« お宝不動産合宿 | トップページ | 質問力 »

2006/12/14

親の役割

今日は、本の紹介をしようと思っていたのですが、
毎週木曜日に更新される、私が尊敬している宋さんが、
熱心なほど、教育に失敗する
(今日中なら会員登録ナシで読めます)
と題したコラムを書かれていて、急遽変更(笑)。

私も、自分が育児をするようになって、
子供の教育や育つ環境について、より身近な問題として
考えさせられる機会が増えています。

宋さんのコラムの中で、うまい例えだなーと感心したのが、
相手にいくら愛情を注いでも、片思いなら、
その愛情が相手に届かないこともあると例えた上で、
以下のように続いています。
>ただならぬ情熱とエネルギーを注ぎ込んでも、
>教育に失敗することはあります。
>主観的な愛情に自信を持つあまり、
>教育の客観性を忘れた結果です。

ここで書かれている「教育の客観性」というものには、
様々な解釈があると思われますが、
子供が進みたい道とは違う学校へ入れたり、
子供自身に学ぶ楽しさを教えないまま詰め込んだり、
子供の意思とは別に親の見得のために進学させたり・・・
ということなのかな?と私は思いました。

こと、「親の愛情」と、取り上げられると、
「注げば注ぐだけ、子供によい影響がある」と考えがちですが、
恋愛を例に考えれば、子供に届かない愛情だってあるというのが
現実なのかもしれないと、妙に納得してしまいました。

また、
>子供により良い教育を受けさせようと必死になっている親たちは、
>自分の生き方と日々の生活を軽視している傾向があります。
こういう親は、私が子供の頃からいらっしゃいました~(汗)。
子供の人生を、まるで自分の人生であるかのように、
同時進行で生きているお母さん。。。
自分の存在価値を、子供を通して主張するカンジのママ。
子供には子供の人格があり、付属物ではないのに。。。
と思うことがありました。


私が育児をしていく上で、忘れないようにしようと思っていることが、
「子供の人生に寄りかからず、私は私の人生を生きよう。」
ということです。

これを忘れないように、
チビが産まれる頃に、ある本に載っていた詩を壁に貼っています。


 あなたの子供は、あなたの子供でなはい
 
 子供たちは生命自身の力から
      生まれた息子たちや娘たちである
 子供たちはあなたを通って出てくるが
      あなたから出てくるのではない
 子供たちはあなたとともに存在するが
      あなたに属しているのではない

 あなたは弓であり、子供は生きた矢として
 そこから前に飛び出していくのだ

 ハリール・ジブラーン(レバノンの詩人)


きっと、私も教育に熱心にはなると思うのですが(汗)、
それでも、子供の人生は子供自身のものであると、
いつも忘れないようにしていきたいと、
改めて考えさせられました。

|

« お宝不動産合宿 | トップページ | 質問力 »

コメント

解っていて、一番解りにくい事ですね。

子供の為にと思ってやった事も、ホントに子供の為?
自分がそう思っているだけじゃないん?
て思うことが、たまにあります。

親も子育てのエキスパートじゃないんだから、
子供と一緒に成長していかなければなりませんね。

投稿: ひーこ | 2006/12/14 12:57

長男が受験勉強中なのですが、現在は、難関中学に合格する人の親はほぼ例外なく物凄く教育熱心です。

逆説的なタイトルの方が受けるのでこういうタイトルなんでしょうが、ケースバイケースなんでしょうね。

投稿: ムサシ | 2006/12/14 13:17

いつも、三田さんのブログを楽しみに読ませていただいています。
知らずにいる本や考え方と出会う機会を与えてくださる事に感謝しています。

今日、ご紹介頂いた考え方、詩に心を打たれました。

これは深い。  謙虚に、よーく噛みしめようと思いました。
 
ご紹介頂き、ありがとうございました。

投稿: 見つめる瞳 | 2006/12/14 13:39

ひーこさん
本当にその通りですね。
私も反省することしきりです。

今は、ダンナの接し方を見ていると、育った環境が垣間見え、
「家庭の教育方針って、こんなに違うんだなー」と
思うことが沢山あり、しかも、小さい頃に教わったことって、
価値観として強固に残っているので、
お金とのつきあい方も含めて、自立できる子に育てたいと、
日々考えております。

ムサシさん
本当は今日紹介しようとしていた本を読んでみて、
色々考えさせられています。
・子供にどういう人生を歩んで欲しいのか
・そのためにすべきことはなにか
・選択の結果、起こると予想されることは何か
・今後、子供がやっていくべきことは何か
・そのサポートとして親は何をすべきか
こういう問いに対して、複数の答えを考え、
よくよく検証してみたいと私は思っています。

難関中学に行かせることが、単純に、
自分の子供の未来を明るくすると信じて、
子供の意思を無視し、合格したら勝ち組だと言い聞かせ、
そういう愛情や教育熱心な自分の姿に酔っている親だと問題だと、
宋さんは書かれているのだと私は理解しています。

投稿: 三田 | 2006/12/14 13:41

見つめる瞳さん
嬉しいコメントをありがとうございます。
宋さんのコラムは何時も深く、考えさせられます。
ちょっと面倒ではありますが、登録は無料なので、
お時間のある時に、過去のコラムもご覧下さい。

私は、日本を客観的に見た視点に、沢山の学びがあり、
驚かされたり、唸ってみたりしています(笑)。

見つめる瞳さんは、日本を離れてある分、
私より理解が深いのでは?と思います。
是非、ご覧になってみてください。

投稿: 三田 | 2006/12/14 13:53

私にはとてもそんな情熱ありません(笑)
長男(中一)と向かい合っているとつくづくそう思います。
(部活に夢中なのです)
最近では中卒で働いたら?とまで言っている母です。(確かに職人向きかもしれないです)

それで本人が後悔するなら、やり直せばいいと思ってます(笑)
その時は応援するつもりです。

最近は学歴にこだわらなくなった一母です(笑)

投稿: なおぱお | 2006/12/14 18:21

なおぱおさん
宋さんのコラムを読んでいても、
他の教育書を幾つか読んでいても、考えさせられるのが、
平均的な教育を受け、試験技術を身につけて、
優秀と言われる大学まで進学させることが、
一概に、自分の力で生き抜ける大人になるとは限らないし、
変化に対応し続けることができるとは限らないと思うのです。

私は多分、教育ママになるとは思いますが、
学歴というブランドを手にすることを目的にさせるのではなく、
生きている限り、新しい知識を吸収することが楽しいと思え、
自分を変化させ、前進できる力を持たせるために学ばせたいと
思っています。

>それで本人が後悔するなら、やり直せばいいと思ってます(笑)
これって、宗さんのコラムの最初に書かれている思考と似てますね。
 >子供を成長させるのは親の情熱というよりは、
 >その子にとっての成長する条件や場なのです。
 >親がいくら熱心になっても、子供にとって感ずる体験がなければ、
 >親の努力などは水泡にきしてしまうのです。
 >逆に、親が何もしなくても、子供がどこかで感ずることができれば、
 >親の知らぬところで子供は成長していくものなのです。

投稿: 三田 | 2006/12/14 22:13

三田さん、素敵な詩ですね。
私自身が好きにしてきたように、
子供も自由に羽ばたいていくんですよね。

子供が自分の道を見つけやすいように、
子供が自分の可能性を信じられるように、
子供が自分で生きる力と術を持てるように、
サポートしていければいいな、と思います。

でも、成績とか見せつけられると焦るのかも(笑)
私も「子供は預かりもの」だと忘れずにいたいです♪

投稿: zuboo | 2006/12/15 06:46

>子供の人生に寄りかからず、私は私の人生を生きよう。>

うちの愚妻は今全くこの状態で、私と息子達は困っています(^^;

ハリール・ジブラーンの詩、良いですね!

私は子育てに全く自信ありませんが、正面から取組んではいるので、そう間違った結果にはならないでしょう(^^;

投稿: ターネック | 2006/12/15 09:17

最近学校などで盛んに言われてる言葉に「生きる力」というのがありますが、
人間にとって必要な力だと思います。
今、うちの長男も受験を意識して自宅で勉強中ですが、子どもを教える。。。
というか人に物事を教え、伝えることの難しさを感じ、親も一緒に学んでます(^^;)
受験の選択について話し、長男が決めましたが、みんながみんな受験を
するわけではないので、受験をすることで失うものもあるかもしれませんし、
もしかしたら、それ以上に得るものが多いかもしれません。
教育は勉強云々だけではなく、親子で常に向き合い、話し合っていくことが
必要なんじゃないかと思ってます。

投稿: ぺっぺ | 2006/12/15 09:35

zubooさん
仰るとおりですね。
子供達が、自分達の意思を自覚して前進できることが一番の幸せなのかもと思います。
私自身を振り返ると、新しい知識を得たり、考える授業のは好きだったのですが、記憶力勝負の勉強は苦手でした。でも、例え使わない知識が多いとしても、やっぱり勉強しておいて良かったと思っています。
私、受験に関しては、和田さん式に、要領よく覚えて合格し、余力を他のことに使える位、割り切った勉強法を子供に教えてみようかな?と思ったりしています。
http://nimbles.cocolog-nifty.com/brightfuture/2005/07/1110_9889.html

ターネックさま
この詩、読めば読むほど深くって、色々悩む時に、初心に戻してくれています。
>正面から取組んではいるので
私も子供と正面から取組んでいると言える親でありたいと、心から思っています。

ぺっぺさん
本当に人に教えるのは、容易なことではありませんよね。
特に親子の場合は、感情が先にたつこともありますし。
ぺっぺさんのコメントを拝見すると、
ご両親が息子さんに向き合う姿勢がとても素敵だと思いました。
私も、多分、中学受験を子供に勧めるとは思うのですが、
どうして私が私立に進学した方がいいと思ったのかを、
きちんと説明できるようにしておこうと思っています。

投稿: 三田 | 2006/12/15 11:20

新しく投資専門のブログランキングはオープンいたしました。オープンしたばかりですので、ランキング上位も狙えます。是非、ご登録いただけますようお願いいたします! http://www.kabuoon.com/ranking/

投稿: kabuoonブログランキング | 2006/12/17 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親の役割:

« お宝不動産合宿 | トップページ | 質問力 »