« 耐震補強工事5 | トップページ | 耐震補強工事7 »

2008/07/26

耐震補強工事6

締め切りと区切っていた翌日の午前中、メールがあり、
なんと、市の担当者が、夜7時頃になって、
約束していた書類をわざわざ保育園の園長先生へ
届けに来たらしいよーと連絡が入りました。

おお!ギリギリセーフで、締め切り死守
が、がんばったねー!すばらしー!
と、私たちもちょっと驚いたのでした。

・・・ただ、届いた書類の中身にはがっかり
この時点では工事関連の書類はまだ公開できないものだったので、
2箇所に分かれた場合の人員補充計画についての回答だったので
すが、答は移転先の1クラスに補充1人だけというもの。

現在でも、先生方のローテーションはかなりタイトなのを日々見てい
るだけに、それはあまりに先生方への負担が大きいと思い、
今度は園長先生へ先生方の意見を伺いにいきました。

実際の先生方のローテーションを伺ったり、
今現在もパート職員を募集しているが、応募がないこと等、
苦しい人員確保の状況が見えてきました。

また、設計関係の部署で聞いてきた工事手順を考えると、
工事中に2週間ほど、1.5クラス分のスペースを間仕切って工事を
行う必要があり、その期間、30名弱の子供達が、
他の年齢のクラスに5名位づつバラバラに分散して園生活を送る
必要があることなど、新たな問題点が見えてきました。

そのため、急いで追加の要望書を用意したのです。
・補充人員は最低でも2名以上は用意し、
 園庭が使えない分、近隣の公園などへ連れ出して欲しいこと
・1.5クラス工事期間だけでも、2クラスを移転させてもらえないか?

その上で、保育園から一番近い市の施設へ、
ママの一人が、「2週間ほどだけでも、何とか施設の一部を
貸してもらえないでしょうか?」と聞きに行ってくれ、
その施設のTOPからは、「協力できる範囲は協力します」
と好意的な回答をもらえたりと、私たちなりに根回し
できる部分は、行動に移していきました。


この要望書を出した後、市の対応が、180度ガラリと変わり、
私達は対応に追われることになるのですが・・・
長くなるので、またまた続きます。

|

« 耐震補強工事5 | トップページ | 耐震補強工事7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐震補強工事6:

« 耐震補強工事5 | トップページ | 耐震補強工事7 »