« 華僑とユダヤ人の比較 | トップページ | 怒涛の週末 »

2007/01/15

親野智可等さんの本

先日、紹介した「ユダヤ人ばかりになぜ、お金が集まってくるのか」で
『ドラゴン桜』というマンガのエピソードが何箇所か紹介されていて、
このマンガを調べると、16巻もでてるので買うかどうかと迷い、
アマゾンで、『ドラゴン桜』のキーワードで探したら、
この本に行き当たり読んでみました(前置きが長すぎ)。

Book00186「ドラゴン桜」わが子の「東大合格力」を引き出す7つの親力

親野 智可等 著

今、メルマガで、人気の親野先生の著書です。
「ドラゴン桜」でのエピソードをおりまぜてはありますが、
本の題名ほど、「東大合格」に拘った内容ではなく、
人を育てるということの本質や、親の役割、
そもそも、親が育児を楽しめるように・・・という
配慮を感じられる内容になっていました。

ついでといってはナンですが、
親野先生のコチラの本も読んでみました。
Book00187「叱らない」しつけ 子どもがグングン成長する親になる本

親野 智可等 著

内容としては、
上の本の方が勉強方法については具体的です。
とはいえ、2、3歳くらいの子供から参考になることが
沢山書かれていて面白かったです。

下の本は、育児に臨む姿勢について書かれています。
大人の叱り方を子供がいかに冷静に評価しているかを知ると、
怖いなーと思いつつも、私自身、こういう目で大人を見ていたと
気付かされました。


この2冊を読んでみて、
子供を育てるというのは、新人の後輩を育てるのと
本質は同じなんだなと感じました。

私もそこそこ長い社会人生活の中で、
結構な人数の新人の後輩を育ててきましたが、
最初の後輩に対し、私がやったことがダメ親の典型で、
私がその苦い経験から学ばせてもらった内容と
かなり近い考え方が沢山書かれていて、
つくづく、わが子であろうと、
人を育てることに変わりはないんだなと気付かされました。

そういう視点で、
最近の私の子供に対する態度を振り返ると、
やはり身内の甘えがあり、
子供の尊厳を軽んじていた部分があったことに気付かされ、
とてもとても反省しました。


・・・そして、ここにも、親の大事な能力として、
「質問力」が問われていましたー!!!
でたよー(汗)。
なんだか、ここまでくると、
神様から私への強いメッセージにも思えてきます(涙)。

「なぜ」「なぜ」「なぜ」「なぜ」「なぜ」・・・
ここ数日、チビと話す時には、
私の頭の中でこの言葉がぐるぐるまわっております(汗)。

************************************************
ココログが2007年1月16日(火)15:00~1月17日(水)15:00まで
メンテナンスをするらしく、その時間帯はコメントができませんので、
ご了承下さい。

|

« 華僑とユダヤ人の比較 | トップページ | 怒涛の週末 »

コメント

行き当たり読まれた本が素晴らしい
前置きが長すぎ? 説明が分かりやすかったです


誰も買わなかった無名の頃に推奨した銘柄群
皆様が成功された事を嬉しく思います

数年前 楽天 サイバー 
3年前 Google
一昨年 交通銀行 建設銀行
去年  中国銀行 百度 NY証取 中国交通建設

ついに、NHKスペシャルでもやるのですね?
クリック ↓   

投稿: ひまわりくん | 2007/01/15 07:49

子どもにとって親というものが最初に出会う人であり大人であり、
親の言動や考え方や愛情の影響力は大きいですよね。
学校の教育が取りざたされていますが、親の育児力、教育力も
見直される時期なんじゃないのかとも思います。
でも、自分達の子育てがよかったのかどうかは、いつごろ
わかるんでしょう(^^;)
今はとにかくいっぱい子どもとしゃべることを大事にしてきたいですね。

投稿: ぺっぺ | 2007/01/15 10:28

ひまわりくんさん
株を買って、応援した企業が大きく成長してくれることが、株の醍醐味とも言えますね。
Googleが登場してからの、急速な浸透ぶりには、驚いた記憶があります。

ぺっぺさん
本当にそうですね。
親からの影響がどれだけ大きいのか、最近、痛感させられてばかりです。
私も、子供と沢山会話して(もちろん聞き上手になって・笑)、子供と一緒に成長していきたいと思っています。
>自分達の子育てがよかったのかどうかは、いつごろわかるんでしょう(^^;)
あはは。ただ、常にどこかにこの意識がある親の方が、客観的に修正を加えていけることは確かだと思います。それに、其々の子にとってBESTであればいい訳ですから、判定する必要もないのかもと思います。
私個人は、子供が年を重ね、人生を振り返った時に、「いい人生だった」と微笑んでくれたらいいなと思っています。

投稿: 三田 | 2007/01/15 12:02

ドラゴン桜、ドラマでやったときに少し見てました。
面白かったです。

またしても質問力ですか?
自分がしゃべらずに相手にしゃべらすのですよね。

・・・・どうも、三田さんのイメージと違うような・・・・(笑)

投稿: ムサシ | 2007/01/15 15:13

三田さん、すごい読書量。
私など新聞すら斜め読み。
子育て・・・ああ、恐ろしい。考えたくもございません。
うちの娘達がまともに育ったとすれば(すればです。)それは紛れも無く主人のお陰でゴザイマス。
投資仲間達は母としても立派な人たちが多いので、ちと肩身が狭い。

投稿: うっちゃん | 2007/01/15 16:04

ムサシさん、ドラマになっていたんですねー。
見ていませんでした。残念。

そうなんです。またしても質問力。。。
>自分がしゃべらずに相手にしゃべらすのですよね。
こー言ってしまうと、元も子もないー!
相手が自分の意見を考えながら話せるような質問をし、複数の角度から検証し、BESTの選択ができるよう、一緒に考える・・・のです。
一番難しいなと思うのは、こちらが、落とし所を見定めて、誘導してしまってはダメって点ですねー。
かなりの修行が必要になりそうです(汗)。

投稿: 三田 | 2007/01/15 16:06

うっちゃん、入れ違いになりました。
うー、私も新聞はナナメ読みしてて、ひっかかったトコだけ真剣に読むカンジですよー。
とはいえ、子供の頃から、本のムシだったので、読むのが早いのは確かみたいです。
でも・・・早ければイイってものでもないですしね。
何をどれだけ心に刻み、自分に引寄せて考えられるかが大事なので。。。
私は、完全に読み散らかし系で、ココに書くことで自分に落とし込んでいるんですー。
(読んでくださってる方々には感謝!感謝!)

うっちゃんちも、お子さん、真っ直ぐに育ってあるじゃないですかー。
特に、次女さんは、いずれ、後継者でしょうね。楽しみ♪

この本にもあるのですが、母親こそポジティブな思考が必要らしいのです。そう思うと、投資仲間のママはポジティブ思考の人だらけですので、「どーんと来いよー!」ってカンジなのかな?と。
諸先輩方が多い分、何時でも相談できるから心強い限りです~。

投稿: 三田 | 2007/01/15 16:14

僕もNHK特集楽しみです。

日本株を、去年は、1社も購入しませんでしたが、
ついに、サイバー・コミュニケーションズを
前場に購入しました。

最安値は
最高値の15分の1だそうです。

でも、底と天井はくれてやれ、で本日参加しました。


投稿: ひまわりくん | 2007/01/16 13:31

サイバーですか。。。すごいチャートですね。
オニール氏には、引き止められそうな形です(汗)。

投稿: 三田 | 2007/01/17 16:11

確かにすごいチャートですね

本日
+10000のストップ高
やっと、10万です。

どこまで行くと思う?

投稿: ひまわりくん | 2007/01/18 13:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/13496691

この記事へのトラックバック一覧です: 親野智可等さんの本:

« 華僑とユダヤ人の比較 | トップページ | 怒涛の週末 »