« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/21

耐震補強工事8(まとめ)

すっかり間が空いてしましました。
今は、もう既に目処がつき、落ち着いているのですが、
仕事の方が忙しくて、相変わらずバタバタしてます。。。

で、耐震補強の方ですが、全員移転ということで、
市の方へ改めて要望を投げてみると、
それはそれは、親身に移転先探しが始まりました。
みんなで、周辺の空き地情報を市の担当者へメールし、
翌日には、市の担当者が持ち主に当たるという力の
入り方で、本当に恐縮する程でした。

最終的に、全員移転で3つのプランがでてきました。
1.駅から徒歩6分の場所(狭い)に、2階建てプレハブ建設。
 但し、工事開始は来春以降
2.駅から徒歩10分圏内の2ケ所に分かれて移転。
 1ケ所は平屋プレハブを建築するため、移転は年末年始。
3.駅から徒歩17分の場所(かなり広い)に、プレハブ建設。
 移転は、来年初旬。

この時点では、どのプランにも一長一短がありましたが、
先生方の増員の予算が厳しいことから、全員一箇所へ移転
しないことには、先生方だけでなく、2ケ所へ送迎する保護者や、
子供達の心理的影響も大きいことを考えると1か3。

また、1は駅から近いのはいいのですが、
周辺に遊ばせる場所がなく、近隣の公園を利用しようにも、
やはり、増員面がネックになり、外遊びができないと、
子供達のストレスが大きいことなどから、
駅から遠くなるものの、3~4ケ月の間なので、3で、
保護者の協力を仰ごう!ということになったのでした。

と、その前に、その3の場所が、実はまだ確保できてない
ことが分かり、今度は、その辺り一帯を牛耳る?自治会長
=政治家 さんへ、お願いに伺うことになりました。

それが、何ともラッキーなことに、たまたま、自治会主催の
夏祭りの日があり、そこへ政治家さんも来ているという情報を
キャッチした私たち。
近しいママ&子供を総動員し、政治家さんへ「土地を貸してください」
とお願いに上がりました。

お祭りの場所に集合した時点では、雲行きが怪しかったのですが、
実際に、お願いしてみると、ものすごく好感触heart04
結果的には、この方の強いプッシュもあり、
場所は二転三転したのですが、悪くない場所に決まりました。


それから、市による説明会の希望アンケートでは反応が薄かったのに、
実際の説明会には、思っていた以上の保護者が参加してくれ、
その後の保護者へのアンケートでも、回答率では、
同時に行われた市内の保育園の中ではダントツの高さになりました。

この結果を元に、市と改めて協議し、
3のプランでいくということの確認と、考えられる問題点、
保護者サイドの要望などを伝え、当面の打ち合わせは終わりました。


・・・って書くと、すごくすんなりいったかのようにも思えますが、
実際は、小さな問題が頻発し、もーヘトヘトの毎日でした。
ですが、終わってみると、みんなでやりとげた大きな達成感があり、
本当にいい経験をさせてもらったと、心から思っています。

10月には、もう少し詳細な打ち合わせが始まりますが、
今後は、どちらかというと、きちんと工事が進んでいくのを
見守るという役目になりそうなので、あまり心配していません。

役所勤めのママによると、ここまで役所と保護者がいい関係を
保って連携できるケースは、かなりマレなことだそうなので、
そういう意味でも、嬉しい経験となりました。

ご心配&応援を頂いた方々、ありがとうございました~!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/09/14

永遠のテーマ

永遠のテーマ・・・と言っても、不動産ではありません。

今日は、久しぶりにチビにつきあって、
ウルトラマンの映画を見に行き、
ミョーに感動してしまいましたcoldsweats01

子供のころ、確かに、弟につきあって、仮面ライダーや、
ウルトラマンなどの番組も見ていたのですが、
どう思い返しても、それらは十把一絡げ状態だったのでした。

それが、こうして大人になって、改めて見てみると、
私の私見ではありますが、
レンジャー系(?今はゴーオンジャー)は、「正義は勝つ!」、
仮面ライダーシリーズは、「正義の味方にも、悪者にも、
悩みや葛藤がある」という少々人間くさいものが根底にあり、
ウルトラマンシリーズは、「人類愛や信じる心」を重んじる
テーマがあるんですね。

長年、少年達の心を掴んで話さなかったヒーローものの
根底に流れる永遠のテーマというものを知ると、
どうして、今の子供達(+昔の少年達?)の心も
魅了されてしまうのかが分かるようになってきました。

そして、ウルトラマンは、これらの中でも、一際、
少年達の心をワシヅカミなのですねー。
ウチの子も、ウルトラマン初代シリーズから、
ビデオを借りて、ほとんど見てしまいました。。。

まあ、その時期をいずれ通り過ぎては行くのでしょうけれど、
今日の映画を見ていて、「人類愛」とか「信じる心」を
こうして照れも無く、熱く語るヒーローがいるというのは、
少年の成長には、案外、いい影響が残るのかもしれないなー
なんて思ってしまいました。

実際、メビウスが終わって1年以上経つのに、
映画館は子供達+パパ達でいっぱいでしたしね。

ウルトラマンの過去のヒーロー達が、年配になっても、
ウルトラマンに変身することを称えられ、受け入れられるとは。
一時期でもウルトラマンになれた人達はとても幸せですね。

ウチの子は、いつまで、ウルトラマンを心の中に残して
成長していくのかな?と考えさせられた1日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/09/08

人生の楽しみかた

この週末は、福岡へ帰っていました。
会社の元上司が亡くなり、社員向けの葬儀へ出席するためです。

そこには、音信が途絶え、今もお元気なのかずっと気になっていた、
沢山の元上司の姿があり、短い再会をすることができました。

次々と挨拶をする中で、徐々に気付いたことがありました。
それは、私が「お元気かな?久しぶりにお会いしたいな」と思う上司は、
みな一様に、お元気で、当時と変わらぬ笑顔で、若々しさを保ち、
一方、会社を拠り所にし、その権威をきていた人ほど、
すっかり、ふけこんでいらした姿でした。

人格者かどうかは別にして、その違いを考えてみると、
老いても尚、好奇心を持ち続けていられるのか?なのかもしれないなー
と、つくづく考えさせられました。

前者の上司達は、久々にお会いしても、直ぐに、私とわかり、
最近の生活を伺うと、自分の興味のある、色々なお話をされたり、
私の生活を尋ねたりと、話題が広がるのに、
後者の上司達は、私が改めて自己紹介して・・・暫くして、回線が接続。
「ああ、懐かしいねー」と懐かしがるばかりで、会話が広がりません。

現役のころは、どちらも会社の中枢にいた人たち。
それが、会社を離れ、1個人として、どう生きていくのか?
定年を迎えたサラリーマンは、その現実と向き合うしかなく、
それをプラスと捉えて楽しむのか、マイナスに捉え執着してしまうのか、
いずれ、私も選択する時がくるのだなと考えさせられました。


それにしても、今の職場には慣れっこになったつもりだったのに、
久しぶりに、現役で出世レースを走る同世代のサラリーマン達と話していて、
自分の価値観のずれっぷりには、ホント、びっくりしました。
つまり、私にとっての前提が「会社ありき」では無くなってしまってたと。
みんなが話す、サラリーマンの心配事に、全然、共感できなくなってました。
(もちろん、それを敢えては口にしませんでしたが。。。)

こうして、会社以外への好奇心が少しずつ少しずつ枯れて行ってしまうとしたら、
とても悲しいことだし、気をつけないとなーと、考えさせられた帰省になりました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/09/03

お勧めの本をご紹介

何だか途切れ途切れになっていますが、
やっと、耐震補強工事がいい方向に進むことが決まり、
ホッとしています。(後日談はその内に)

今日は、最近読んでいて面白かった本、二冊をご紹介します。

一冊目はコチラ。
Book00244_2サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

中原 圭介 著 フォレスト出版

この著者は、好き嫌いがはっきり分かれるとは思いますが、私は、今回の本もとても面白く読みました。

FXなどをやっている方(私は今は休眠中)は、株より敏感に反応するので、各国が発表する指数に感心がある方が多いと思いますが、大事な指標と、その考え方などが書かれていますし、著者なりの今後の展望が書かれていて、とても勉強になりました。

最近、紙の投資のポートフォリオ戦略などを迷っていらっしゃる方がいらしたら、ご一読下さい。


また、この本に、過去の相場から学べというようなことが書かれており、以前、フリーパパさんにも同じようなアドバイスを受けたことを思い出し、こんな本も読んでみました。

Book00245相場ローテーションを読んでお金を増やそう―次の株高はいつ始まる?

岡崎 良介 著 日本経済新聞社

BSジャパンの番組にも出演されている、フィスコアセットマネジメント運等担当取締役CIOの岡崎さんの著書です。

こちらの本は、膨大な過去のデーターを元に、現在起こっている現象を、どのパターンに近いのかを比較、検討し、今後の運用に活用しましょうという主旨の本です。

今年の初めに発売された本なのですが、原油や金など原材料の下落を大枠で予想されていたものが、現実となっていますし、過去の相場の変動の大きな要因について、知らなかったことも沢山書かれていて、非常に勉強になりました。
難を言えば、投資に入るタイミングについては、別の書籍を参考にした方がいいかな?と個人的には思いましたが、この手の本にしては、読み易いとも思いますので、興味のある方は読んでみて下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »