« 父から子へ | トップページ | 春の客付け状況 »

2008/03/18

絶対に「儲かる大家さんになる」実践バイブル

Book00239絶対に「儲かる大家さんになる」
実践バイブル

アパマン長者が集う
「大家さん学びの会」  著

でましたねー!
私も随分、お世話になった「大家さん学びの会」の
サポート・チームの4名による著書です。
(ちなみに今は全員大家さんです)

いつもニコニコ、人と人をつなぐコテツさんに、
誘われて行った飲み会で、温厚な水澤さんと、
一目会ったその日から(ふるっ!)私が大好きになった、
無類のキャラgoodなかじま えみこさんに会ったのでした。

西山さんには、学びの会の席で、不動産の話をしていたのに、
いつの間にか、あまり人に話さなかったような身の上話をしてしまい、
何だかとてもご心配をかけてしまったこともありましたcoldsweats01

この本を読むと、
不動産投資のことを何も知らなかったあの頃の自分のことを、
久しぶりに、振り返ってしまいました。

1棟もののアパートが欲しい!と思った時、当時の本には、
「その駅の周りにある不動産屋さんを全部回れ」と書かれていて、
本当に恐々入ってみると、客付け専門の業者だったり、
大手の不動産屋さんには投資用と頼んでも自宅用ばかり紹介されたり、
新築戸建て専門の特攻隊的不動産屋さんだったり、
管理専門店のおばちゃんに「どうせ融資が無理でしょ」と追い返されたり、
投資用物件を扱うおじちゃんには、「おじょうちゃん」呼ばわりされたり、
・・・ホント、色々ありました。

それに、あの頃は、とにかく勉強しようにも、
資料となる書籍も、セミナーもほとんどない時期でしたので、
学びの会の席で出た話は本当に参考になりましたし、
困った時には、助けてもらえるという安心感にもなりました。

この本には、東京で開催される学びの会に参加できない地域の人でも、
どういうルートや、資料、セミナーを利用すれば、
自分のスキルがあがるのかや、そういう機会をどう活用すればいいのか、
という不動産投資初心者向けの内容から、
学びの会に集まった情報や、サポートチームの面々の体験による、
効果的な運営方法まで幅広く紹介されています。

丁度、キャンペーンもするそうですので、
まだ読まれていない方は、是非、読んでみて下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
■ ■ ■ ■ 現役大家さん300人の知恵が結集! ■ ■ ■ ■
日本最大級の大家さん勉強会「大家さん学びの会」が書籍を出版しました!
【絶対に儲かる大家さんになる実践バイブル】(日本実業出版社)

出版を記念して、ただ今、特典満載のアマゾンキャンペーンを実施中です。
【特典1】集客率200%を達成した伝説のセミナーの音声ファイル
【特典2】凄腕大家さん3人がノウハウを隠さずに語った座談会の音声ファイル
ここまでは、けっこう普通ですが、特典3がすごい!
【特典3】著者本人に質問できる無料メール相談(有効期限1カ月・1回のみ)
期間は3月21日まで!

今すぐクリック!→ http://www.ooya-manabi.com/book/

|

« 父から子へ | トップページ | 春の客付け状況 »

コメント

ご無沙汰しております、西山です。

この度は、拙著をご紹介いただき、
本当にありがとうございます。

おかげさまで、キャンペーンも
満足のいく結果が得られました。

今度は女性限定の勉強会も考えていますので、
顔を出してみてください。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 西山雄一 | 2008/03/22 16:56

西山さま

ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。

女性限定の勉強会ですかー。
学びの会へ初めて参加した時、女性がなかじまさんと私だけ
だったのを思い出します。
女性限定だと、女性の大家さん希望者にとっては、
参加しやすいかもしれませんね。
その折には、一度、参加させてください。
楽しみにしております。

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 三田 | 2008/03/24 06:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/40550248

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対に「儲かる大家さんになる」実践バイブル:

» 究極のバイブル [投資家けーちゃん 勝利への道程]
ぼくもお世話になっている、大家さん学びの会。 運営メンバーの4人が集まり、 究極... [続きを読む]

受信: 2008/03/29 03:01

« 父から子へ | トップページ | 春の客付け状況 »