« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/26

an・an

でましたね♪
毎年、この時期にでる、ananのインテリア特集号。
Book00240_2

以前、どなたかの書籍に、
入居ターゲットのインテリアの傾向が分かるので、
この時期のananを買って研究すると書かれていたので、
私も忘れないように、この特集を待つようになりましたhappy01

さすがに、年齢的にananを買うのは気恥ずかしいのですが、
今日、いつもの本屋さんを覗いてみたら、
今日発売なのに、お昼11:00時点で残り2冊。。。
ここは、茅場町の知ってる人しかこない本屋さんだし、
ナチュラル・ローソンが撤退する程、おじさん密集地区なのにbleah
どんだけ人気の特集なんでしょー?びっくりしてしまいました。

で、傾向ですが、
やはり、数年前に比べると、ポップ度の高い部屋や雑貨が減り、
かなりナチュラル志向になっているのを見ていて感じました。
んー、たかだか380円で、単身者向け物件の戦略を練れるとは!
ananは、やはり侮れませんね。

この一冊だけ見たところで、ある程度の予備知識がないと、
中々ピンとはこないかもしれませんが、
1Kの部屋をこんな風に使うんだなと参考にするだけでも、
見てない大家さんに差がつけられるのでは?と思います。

週刊ですので、興味のある方は、お早めに~!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/03/23

春の客付け状況

例年のごとく、確定申告に忙殺されていたので、
不動産がらみも色々あったのですが、
慌しさの中で、すっかり過去のことになってしまってましたcoldsweats01

まずは、客付け状況。
2DKの方は去年の苦戦が嘘のようにこの時期にすんなり満室になり、
単身者向けは、元々空いていた4室も、小場さまのアドバイスを参考に
ちょっと工夫したら、決まり始め、今年退去予定の部屋も、
まだ空く前から、どんどん決まっていく勢いで、ホッとしました。
残るは、3月末ぎりぎりに退去する2室のみ。

ただ、今回、管理会社さんを変え、客付業者さんが広がったこともあってか、
競争激化でかなり不安だったのに、予想以上の反響があったので、
一安心しました。

去年まで、エイ○ルは、客付け力があるからと思っていましたが、
あそこは案外、それぞれの部屋の募集状況を把握してなく、
内見者の意見を吸い上げてくれなかったので、
対応のしようがなかったのです。

でも、今回は、管理会社さんを通じて、客付け業者さんの意見を
ウチに上げてもらったので、いいものは参考にさせてもらいました。

客付け業者さんが広がったことで、勉強になったのは、
やはり、こういう業者の方に、まず「決まり易い部屋」と覚えてもらう
工夫が必要なんだなという事でした。

考えてみれば、業者さんだって、
この時期は、1人のお客さんを案内する時間にも制限があります。
部屋数でいうと、やはり平均3室というところでしょう。
その3室で決めて欲しいのですから、内見に連れて行って、
「うーん・・・いいんだけど」と迷われてしまう部屋では、
案内した時間が無駄になってしまいますよね。

大家サイドとしては、そこに、内見者の背中を押す工夫があると、
内見者も、客付け業者さんも、大家もみんなハッピーnoteなんだ
ということが分かってきました。

その工夫は、地域や入居ターゲットによって違うと思いますので、
一概に「これが!」とは言えませんし、ウチも試行錯誤してみました。
「これは喜んでもらえるかも?」と思ったものが、
全然、反応してもらえなかったりcrying、アピール方法を変えてみたり。
ま、当然、これも毎年毎年、ヒアリングしながら変えていくべきもの
なのかな?とも思っています。

管理会社さんを変えて一番良かったのは、サラリーマン大家にとって、
込み入った内容や、跡を残しておきたい内容を、
お互いに、メールで確認できることでした。

この時期の管理会社さんにしてみれば、沢山の管理物件の空室を抱え、
職場にいるサラリーマン大家に電話が繋がるまで連絡し続けるよりは、
その場でメール連絡を済ませておき、大家側が質問があれば、
メールや電話連絡をもらう方が、時間が短縮できるに違いありません。

改めて、管理会社を変えて本当によかったです。
後は時間をかけながら、信頼関係を築いていくことだなと思っています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/03/18

絶対に「儲かる大家さんになる」実践バイブル

Book00239絶対に「儲かる大家さんになる」
実践バイブル

アパマン長者が集う
「大家さん学びの会」  著

でましたねー!
私も随分、お世話になった「大家さん学びの会」の
サポート・チームの4名による著書です。
(ちなみに今は全員大家さんです)

いつもニコニコ、人と人をつなぐコテツさんに、
誘われて行った飲み会で、温厚な水澤さんと、
一目会ったその日から(ふるっ!)私が大好きになった、
無類のキャラgoodなかじま えみこさんに会ったのでした。

西山さんには、学びの会の席で、不動産の話をしていたのに、
いつの間にか、あまり人に話さなかったような身の上話をしてしまい、
何だかとてもご心配をかけてしまったこともありましたcoldsweats01

この本を読むと、
不動産投資のことを何も知らなかったあの頃の自分のことを、
久しぶりに、振り返ってしまいました。

1棟もののアパートが欲しい!と思った時、当時の本には、
「その駅の周りにある不動産屋さんを全部回れ」と書かれていて、
本当に恐々入ってみると、客付け専門の業者だったり、
大手の不動産屋さんには投資用と頼んでも自宅用ばかり紹介されたり、
新築戸建て専門の特攻隊的不動産屋さんだったり、
管理専門店のおばちゃんに「どうせ融資が無理でしょ」と追い返されたり、
投資用物件を扱うおじちゃんには、「おじょうちゃん」呼ばわりされたり、
・・・ホント、色々ありました。

それに、あの頃は、とにかく勉強しようにも、
資料となる書籍も、セミナーもほとんどない時期でしたので、
学びの会の席で出た話は本当に参考になりましたし、
困った時には、助けてもらえるという安心感にもなりました。

この本には、東京で開催される学びの会に参加できない地域の人でも、
どういうルートや、資料、セミナーを利用すれば、
自分のスキルがあがるのかや、そういう機会をどう活用すればいいのか、
という不動産投資初心者向けの内容から、
学びの会に集まった情報や、サポートチームの面々の体験による、
効果的な運営方法まで幅広く紹介されています。

丁度、キャンペーンもするそうですので、
まだ読まれていない方は、是非、読んでみて下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
■ ■ ■ ■ 現役大家さん300人の知恵が結集! ■ ■ ■ ■
日本最大級の大家さん勉強会「大家さん学びの会」が書籍を出版しました!
【絶対に儲かる大家さんになる実践バイブル】(日本実業出版社)

出版を記念して、ただ今、特典満載のアマゾンキャンペーンを実施中です。
【特典1】集客率200%を達成した伝説のセミナーの音声ファイル
【特典2】凄腕大家さん3人がノウハウを隠さずに語った座談会の音声ファイル
ここまでは、けっこう普通ですが、特典3がすごい!
【特典3】著者本人に質問できる無料メール相談(有効期限1カ月・1回のみ)
期間は3月21日まで!

今すぐクリック!→ http://www.ooya-manabi.com/book/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/03/16

父から子へ

確定申告も無事終わり(1回修正し直しましたがcoldsweats01)、
春めいている季節に気付くゆとりがでてきました~。
仕事の方は、この相場ですから、暗雲たちこめていますがsad

で、今日は、感銘を受けた2冊ご紹介します。

1冊目は、こちら。
Book00237親が反対しても、子供はやる
大前 研一 著
PHP研究所

大前氏の事は、高名なコンサルとして
名前は知っていたものの、
著書を読んだことがなかったのですが、
この本の序文を読んで以来、
とても影響を受けたので読んでみました。

元々、1997年に出た本を2007年に新書として再刊
されたようなのですが、日本の教育環境は、
当時と悲しい位変わっていないのに驚かされます。

まず序文から、さっそく切り込みますcoldsweats01
>20世紀は、「答えがある時代」だった。
>そして、その答えを”先生”と呼ばれる人が教えて、
>子供たちは覚える。それで通用する世の中だった。
>ところが21世紀は、「答えのない時代」である。
>それどころか、問題は何かということを自分で定義し、
>どう解決すればいいかを自分で考えなければいけない。
>(中略)
>いくら親が反対しても、
>子供は自分が正しいと思ったことはやってしまう。
>これは、実は素晴らしいことである。
>自分の意見を持ち、自分で道を選択することは、
>社会に出てから役にたつからだ。
>親の意見ばかり聞いている人間は、社会に出てからも
>自分で考えることができないだろうし、会社員でいえば、
>上司が命令しなければ動かない”指示待ち族”の予備軍だ。
>自分で道を選択することすらできなければ、
>もはや時給600円か700円(あるいはそれ以下)の仕事を
>するほかない。

・・・この辺りから、思わず、うなってしまったのでした。
本文の中では、ご自身の2人息子さんに対して、
父として、家庭として、どういうスタンスで子供に語りかけ、
時間をわかちあい、子供の成長を楽しんできたのか、
とても読み易い文章で綴られています。

感銘を受けた部分、考えさせられた部分が、
沢山ありすぎて、あげきれない位なので、
子供を持つ親だったり、自分の生き方に迷いがある方には、
一度読んでみて頂けたらと、強く思います。

ウチの子も、来年の春には小学生です。(早っ!)
子供の成長に合わせて、私も迷い、悩むことがあるだろうと
思うのですが、時折、この本を読み直して、
子供の将来を私が邪魔することがないよう、
足元をチェックするための大事な一冊になりそうです。


もう一冊は、こちらです。
Book00238人生と投資で成功するために
娘に贈る12の言葉

ジム・ロジャーズ 著
日本経済新聞出版社

かのジム・ロジャーズ氏の本。
何となく、手がでなかったため、
実は、私は読むのは初めてでした。

この本は、ジム氏が愛娘ルールーちゃんに
宛てた手紙のような構成で読みやすく、不思議と、
読んでいる私まで温かい気持ちにさせられました。

とはいえ、ジム氏がどうしても子供に知っておいて欲しい
という願いに満ちた本ですので、その視点には、
学ぶ点が沢山あります。

確かに、言い尽くされてきた言葉とも言えるのですが、
ジム氏は、実際に自分で世界を周り、
自分の視点で物事を見、過去の歴史から学んだ視点で、
現在の状況を自分なりに判断し、実際に投資して、
その投資で成功してきた・・・という実績があります。

投資の世界で出会う人々は、自分のやり方や見方に
固執してしまいがちな人が多いのですが、
実際に本を読んでみて、勝ち続けるには、
自分の失敗を潔く認め、変化を受け入れること、
そして、人は群集心理にかられやすいことを知った上で
投資機会を待つのが大事なんだなと気付かされます。

これは、先々、子供に読ませたいと思った一冊でした。

どちらも、大事なことが沢山書かれていますので
オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/08

確定申告

確定申告を前に、先々週はチビの風邪をもらってダウンし、
風邪薬で眠いまま会社勤めを続けて、
やっと、薬を飲まなくてもよくなった・・・と油断したら、
先週末は、嘔吐性の風邪。。。

うむむ・・・こんなんで、確定申告間に合うのかしらー。
と、薬で、すっかりボヤけた頭のまま不安を抱えていたのですが、
何とか、形になりましたhappy02

ほ~。。。
これから最期のチェックをして、来週頭に提出してきます。
よかった。よかった。

会社勤めの傍らだったので、今年の分は、
本当に間に合うのか、正直、かなり不安だったので、
何とか形にできて、一安心しました。

今日も、
ガチガチになってしまってる肩をほぐしてもらいに行ったら、
「この時期、確定申告で~って駆け込む方が多いんですよ」
と言われました。
みんな同じなんですねーcoldsweats01

これが終わると、やっと、
「春めいてきたなー」と季節を感じる、心の余裕も生まれる
というものです。

会社の人と話していて、
ここまで米$に対して円高が進んだ今年は$圏旅行のチャンス!
ということで、チビがairplane我慢できる距離の$圏へ行ってみようかと、
密かに思っているところです。

・・・ま、自分へのご褒美的ではありますがbleah
ラストスパート、がんばりますー!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »