« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/26

幸せのある老人ホーム

Book00227幸せのある老人ホーム
岩城 祐子 著

本屋さんで何気なく手にとった本だったのですが、
とても考えさせられる内容だったので、
ご紹介します。

著者の岩城さんは、
お手伝いさんのいるような家庭で育たれたのに、
旧家の男性と結婚したら、家計は火の車で、
サラリーマンだったご主人からお給料はもらえない上に、
お義母さんから、
「今日から生活はあなたにみてもらいます」と宣言されたため、
自分が家族を養ってきたというタフな(ありえない?)女性です。

ご自身が家計を支えていたために、
他の仕事をしながら、親の介護をするのは難しかったことで、
当時は珍しかった有料老人ホームを始めた経緯が書かれています。

文章が、上品な話し言葉で書かれているため、
読みなれるのに、ちょっと時間がかかりましたが(笑)、
役所や介護保険の問題点など、鋭く指摘されていたり、
公的な老人ホームが、介護される側の人格を尊重せず、
介護する側が合理的に進められるようにという考えの下、
運営されている様子があって、読んでいてせつなくなりました。

岩城さんは、認知症になった老人を家族が看る限界についてや、
以前と違い、今は親の有料老人ホーム入居のための一時金、
1000~2000万円を、子供が用意できないケースが増え、
親自身がその費用だけは自衛することについても書かれています。

確かに、今のように、若い世代の年収が下がったり、
未婚でも、既婚後でも、親の貯蓄をアテにするパラサイト化が
問題になっている時代なので、
この傾向は、今後益々厳しくなっていくのでしょうし、
ウチだって、兄弟で折半するにしろ、お互いの両親4人で、
最低でも4000万円を・・・と考えると、
まだまだ子供の教育費の総額が見えない今は、
結構、不安になります。

また、岩城さんが沢山の老夫婦を看てきた中で、
相手が認知症になった時、夫は妻に優しくできるけれど、
妻は夫が男でなくなったと感じた時、冷淡になるのだとか(汗)。
それもあって、介護疲れした妻が虐待するケースも多いという
現実を書かれていました。
・・・看てこられた事例が多いだけに、反論できません。。。

なので、夫の方が先に認知症がでた場合は、
早めにご主人を老人ホームに預ってもらう方がいいのだそうです。
そうして、自立できる部分は自立して最期を迎える方が、
お互いのためにもいいのだとか。。。

とはいえ、介護施設で働いてもらうには、
高齢者が気軽に話したり頼めるという点で、
中高年の女性の方が向いているとか。
この辺の意識は身内に対するものとは違うのかもしれませんね。

もちろん、反論がある方も沢山いらっしゃるのでしょうけれど、
岩城さんの言葉は、愛情が溢れていて、
読んでみて損のない一冊だと思いました。


一昨年位に、大家さん仲間で老人介護施設を作る話もちらほら
ありましたが、老人介護施設の立地としては、
従来のような、人里離れた風光明媚な場所より、
老若男女が行き交う庶民派の街の方が、高齢者が楽しんで
過ごせると書かれていて、なるほどと思いました。
そういう視点でも参考になるかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/20

防犯対策セミナー

昨日は、沢さんのところの防犯対策セミナー
行ってきました。
このセミナー、もう、面白くて、勉強になって、
とてもとてもタメになるセミナーでした。

今回のは、本当に本当に、
沢山の大家さんに聞いてもらいたい内容だったのですが、
窃盗に対して、案外、危機感がないオーナーの方が、
多いんだなーと思いました。

その理由も、このセミナーの中で語られたのですが、
入居者が泥棒に入られた場合、警察に連絡して、
壊されたガラスなどは損害保険から支払われ、
入居者は気持ち悪がって退去していくだけで、
管理会社も大家も、真実を知らされないままというケースが
案外多かったりするそうなのです。

そう言われてみると、確かに、
ウチの2DKの物件の空き巣未遂事件の時は、
たまたまアパートの掃除に行っていた母が、
ガラスを取り替えてる業者さんに気付いて、
事情を聞いて判明したのでした。
なるほど。管理会社も知らない訳だー。納得。
しかも、ウチの物件が何故狙われたのかも、
理由がわかってしまいましたー(涙)。しくしく。


今回の講師、佐藤さんは、警察官時代、
自分がAPオーナーであることは言わずに、
泥棒の現場見分に同行し、
その手口や、狙う物件と狙わない物件の差を、
じっくり聞いて、自分の物件の防犯対策に
活用してこられたというのですから無敵です(笑)。

なので、高いお金を払ってもほぼ効果のない防犯グッズや、
逆に安価なのに効果的な防犯グッズの紹介があり、
ご自身の新築物件において取り入れられた防犯のノウハウ等
目からウロコのアイディアで、びっくりすることが沢山でした。

佐藤さんのオーナーとしての視点は明快です。
近隣に沢山あるアパートの中で、泥棒からみて、
自分の物件を「この物件、面倒くさそう!」と思ってもらうのが
とにかくミソ(笑)。

しかも、佐藤さんは、泥棒にアピールする防犯をしつつ、
それを効果的に入居の内見に来た方にアピールするという、
商売上手(?)。


いやー、今後のウチの物件の防犯に大いに活用できる、
とてもとてもいいセミナーでした。
佐藤さん、ありがとうございました!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/01/13

聞く力と気付く力

このところ、実質40分強の通勤電車の立ち時間に、
2日に1冊の勢いで、本を読み漁っております(笑)。

春に向けて、ウチの物件をアピールできる不動産チラシを
何とかつくりたい!という意識があるからこそ、
ちょっと真剣です(笑)。

その中で、面白かった本をご紹介します。
Book00225広告コピーってこう書くんだ!読本
谷山 雅計 著
宣伝会議

この方の手がけた広告を知ると、
「へえ~、あれはこの人がつくった
広告だったんだなー」と驚く位、
メジャーなものを幾つも手がけてあり、
多分、本来は、大企業向けの広告の
コピーライター志望の方向けに書かれた本だと思うのですが、
不動産チラシごときであっても、気付きが一杯の一冊でした。

私にとって、一番の刺激になったのは、
しょっぱなの「発想法ではなく、発想体質を」の辺りでした。
この著者が尊敬するアートディレクター氏の何がすごいか
というと、『思想体質』なんだとか。

で、『思想体質』がどのようなものかというと、
つぎつぎに「なぜ」を見つけてしまう、
「あの看板、なんか目立つな。なんで目立つのかな」
という風に疑問を持ち、その答えを自分なりに考える。
その繰り返しによって、本当の「ひらめき」に近づく。

ここ数年の私はといえば、色々な方の話を伺う中で、
「なるほど!どうしてその視点に気付かなかったんだろう?」
「なるほど!そういう考え方もあるなー!」と感心するばかりで、
自分の視点をどうしたら変えられるか、ちょっと悩んでいました。

もし、何かを見て、ふと「何でだろう?」「どうしてだろう?」と
思いつくことがあっても、慌しさの中で直ぐに忘れてしまいます。

早速、帰りの電車は座れるので、
1日に10個の何故?を探し、自分なりに考えてみよう!と、
やってみたのですが、最初は中々でてこないものですね(汗)。
実際にやってみると、思いつくままよりも、1つのテーマに対して
色々な角度や、掘り下げてみて、10個の何故?を探してみる
方がいいみたいだと気付きました。
とはいえ、まだまだ、私の持つ答えのキャパが狭いし、
この方法でいいのかも分かりませんが、続けてみるつもりです。


また、全然違うジャンルにも思えますが、
この本にも、似たような気付きがありました。
Book00226_3100%人に好かれる聞く力
齋藤 孝 著
大和書房

ご存知、
今年も引き続きの私のテーマ。
「聞く力」です(汗)。

去年まで、私は「聞く力」というのを、
自分が黙っていればいいんだ(汗)と、
極端に解釈していたような気がするのですが、
この本を読んでみて、相手の考えに寄り添いつつ、
「相手が何故こういう話をしているんだろう」と考え、
共感してみたり、角度を変えた質問をして、
相手が気持ちよく話せるように話を引き出すことが
大事なんだなーと考えさせられました。

例えとして、
今はこんなにブログが氾濫(私のも含めて)し、
世の中に「聞いて欲しい!」という人が溢れている。
そんな時代だからこそ、
野球でいうと、上手いキャッチャーのように、
相手の話や才能をうまく引き出せるというのは、
とても大事で、喜ばれる能力だということでした。


聞く力と、様々なことに気付く力。
遠いようで、とても近い関係なんだなと
この2冊を通して気付くことができました。
著者のお2人、ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/06

遅ればせですが。。。

遅ればせではございますが、
-明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。-

今回の年末年始は、会社員復帰ということもあり、
想像していた以上に大忙しになってしまいました。

私より一足先に帰省していたダンナは、
アドバイスを頂くために小場さまにお会いして、
実際にウチの2つの物件を見てもらったり、
福岡の賃貸専門の不動産屋巡りをしてみて、
急速に悪化している福岡の賃貸市況に愕然!

私が福岡に帰った時には、
モーレツな危機感に陥ったダンナに、のっけから、
空室の掃除のし直しやワックスがけ等々、
内覧者視線で見直すための準備でスケジュールが組まれ、
「ゆっくり」も「のんびり」もさせてもらえませんでした(涙)。

それにしても、
REIT等の資金撤収は私が思っていたより速い上に、
福岡などは、中途半端に進出が増えていたせいで、
空室率はハンパな量では無くなっている印象です。
これは、不動産経営に本腰をいれなくては、
とても乗り切れなくなりそう!

ムサシさんに指摘されても、あまりピンときていませんでしたが、
去年のあの時期に、会社員復帰によって、
ウチの月々の貯蓄額が増えたのは、こうしてみると、
とてもありがたいことだったなあと改めて思います。
当面、ガンガン貯めて、自己資金をプールしておかなくちゃ~!
んー!私の貯蓄の虫が久々に蘇ってきました(笑)。
こう思うと、私、やっぱりついてる!
穴八幡のオフダのお陰でしょうか?!感謝。感謝です。

今年は、とにかく、まずは春に向けて満室を目指すこと!
そして、入居者の満足度を上げるようにすること!

今年も勉強、勉強の一年になりそうですが、
やっぱり、楽しんだ者勝ちですよね。

そういう意味で、今日、チビと見た映画、
ルイスと未来泥棒』は、とてもいい刺激になりました。
今の私のツボにぐっとはまった物語でした。
私も、失敗から学び、前に進み続けよう!と思っています。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »