« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/25

カラー行脚

この所の世界経済の状況を見ていると、
当面、日銀も金利を上げるに上げられなさそうですし、
福井さんの後任も、ちゃんと決まるのやら、
何だか不透明な事だらけではありますが、
資金を借りておくなら、いい機会にも思えたので、
暫く、話が止まっていた、2つ目の物件の外壁塗装を
急いで進めることにしました。

で、またまた届きました。1200色!(笑)
Color

今回は、物件の周りに、
単身者向けなのか原色のハデな建物が多いので、
あえて、チョコいちごアイス仕様にしてみようか・・・
と思い、この週末は、近所を徘徊しておりました。

実際に見てまわって分かったのは、
この配色に成功している物件は、女性好きしそうなのですが、
退色した時には、うす汚れて見えること。。。
一方、ちょっとでも色の選択を間違うと、
かな~り、下品になってしまうことです。

やっぱり、黄色系がいいのかなー。。。
ん~、でも、違う色にもトライしてみたいし。。。

あらためて、色って、微妙で繊細なものですね。
上手く使えれば、印象がぐんとよくなるし、
下手に使えば、イメージダウンになってしまう。

暫く、賃貸物件の内見や、
外壁カラーを見てまわることになりそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/11/18

いや~ビックリ!

週末、後学のために、
都内の新築アパートをひやかしに見学に行ってきました。

場所は、都内東部。
大手町までなら10分程度で、駅からは5分という立地。
・・・なので、やはり、想像通り、狭小地に、みっちり建ってる~。
らせん状の階段を登る4階建てで、1Kが8室。
まあ、角地なので、引越し荷物は小さいベランダから吊り上げるのかな?
というカンジです。

まずは、興味津々だった室内の様子。
んー、外観はともかく、壁紙などはウチが700円/㎡として、
サンプルでもらった、同じものが使われているし、
洗面は、昔からある、お風呂についてるタイプ。
更に、お風呂の蛇口は、お湯と水別々にひねるタイプ。
んー、初見で気付きにくいところは、コストを抑えるんだー。

驚いたのは、トイレが異様に広いこと。
結局、トイレの奥にあるお風呂の脱衣所と洗濯機コーナーを、
そこで一体化するプランになっているようでした。

1部屋19㎡という限られた空間で、
力が入っているのは、広めのエントランス。
そこに、大きめの靴箱と、ツルツル加工のモダン風キッチン。
やっぱり、入り口の印象が勝負なんだなー。

で、結局、エントランスとトイレが広い分、
居室スペースは・・・せ、せまっ!!
小っこいベットを置いてしまうと、さてさて、食事はドコで?
という空間です(笑)。

そういうこともあってか、1部屋の家賃想定は8万円台半ば。
利回り6%台後半で、物件価格1億超え。
ひぇ~!まじ?と思わず聞きかえす私(汗)。

ちなみに、融資はつくのか聞いてみると、
提携している、某外資系金融機関からなら、
確実に融資がうけられます!
と、胸を張る営業君。

よくよく聞くと、35年ローンで、金利は4%弱!?
仮に、1億を35年ローンで3.7%固定で借りたとして試算しても、
月々45万円位の返済で、金利負担合計額は8000万円超え。。。

どん引きしてしまった私たちに、営業君は、
「今、都内の土地はどんどん値上がりしてますから、
 皆さん、3年位保有して、売ることを想定されるんです」
・・・ってねぇ、売れればいいですよ。売れれば。。。


最後は苦笑するしかない私たち。
営業君も見込みナシと思ったのか、
だんだんトークから力が抜けていきました(苦笑)。

いやー、最近アパートの売買を考えていなかったこともあり、
ホント、色々勉強になりました~(笑)。
たまには、こうして、世の中がどうなってるのか知るのも、
いい刺激になりますね。いえ、ホントに。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/11/11

語り合いの時間

今日は、ちょっとした不動産仲間の集まりに顔をだしてきました。
考えてみると、こうして、じっくり話す席に顔を出したのは、
結構、久しぶりで、不動産についての他の方のスタンスを
色々伺えて、とても刺激になりました。

株やFXなどの投資同様に、
不動産も時勢に合わせた投資方法は変わっており、
今できる方法を、みんな、試行錯誤しながら、
前進しているのですねー。

ウチの場合は、新規投資は見合わせ、
今の物件をきちんと満室にして稼動するには?
という視点でばかり、不動産を見ていたので、
目からウロコでした。


会社員に復帰して、
沢山の人にお会いして、お話を伺うのは、
とても大事なことなんだなーと思うようになりました。

というのも、
今の職場には、Y証券出身の方が結構いらして、
会社破綻によって、人生が狂ってしまった人たちのリアルな
お話を聞くにつけ、様々な人生模様を知るのです。

その事を、現実的に捉えている人、悲劇的に捉えている人、
辛い気持ちを超え、前向きに捉えている人・・・本当に様々で、
私の受けたパワハラなんて、ちっぽけな事に思えます。


生きていれば、誰にでも、大なり小なり試練があって、
それにどう向き合い、どう乗り越え、
その後の人生にどう活かしていくのか・・・
その時に、どういう人達に出会い、自分を成長させていくか。
つくづく、人との出会いの不思議や、縁というものを、
考えさせられ、縁あった人たちから教えてもらえることは、
できるだけ真摯に自分の中に取り込んでいかなくちゃなーと
思っています。


そんな会社員生活から、
今日は、一転、不動産仲間との語らいの中にいると、
改めて、新鮮な気持ちでお話を伺えました。
有意義な時間になりました。ありがとうございましたー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/11/04

力を貸してもらう力

随分前から、沢さんや、うっちゃんに共通して感じていた事。
それは、周りの人の力を借りる達人だということでした。
初めて会う人でも、あっという間にうちとけ、
会う人、会う人、何か協力せずにはいられなくさせてしまう、
人心掌握術(笑)。

それは、人としての魅力でもあり、
周りへの配慮の賜物でもあるのでしょうけれど、
できることなら、私も身につけたいと常々思っていました。

ことに、
この所、2DKの管理会社の人とのコミュニケーションに
限界を感じてしまい、私のどこがいけないのだろう?
などと、色々考えていた矢先、こんな本を見つけました。

Book00224不器用なあなたほど
頼み上手になれる

高城 幸司 著

この本を読むと、
自分が頼まれる側だったり、
頼む側だったりにあてはまり、
「ああ、なるほどなー」と、
深~く納得する部分がありました(笑)。

私の場合、仕事に関しては、完全に合理的タイプ。
それは頼む場合も、頼まれる場合であってもです。

つまり、頼む時には、理詰めでどんどん攻め、
相手に逃げ場を与えず、なんとか、Yesと言ってもらおうと
してしまうタイプ(汗)。
んー、確かに、今回の不動産屋さんとのやりとりは、
この傾向があって、とっても反省(涙)。

逆に、頼まれる場合には、
くどくど説明されると、どんどん嫌になってしまうので、
端的に、何を、何時までに、どうして欲しいのかを
ちゃっちゃと言って欲しいタイプ(苦笑)。


この本を読むと、私の頼み方のどこを変えたらいいのか、
頼みを聞いてもらうツボが書かれていて、
とても実用的なので、早速、少し活用させてもらいました。
・・・って、相手はダンナだったりしますけど(笑)。

もちろん、ダンナにも、この本は薦めたので、
私の手口は、ダンナが読んだらバレるかもしれませんが、
ま、それはそれ。
ダンナが気持ちよく、頼まれてくれるんだったら、
それでもいいんじゃないかな?と解釈しております(汗)。

もちろん、不動産屋さんにも、どのアプローチでいくか、
作戦を練っているところです。
準備を整えながら、相手に選択の余地を残しつつ、
「うん」と言ってもらう。。。
これ、さりげなさと伴に身につけられたら、
最強のスキルになりそうです(笑)。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »