« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/26

見積りが上がってきました

昨日、リフォーム見積りとサンプルが届きました。

・天井の貼り替え      約10万円
・クロスの貼り替え     約 3.4万円
・玄関シート張替え     約 3万円
・キッチン床CF張替え  約 3.5万円
・畳表替え          約 2万円
・洗面台取替え       約 7.5万円
・キッチンボード張替え   約 4.6万円
・その他工事         約 3万円
・美装工事          約 3万円
・廃材処分          約 1万円
・床養生費他         約 1.4万円
 合計              42.4万円

この時点で、約40万円超え・・・。
他にも細々とした提案がありましたが、この辺が限界です。
しかも、管理会社に言われたモデルルーム風に仕上げるには、
カーテンや小物をそろえる必要があります。
ふ~、キッチン取替えと、フローリングへの道程は遠い。。。

さあ、この数字をどう節約するのか。。。
まずは、洗面台。
本体だけで、約5万7千円でしたので、まずはこれを何とかしよう!
ぺっぺさんからのヒントもあり、近くのホームセンターに行ってみると、
定価5万円台の商品が2万円前後から置かれています。
設置工事などを見ると、2万5千円位。(福岡は2万円弱)
おお!これなら結構節約になるじゃん!

参考の為に流し台も見てみましたが、5万円台位からあります。
替えるとしても、17万円も出さなくても大丈夫そう!

早速、リフォーム会社と交渉。
「投資効果を考えると、洗面台などで節約できるんだったら、
 そのお金を他の設備に使いたいんです」
と本音でぶつかると、あちらも「わかりました・・・」と。
やった!

本来なら、
和室をフローリングや店舗用CFなどにすべきなんでしょうけど、
キッチンと和室の間の引き戸が、畳の厚さ分高いので、
クッション材を別に敷くか、壁を抜いて一室にしてしまうしかなく、
コストが合わなくなってしまいます。

しかも、この地域の客層を考えると、
「スタイリッシュ」系ではなく、「暖かい和む空間」の方が受けると
思われました。

ということで、考えた末のテーマが、『かわいい和室の演出!』
テーマカラーは、このアパートの外壁と同様に、『黄色』でいくことに。
部屋の下見に来た時に、外観と落差がない方がいいと思ったのです。

この方向にあわせるため、
キッチンのクロスの見本として送られてきたものの中から、
このクロスを選びました。
Save00111
スキャナで取り込むと、オレンジが強いですが、
実際の色は、しっかり火の通った目玉焼きの黄身色のカンジです。
(例えが分かりにくいでしょうか・・・)

最初は「ちょっと派手かな?」とも思ったのですが、
実際、この見本を、自宅の壁に当ててみると、
思ったより落ち着いていますし、外観の塗装の色に似てるので、
物件のイメージに合いそうです。

女性心理から考えると、キッチンの印象がいいのは大事なPOINTです。
リビングは、他人の目を気にして考えますが、
キッチンは、自分が好きな空間かどうかということにつきます。

この物件の場合、内見の人が玄関に入った瞬間は、
「うーん、フツー」(と落としておいて・・・)、
最初の部屋のキッチンに入って、
「あら~!かわいい!」(と落差を持たせる)作戦です!(笑)
まあ、「クロスの柄に頼ったらダメ」という意見もありますが(汗)。

和室のクロスに関しては、私の意志がきちんと伝わってなかったようで、
かなり無難なクロスがきていたので、
このキッチンの印象を、黄色で繋いで、同じイメージの和室になるよう、
リフォーム会社のUさんに、再度、クロスを選んでいただくよう、
お願いしました。

・・・ということで、つづく。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/01/23

もはやセンスの問題

福岡のアパートのリフォーム打ち合わせに行って来ました。

ドアを開けた瞬間は、想像していたより綺麗!
母1人、子供2人で3年半程住んであったので、
多少心配していたのでした。
まあ、襖紙に落書きはありましたが。。。

ただ、入った瞬間から、妙な違和感があるのです。
暫く、細かいチェックをしていて、だんだん分かってきました。
原因は、配色などのバランスの悪さ(汗)。
ありえない程の柄on柄on柄・・・で、落ち着かないのです。
Pict5742
玄関部分のたたきがクリーム系柄で、廊下はコルク柄、
キッチンは木目のCFで、次の部屋は畳、
一番北側はフローリング、極めつけは、トイレの謎のこげ茶柄。
とりあえず、茶系で統一はされているのですが、すごい違和感。。。

