« ステップ? | トップページ | 土曜日のセミナーにて »

2007/10/15

鈴木ゆり子さんの本

Book00222専業主婦が年収1億の
カリスマ大家さんに変わる方法

~20棟200戸で平均利回り20%超が、
なぜ可能なのか?~

久々に不動産本コーナーを通りがかって、
あまりにインパクトのある表紙だった(汗)ので
手にとりました。

んー、なんと表現すればいいのか難しいのですが、
ある意味、初心に戻れる一冊でした。

というのも、この本からは、不動産が好き!人が好き!
入居者に喜んでもらいたい!力になりたい!という気持ちが
ものすごく伝わってくるのです。

最初の方で紹介されている、悪徳業者にカモにされてた部分を
考えると、「諦めない」+「知識の積み上げ」って大事だなーと
心底思います。
私なら、絶対へこんで、次に進めない気がする。。。
すごい方です。ホントに。

驚いたのが、私が以前、思いつきで書いたことのある、
自分の物件に「お泊りリフォーム」を、ごくごくフツーに
実践されていること!
しかも、1度や2度ではないなんて!

この方の本から伝わってくるのは、
地に足がついた大家さん業の姿でした。

私が不動産を探していた頃を振り返ると、
不動産を「投資」の1つを捉えていました。
そして、実際に手に入れてからは、「経営」なんだと
気付かされたのですが、
「大家」という捉え方は、他の二つとは、
また、スタンスが随分違うんですね。

どれがいいのかは、其々の考え方と、
物件の立地やターゲットなどで、変わってくると思うのですが、
鈴木さんの入居者との関わりを読むと、
「人が大好き」という気持ちがはっきり分かります。
だからこそ、頂く家賃をとても大事に思い、
数字の管理もきちんとし、売れる物件は売却もする。

これまでも、沢山のすごい方達の話を伺う機会がありましたが、
すごい人はまだまだいらっしゃるんだなーと、
つくづく思った一冊でした。

|

« ステップ? | トップページ | 土曜日のセミナーにて »

コメント

私も表紙のインパクトで引いてしまったのですが、よく考えてみるとこのビジュアルは入居者から親近感を得るための武器なのかもと考えてしまいます。

世の中には凄い人もたくさんいるのですね。

投稿: ムサシ | 2007/10/16 13:22

宣伝用ので少しだけ読んだのですが
埼玉でがんばってるのを読んで

埼玉の放置してある物件、その他の空き部屋の
再検討をしてみようかと思っているところです

鈴木ゆり子さんの持ってらっしゃる場所
決していい場所とは言えないのですが
健闘してらっしゃるようですね

まずはさっそく読んでみます
埼玉は厳しいと決め付けてました
認識を改めます


投稿: ドキンちゃん | 2007/10/16 13:40

大家さん。。。っていうと、入居者とはご近所づきあいをしている間柄のような、
親しみのある人柄を想像しますね。
そういう人柄に、自然と入居者が集まってきたりするのかもしれません。

やっぱり、相手を思う気持ちというのは大事ですね(^^)

投稿: ぺっぺ | 2007/10/16 21:57

ムサシさんするどい!

確かに、親近感って大事ですよねー。
本の中でも、競売で落札した物件の占有者のところへ行くときに、わざと、こういうスタイルで行って、「お互い大変だねー」という共感を演出したりするみたいです。


ドキンちゃん

お世話好きという点では、とても共通点がある気がします。
ドキンちゃんの場合は真似できることも沢山ありそうですね。
アイディアを更にバージョンアップしそうですし。
どんな風に活用されるのか楽しみにしてますー。

投稿: 三田 | 2007/10/18 11:50

>相手を思う気持ちというのは大事ですね(^^)
ぺっぺさんは、この気持ちは沢山お持ちですからー。

大家さんって、
こんな風に暖かい関係なのかもしれないなーと
考えさせられた一冊でした。

投稿: 三田 | 2007/10/18 11:52

『鈴木ゆり子』さん。
なんかすごそうな人ですね。

賃貸新聞などでよく御目に掛かるのですが、
この本は読んだ事がありません。

『不動産が好き!人が好き!入居者に喜んでもらいたい!力になりたい!という気持ちがものすごく伝わってくるのです。』
私の場合、お金も好きですがこのフレーズの『入居者に喜んでもらいたい!』は大家さんの基本だと思っていますので、この本がすごく読んで見たくなりました。

早速買って来ます。

投稿: ひーこ | 2007/10/18 14:49

先日読み終えました。

似ているところもありますが、おばちゃんパワーはまねできません。

まーその点は三田さんも無理でしょうね。

でも、基調に流れるハートフルなところをまねできるようにしたいなと思います。

投稿: おざわ | 2007/10/19 17:52

ひーこさん

お返事が遅くなって申し訳ありません。
そっか、リフォームに対する姿勢は、この方とひーこさんちって、結構、共通点が多いような気がします。
親近感を持たれるのでは?と思います。


おざわさん

おざわさんちのリフォームも結構近いのでは?と思ったのですが。。。
まあ、入居者に対して、あの「おかあちゃん」的対応は、男性には真似しにくいモノかもしれませんね(笑)。
・・・た、確かに、私も無理かも(汗)。あはは。

投稿: 三田 | 2007/10/22 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/16754581

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木ゆり子さんの本:

« ステップ? | トップページ | 土曜日のセミナーにて »