« 親の役割 | トップページ | 質問力2 »

2006/12/17

質問力

Book00182質問力
論理的に「考える」ためのトレーニング

飯久保 廣嗣 著
日経ビジネス人文庫

こんなに薄い文庫本の中に、
沢山の気付きがありました。

この本の初めに書かれているのですが、
私は、まさしく、人に話を聞く、インタビュー術を磨くヒントになるかな?
と手にした本だったのですが、
こちら側がよりよい選択をするべく、
相手から、より多くの情報を得るための技術を身につけるための
解説書でした。

この本に沿って、今の不動産投資の現状を見てみると、
数年前までは、沢さんなどの実践例を「学び」「真似する」時期で、
その後、物件を手にした後、空室解消の術も、
浦田さんなどの実践例から「学び」「真似する」時期でした。

そして、今。
今後の資産運用をどうするか、収入の道を別に設けるべきか、
「学ぶ」時期ではなく、自分で「考える」べき時期に入っている。
だからこそ、次のステップに動き始めた人もいれば、
「学ぶ」時期は終わったことに気付けず、悩む人もいる。
・・・こういうことなのかもしれないと思ったのでした。

日本人は、戦後の発展の時期を見ても、
「学び」「真似する」ことには、非常に長けているけれども、
いざ、その前方を走り始めた時に、思考を切り替え、
先頭を走り続ける戦略を考えることが非常に苦手だと、
著者は分析してあります。うーん、なんか分かる。

現在も、これから先も変化の激しい時代ですので、
>原因の不明確な問題、まったく新しい事態、
>予測できない未来を、論理的な思考技術に基づいて
>しっかり分析しなければならないでしょう。
と、「質問力」の技術を身につける重要性を説いてあります。


では、「質問力」とは何かを不動産を例に紹介すると。。。

空室が3割ほどある賃貸物件を持つオーナーが、
客付け担当者に電話します。
「ちっとも空室が埋まらないじゃないか。どうなってるんだ?」
「こちらも頑張ってるんですけど、今はどこも空室が多くて」
「何か問題があるなら、とりあえず、言ってくれよ。」
「問題と言われてもですね。。。」
これは、質問の形をとっていても、質問になってない状態。
(でも、こういう人って、結構いますよね)

では、同様の問題を抱えた別のオーナーはこんなカンジ。
「ちっとも空室が埋まらないけど、何が問題だと思う?」
「この時期は、人の移動が少ないんですよ。」
「といっても、ゼロじゃないんだろ?設備の問題かな?」
「うーん。設備だと、最近はセキュリティ関連ですね」
「そうらしいな。じゃあ、TVインターフォンでもつけるか」
「いいですね。女性の受けがいいですよ。」
「ところで、東京ルールの影響はどうなんだい?」
「最近は、どうせトラブルになるならと、敷金ゼロの物件が
 増えていますね」
「なるほどね。
 じゃあ、ウチもこの時期は敷金ゼロでやってみるか」
「それは助かります。」
こういうのは『暗算思考』や『二者択一思考』から出る質問らしく、
意見交換ができているように見えて、
実際には、空室の問題点が明らかになってなく、
空室解消に結びつきにくい・・・ココ、分かりますか?
私は、この本の続きを読むまで、この解説の意図が、
最初はよく理解できなかったのでした。

これに対する理にかなった質問は、
この本を読んで頂いて、ご自身で考えてみて下さい。
私の考えた質問が果たして正解に近づいたかは、
今のところ、心もとないので(笑)。


長くなってしまったので、
この本を読んで気付いたことの続きは、また次回に。

|

« 親の役割 | トップページ | 質問力2 »

コメント

次回、いい質問をまってますねぇ。。。

投稿: フリーパパ | 2006/12/18 10:23

ぎくっ。。。
フリーパパ様のところへ伺うと、余計な質問ばかりして、
帰り道に毎回反省しているのでありました。(マジです)

この本を読んでみて、
自分の頭をギリギリとねじられたようなショックを受けました(汗)。
しかも、これ価値観ではなく、身につけるべき技術だと書かれていて。

来年は、この本に沿って、
質問力を大幅にUPする予定です。ご期待下さい。多分(笑)。

投稿: 三田 | 2006/12/18 11:29

三田さんの質問、独特に視点からされるのでそれはそれでユニークでいいのではないかと・・・・・

印象に残っているのは、タニアさんに好きな女性のタイプの質問をしたとき、まず最初に聞いたのが、
「おしゃべりな女性とおしゃべりじゃない女性とどっちがいい?」
という予想外の質問をしたことです。

ところで、質問力UPしたマシンガントークの三田さんって・・・・
ちょっと怖いかも・・・・(笑)

投稿: ムサシ | 2006/12/18 12:19

ムサシさん。。。

そんな質問が印象に残ってる私って、いったい。。。(汗)

この本を手にしたのは、長年のテーマ「聞き上手」力UPのためだったのですが、どうも主旨が違ってました(汗)。
でも!非常に勉強になる一冊でした。

来年は、質問力UPしつつ、聞き上手を目指します。多分(笑)。


投稿: 三田 | 2006/12/18 12:30

『暗算思考』や『二者択一思考』と言われる質問、やってしまってました。。。(汗)
人に質問をして、情報を聞き出すには、まず自分がそれなりの知識を持つことが大事かと思って読書にいそしんでます。

まだ2回しかお会いしてませんが、三田さんのマシンガントークは楽しくって気づきや発見が多くていいですね。
聞き手に回ってる三田さんは想像出来ないです(^^)

投稿: ぺっぺ | 2006/12/19 20:10

うっ。。。
ぺっぺさん、だから~。目標:聞き上手!なのにぃ。。。

>情報を聞き出すには、まず自分がそれなりの知識を持つことが大事
私もそう思っていたのですが、
この本によると、そうでもないようなのです。
そこのトコを書くつもりで、続き・・・と思ってたのですが、師走で何しろ忙しくて。。。
とほほ。

投稿: 三田 | 2006/12/19 22:38

全国の三田さんファンを代表して、自称三田さんファンクラブ会長から三田さんに質問でーす。

「三田さんの美しさの秘密は?」

んー。なってませんね。こんな質問のしかたでは。

「質問力」の本をしっかり読んで、次回はもっといい質問をしますね。(笑)


投稿: 自称三田さんファンクラブ会長 | 2006/12/20 23:16

ええ?!そんなクラブがあったんですか?
って、会長が誰なのかも知らないクラブ。。。寂しい(笑)

うう・・・でも、こんな、すっかりイイ歳になって、こんな風に励まされるとチョー嬉しいです(笑)。ありがとうございます♪

・・・でもー、質問力的には、まだまだですね(キビシー)。
本を読んで、もう1回TRY!(冗談です)。

投稿: 三田 | 2006/12/20 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/13105037

この記事へのトラックバック一覧です: 質問力:

« 親の役割 | トップページ | 質問力2 »