しかも、木枠などはごげ茶なのに、ドアや靴箱は、ねずみ色。。。
ありえないでしょー!
北側のフローリングの部屋は、室内のクロスは替えてあり、
とても綺麗だったのですが、襖の柄だけ違うクロス。
これがせめて、となりの畳の部屋と柄を揃えてあれば、
それなりの意図も感じられるのですが、なんともはや。。。

その上、天井が。。。
「ここは事務所か?!」という素材なのです。
Pict5736_1
実際、管理会社の営業の男性も、
「この天井が嫌という女性は多いんですよー」と言い、
「貼り替えると高いので、ペンキで色を塗るオーナーも多いです。
 まあ、下地がこれだっていうのはわかっちゃいますけどね」
と教えられ、悩んでしまいました。。。

前のオーナーは、福岡では中堅クラスの企業オーナーでもあり、
恐らく、リフォームは業者に丸投げで、クロスを選んだりはおろか、
リフォーム後の室内をご覧になったことすら無かったのでは?
と思われます。

うーん、リフォームして、いくらモノだけ新しくしても、
これじゃあ、若い女性には受けないはず!
これが、田舎の建築屋さんのセンスの現実なのでしょうか。。。

本当は、
管理会社としては関連会社にリフォームさせたかった様子でしたが、
目の前のセンスのない空間に、私があんまり辟易しているのを見て、
強く言えなくなった風でした(笑)。

営業の男性は、私が若い女性のリフォームプランを活用したいと話すと、
「とにかく、女性に喜ばれる部屋を作ってください。
 部屋の決定権を持っているのは女性ですから!
 リフォームが終わったら、申し訳ありませんが、安物でいいので、
 分譲マンションのモデルルーム風に雑貨を置いていただけると、
 成約率がグンと上がります」
などのアドバイスをして、彼は先に帰っていきました。

その後、義妹の紹介のリフォーム屋さんからきた、
20代の美人で礼儀正しい女性と細かい打ち合わせ。
洋服のセンスもいいので、遠隔地にいる私が選べない時には、
彼女になら、任せても大丈夫そうな女の子でした。
しかも、彼女自身が現場監督的なことまでやるそうなので、
出来上がって「話が違うー!」という事も少なそうで、ちょっと安心。

今回のリフォームでは、本当は、畳をCFにしたり、
キッチンをもっと可愛いものに変えたかったのですが、
室内を見たら、路線変更。
まずは、統一感のある心地よい空間作りが最優先です。

優先順位から言うと、
1.キッチンの壁のクロス替えと、枠を白→こげ茶へ
2.流し台の周りの壁をつるつるのボードに変更
  (大きな焼け焦げアリ)
3.和室のクロス替え
4.襖のクロス替え(和室と洋室の障子の色を統一)
5.洗面台の取替え(約5万円)
6.天井の貼り替え(高い!)か塗りなおし
7.床の統一感を出すこと
 玄関たたきをコルク柄に近い色の無地クロスへ変更
 トイレ床のクロスを薄い色のクロス柄か無地クロスへ変更
 キッチンのCF張替え
8.キッチンとお風呂の蛇口取替え
9.キッチン交換(賃貸用廉価版で17万円?!)
10.畳 → フローリングへ
11.キッチンと和室の壁を外す(10と合わせて約50万円)

その他としては、
・キッチン横の窓のカーテンレールを外しておく
 (どうも、カーテンが燃えてボヤになった跡があるため)
・窓ガラスのガムテープ跡の清掃
・モデルルーム風の飾りつけ

というカンジです。
本当は、挙げている項目は全部やりたいところですが、
費用対効果を考えながら、取捨選択し、
今回できなかった部分は、次の退去の時に、
少しづつ勧めるしかなさそうです。

メッチャ長くなってすみません。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/01/18

怒涛の週末

いよいよ、明日から怒涛の週末が始まります。う~。
まず明日は、うっちゃんのお友達、しのさんが上京されるので、
色んな意味でパワーランチ(笑)の予定。
撫子さんの仕事が終わっていれば、プチ撫子ちゃんにも
会えるかもしれないのですが。。。
撫子さーん、お仕事頑張ってくださーい!

