« 和の美 | トップページ | 続く時は続くもの »

2007/04/12

田(でん)さん

米国マクドナルドを苦労して世界的チェーンに広げた
レイ・クロック氏の本から始まり、
日本のマクドナルドをたちあげた藤田 田さんや、
現日本マクドナルドのCEO 原田 永幸さんの本まで、
何故か、マック絡みの本ばかりが目に付き、
数ケ月、ずっと読んでいるのですが、とっても面白いです。

特に、藤田 田さんの本は、もっと早く出会っていたらと思う位、
痛快で、本によっては、かなり前に書かれているのに、
現在の状況を的確に指摘してあって、
その視点に目からウロコということが幾つもでてきます。

先日、WBSの特集で、日本の電機メーカーなどは、
国内の開発競争に追われ、発展途上国で一番ニーズのある、
低価格でちょっと便利な商品を提供できていないのでは?
という問題提起についても、96年に発刊した本の中で、
田さんは既に指摘してありました。さすがです。

ついこの前まで、手で洗濯物を洗っていたような主婦にとって、
機械が一度に大量に洗ってくれて、時間が節約できる!ということが、
どんなにすごいことなのか?という視点を忘れてしまってる
ということなんだろうなーと思ったのです。

今年初めに発売して大ヒットになったメガマック。
田さんの本を読んでいると、かなり前に一度試験導入されたものの、
その時には、あまり受けず、直ぐに撤退された様子も書かれていました。
そして、100円マックを投入された時の時代のヨミも克明に書かれた本が
あり、その思考を辿ると、目からウロコがボロボロ落ちました。。。

常識というのは、常に変化しているものだということ。
判断する時は、朝令暮改どころか、朝改暮改だって必要。

私の受けた田さんの印象は、
非常に頭脳明晰であり、ビジネスに冷徹でありながら、
人心掌握のツボも知っていて、気配りも怠らない、
それでいてスマートな経営者というより、コテコテの商売人という方でした。

本の中には、すごく沢山のヒントが散りばめられているのに、
松下さんのように名経営者として浸透していないのかを考えると、
田さんの言葉は、精神論ではなく、あくまで現実に徹していて、
きれいごとだけではないからなのかもしれないなーと思いました。

好き嫌いははっきり分かれるだろう、田さん。
私は、実際にお会いしてみたかったなーと思う位、好きなおじさまです。

|

« 和の美 | トップページ | 続く時は続くもの »

コメント

田さんは、年間20億円という破格のコンサルティング料を日本マクドナルドから受け取っていたというニュースが鮮明で、あんまりいい印象を持っていませんでした。(汗)

売り上げの1%~0.5%がコンサルティング料になるという契約だったそうですが・・・・

投稿: ムサシ | 2007/04/12 12:59

そうなんですかー。
何だか、でも、そのコンサル・フィーもありなんと思う程、遠い先を見通せる目をお持ちの方だったようです。

そうそう、本の中に、ムサシさんが以前おっしゃっていたのと同じようなことが書かれていました。

1億円のカネを動かす人と1000万円のカネを動かす人は違うのである。
それがわからずに1000万円のカネしか動かす方法を知らない人が1億円の儲けを狙うから失敗する。
(中略)
両方に共通の儲かるルールなどというものは存在しない。
(中略)
1000万円から訓練すれば1億円使えるようになる。訓練していないと、チャンスが到来しても使えない。

これ、田さんは経営上の話で、ムサシさんは投資の話をされていたのでしょうけど。
私も田さんに勝手な先入観を持っていたので、田さんの本を読んでこなかったのですが、今はすごく後悔してます。。。

投稿: 三田 | 2007/04/12 13:49

 私も田さんの本をいくつか読みましたが、今日また本屋へいって買って読んでみようと思います。三田さんありがとうございます。松下幸之助さんに関する本も数年前にたくさん読んだのですが、いろいろと面白いことに気づかされました。彼も結論的にいうと自分は「ついている、ないしはついていた。」ということを繰り返しいわれていたようです。でも、そのために、常に前向きに行動するということをしていたのがとても印象的でした。私も基本的には、ラッキー&ハッピーというのがとても大切だということを痛感している今日この頃です。

投稿: フリーパパ | 2007/04/13 09:18

フリーパパさま
そうなんですね。松下幸之助さんの本は随分前に読んだのですが、あの頃の私には、あまりピンとくる内容ではなく、途中で止めた記憶があります。
今は、受ける印象が違う気もしますので、私も幸之助さんの本も読んで見ます。

それと、「ツキ」については、田さんも所々触れてありました。
私も「ツキ」に恵まれる生き方をしていきたいと思う今日この頃です。

投稿: 三田 | 2007/04/13 15:41

ご無沙汰しています。
私も最近藤田田氏絡みの本を数冊読みました。

たしかにイメージとは違う人間像でした。
私も仕事でお会いする約束をしていましたが、お忙しい方でしたよね。
直前にキャンセルになり、その後お互い予定が合わず会わずじまい
でした。一度是非お会いしておきたかったです。

投稿: きん | 2007/04/15 01:36

コメントありがとうございます。
うわー、お仕事とはいえ、田さんにお会いするチャンスがあったのですね。
羨ましいです。
私の場合、田さんには、ミーハー的な憧れというのではなく、その時の田さんの視点を伺ってみたかったという意味でお会いしてみたかったので、講演会など、直接お話を聞く機会があったらなーと本当に思います。
人は生きている限り学ぶことを止めてはいけないという田さんの言葉を忘れないよう、沢山の知識を吸収して、田さんの視点にちょっとでも近づいていけたらなと思う今日この頃です。

投稿: 三田 | 2007/04/16 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/14653051

この記事へのトラックバック一覧です: 田(でん)さん:

« 和の美 | トップページ | 続く時は続くもの »