は、時々、子供の欲しがる様々なものを「どうして買ったのか」、「どうして買わないと判断したのか」を説明だけしてみているところです。

投稿: 三田 | 2006/09/17 17:39

沢さんと須田社長の対談CDは確か、いつぞやのセミナー失敗の時にお詫びの印でもらったやつを何度も何度も聞きました。
たしかに、収益を生まない土地ならマイナスだからただでもいいからくれてしまえというフレーズが印象的でしたね。

う、ぐさ。あるんだなあ、それ。

投稿: おざわ | 2006/09/17 17:41

おざわさん

私もあのCD持っているんですが、まだ、聞いてませんでした~(今頃思い出してる~)!
一回聞いてみなくちゃ!

結局のところ、地方の土地の活用方法は、うっちゃん方式がよさそうでした。
要は、着眼点と行動力の勝負とうことなのかもしれませんね。。。

投稿: 三田 | 2006/09/18 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/11866313

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一不動産を買い続ける男:

« 高層マンションのメンテナンス | トップページ | きました!台風の被害 »