土曜日は、沢さんのところでタニアさんのセミナーなので、
そのお手伝い。
今回は、事前に満席になったので、
書類などはもう準備できているのですが、
この後、DVD化の作業が年末の沢さんのセミナーも含めて
目白押し!!!
早くやらなくちゃ、確定申告がぁ。。。

日曜日は、朝の飛行機で一人福岡へ。
最初に買った2DKの物件が退去されたので、
買って以来、初めて内見することに。ドキドキドキドキ。。。
現地で、義妹に紹介してもらった内装屋さんと打ち合わせ。
ああ、行くまでに、室内のチェック表を作るんだった!
ひぃぃぃ。。。

日曜日は、格安チケットの都合で、私一人、福岡泊。
チビが産まれて以来、初めて、ダンナとチビが自宅で2人。。。
ま、きっと、いい経験になることでしょう(汗)。
月曜日はダンナが保育園へ連れて行くらしいので、
私は昼位に東京へ戻る予定。。。まさにトンボ帰りー。

戻ってきたら、沢さんのDVD化の仕事も早く済ませたいし、
この本で紹介されていたホームプロの業者2社に、
外壁の塗装の相見積りも頼んでいるので、
ダンナのお友達の塗装業者とも比較検討して、
早いトコ、国金に融資の打診をしなければ!
福井さん、金利上げるの、もうちょっと待って~!

同時進行で、確定申告準備。。。
去年のギリギリ申告を深~く反省して、
去年の11月に、そこまでの経費の入力だけ済ませたのですが、
当然、ダンナの分だけ!私の分はこれからです。。。

うー、年末年始に仕事を詰め込んで引き受けるのは、
もうやめよ~!

そうそう、年末に買った通信教育もあるんだ。。。
まだ、教材1ページも開けてないし~。
私のやりたいこと優先順位を見直さなくちゃ~!

まずは、税理士さんをあたることにしなくっちゃ!
ここは外注できる部分ですから。

・・・すみません、今日のは日記というより、
私の備忘録となっております。。。(汗)

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2007/01/15

親野智可等さんの本

先日、紹介した「ユダヤ人ばかりになぜ、お金が集まってくるのか」で
『ドラゴン桜』というマンガのエピソードが何箇所か紹介されていて、
このマンガを調べると、16巻もでてるので買うかどうかと迷い、
アマゾンで、『ドラゴン桜』のキーワードで探したら、
この本に行き当たり読んでみました(前置きが長すぎ)。

Book00186「ドラゴン桜」わが子の「東大合格力」を引き出す7つの親力

親野 智可等 著

今、メルマガで、人気の親野先生の著書です。
「ドラゴン桜」でのエピソードをおりまぜてはありますが、
本の題名ほど、「東大合格」に拘った内容ではなく、
人を育てるということの本質や、親の役割、
そもそも、親が育児を楽しめるように・・・という
配慮を感じられる内容になっていました。

ついでといってはナンですが、
親野先生のコチラの本も読んでみました。
Book00187「叱らない」しつけ 子どもがグングン成長する親になる本

親野 智可等 著

内容としては、
上の本の方が勉強方法については具体的です。
とはいえ、2、3歳くらいの子供から参考になることが
沢山書かれていて面白かったです。

下の本は、育児に臨む姿勢について書かれています。
大人の叱り方を子供がいかに冷静に評価しているかを知ると、
怖いなーと思いつつも、私自身、こういう目で大人を見ていたと
気付かされました。


この2冊を読んでみて、
子供を育てるというのは、新人の後輩を育てるのと
本質は同じなんだなと感じました。

私もそこそこ長い社会人生活の中で、
結構な人数の新人の後輩を育ててきましたが、
最初の後輩に対し、私がやったことがダメ親の典型で、
私がその苦い経験から学ばせてもらった内容と
かなり近い考え方が沢山書かれていて、
つくづく、わが子であろうと、
人を育てることに変わりはないんだなと気付かされました。

そういう視点で、
最近の私の子供に対する態度を振り返ると、
やはり身内の甘えがあり、
子供の尊厳を軽んじていた部分があったことに気付かされ、
とてもとても反省しました。


・・・そして、ここにも、親の大事な能力として、
「質問力」が問われていましたー!!!
でたよー(汗)。
なんだか、ここまでくると、
神様から私への強いメッセージにも思えてきます(涙)。

「なぜ」「なぜ」「なぜ」「なぜ」「なぜ」・・・
ここ数日、チビと話す時には、
私の頭の中でこの言葉がぐるぐるまわっております(汗)。

************************************************
ココログが2007年1月16日(火)15:00~1月17日(水)15:00まで
メンテナンスをするらしく、その時間帯はコメントができませんので、
ご了承下さい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/01/09

華僑とユダヤ人の比較

撫子さんのブログで紹介されていた↓この本を読んでみたくて、

Book00184香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則

ユナイテッドワールド証券 会長
林 和人 著

実家近くの本屋さんを数件回ったのですが置いてなく、
(丸善の本店には平積みされていました)
たまたま見つけた、下の本を先に読んだのですが、
同じような政治的背景を持つ民族の共通点と、
其々の違いを、比較できて、とても楽しめました。

Book00185ユダヤ人ばかりに
なぜ、お金が
集まってくるのか

伊達 一啓 著

どちらの民族も、生まれた地を離れ、
自分と家族の命を守っていくためには、
島国育ちの私には想像できない厳しい感覚が、
脈々と受け継がれてきているんだなー
と痛感させられました。
その共通点は、読んで確認していただくとして。。。

まあ、上の林氏の本は、
華僑の方々の思想の全てを語られている訳ではないので、
下の本の伊達さんのユダヤ的思想についての分量と
比較するのは、フェアではない気もしますが、
私がユダヤ的思想でハッとさせられたのは、
「人生お金だけではない」、「学歴だけじゃない」のような事を
私も軽く口にしてしまったりすることがありますが、
様々な逆境を生きてきた民族にとって、それは武器の一つであり、
要は活用の仕方によるのだという合理的な考え方でした。

私はユダヤの方達が読む『タルムード』というもの自体を
読んだことがないのですが、この下の本を読んでみて、
非常に興味が湧きました。

というのも、ユダヤの方達が、子供が例え一人になったとしても
自力で生き抜けるだけの力をつけるために、
小さい頃から、この教えを紐解き、
お金についても、きちんと教え込むのだとか。
しかも、あえて「ベニスの商人」などを子供にも見せ、
自分達に科せられた現実を知らせ、
それに負けない強さを子供に教えることすらするのだとか。。。

・・・これを知って、現在も第一線で成功しているユダヤ系の
方達の名前を見ると、深く納得してしまいました。

更に感心したのは、笑いのもつ効用についても、
子供の頃からしっかり教えられるのだそうです。
ユーモアとジョークで苦難を笑い飛ばし、
常に前を向く・・・

今回読んだ2冊には、子供に教えたいことが満載でした。
より具体的なことを知りたい方は、下の本だけでも
ご一読下さい。大人でも気付きの多い一冊だと思います。

特に、私へのメッセージとして受け取ったのは、
この辺りでした。。。
>ユダヤ人に質問すると、かならず質問され返すのだという。
>『忍耐強く質問しなければ成功しないのだ』
・・・やっぱり、「質問力」が今年のテーマになりそうです(汗)。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007/01/01

今年もよろしくお願い致します。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ、よろしくお願い致します。

今年の分のオフダ、
ウチは去年の冬至の日の夜にばっちり飾りました。
       Omamori3

早速、今年の目標を掲げておこうと思います。

・今年こそ聞き上手になる~(汗)
 相手がより自分のことを話しやすいような聞き方をマスターする
・質問力を身につける
・論理的思考を私の頭に叩き込む
・本を100冊読む

・新しい収入の道に挑戦し、大きく育てる一歩目にする。
・今年は1つ法人を立ち上げる
・不動産は、満室経営する
・低予算で、顧客満足度を上げる工夫をする
・株やFXなどの投資で、資金を5倍にする
・不労所得を複数得られるようになる
・自力の限界を知り、上手に助けてもらう

・北海道や名古屋など、行ってみたいと思っている地に
 足をのばす。
・これまで出会ってきた縁を深め、更に縁を広げていく

・チビとの時間を充実させる
・一緒に沢山の経験をし、たっぷり楽しむ
・チビの好奇心の赴くまま、一緒に楽しませてもらう
・チビが夢をもって成長できるようサポートする
・チビにお金の初歩を教え始める

・あらゆる経験を楽しみ、学び、どんどん前進する
・100人に喜ばれることをする
・新しいことに5つ挑戦する
・美味しいものを沢山食べる

今年は、少し、具体的な数字目標などを入れてみました。
年末に、こうした数字が、どの位達成できたのかを
見てみるのが楽しみ♪です。

今年も、ゆるゆる更新になると思いますが、
どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »