« 記憶に残る一週間 | トップページ | セミナーへ »

2008/10/19

借金パワーで金持ちになる!

Book00248借金パワーで金持ちになる!
沢 孝史 著
筑摩書房

でました!
ウチのししょーの新著ですhappy02

ここ数年、様々な不動産投資や
運営についてのノウハウ本は
でつくした感があったのですが、こうもシンプルに、
借入の力を使って不動産投資をすることについての解説本はなかった!
と、素直に思った一冊でした。

常日頃は、本当にごくごく普通のおじさまwinkなのに、やはり、数学的な
ことを理解しやすく噛み砕いて説明できる人は、沢さんしかいないなーと、
解説の中でも特に!三匹のこぶたのトコを読みながら思いました。
これからチビの絵本を読む度に、私の頭には、違う想像図が浮かんで
くることになりそうです。。。coldsweats01

少し前に、中小企業のオーナー向けに資金繰りについて書かれた本を
読んだ時に、『日本人は、とかく、無借金経営がいいように思っているが、
大企業はともかく、中小企業を経営していく上では、借入をうまく使えない
企業は、いずれ金銭面で大きな問題を抱える。
特に、大きく勘違いしがちなのは、無借金がお金を借り易いという点だ。
銀行側から見てみれば、自己資金経営を続けてきた企業が借金を申し
込んで来た時点で警戒するし、返済実績のない企業というのは、
返済が滞るリスクが高く見える』という記述でした。

端から見ていると、沢さんの借入額は留まることをしらず(汗)、
弟子の私ですら、「だ、大丈夫なんですか?」と問いかけたこともある
借入額でしたが、新著を読んでみて、まだまだ私の理解が至ってなく、
こんなに状況を詳細に分析しながら、借入を活用して、返済も戦略的に
こなしている経営者というのは、銀行サイドから見ると、
やはり、融資しやすいオーナーということなんだなあと、改めて
思いました。

このところ、投資思考が守りに入っていたのですが、
今後のことを考えると、ウチも不動産に関しては、
もう少し規模を大きくしていく必要がありますので、
やはり、いつでも攻めに転じられるよう、市況の観察を怠らず、
機をみて敏に動く意識が必要だな!と思いなおしました。

とにもかくにも、さすが沢さんな一冊でした。
オススメです!

|

« 記憶に残る一週間 | トップページ | セミナーへ »

コメント

内容は、よく理解できますが、ちょっと、レバレッジかけ過ぎで危険な感じがしますよ。銀行も喜んで仮想といい始めると結構やばくなります。こうやってバブル紳士が生まれてくることも間違いがないので気をつけてくださいね。詳細な計画をねっても、世の中の趨勢には勝てなくなることもありますから。逆に、私のようにレバッレジをかけ過ぎないのも面白くないかもしれませんが。これから、レバレッジをかけ過ぎたヘッジファンドの大半は破綻へ向かっていますので、要注意です。

投稿: ふりー | 2008/10/20 21:08

すみません。名前が飛びました。結論は数年後にわかると思います。

投稿: ふりーパパ | 2008/10/20 21:09

ごめんなさい。ついでに書いておきますが、某トランプ氏も、破綻寸前だそうです。

投稿: ふりーパパ | 2008/10/20 21:11

うーーーーん、

バブル末期にこういう本がたくさん出て、書いた人たちは次々と破綻していったのですが・・・・・

まあ、沢さんに限ってそんなことはないかと思いますが・・・・

あ!私は春になるまで冬眠します。(汗)

投稿: ムサシ | 2008/10/20 22:43

ふりーパパさま

あはは。そういう反応をされるだろうなと思ってました。
沢さんはともかく、ウチの規模では、どちらにしても
今の時期は融資づけが厳しいです。
自己資金3割入れるとなると、投資先が限られますし。
投資するものについては、時間をかけて吟味しておき、
チャンスの窓が開いた時に、かまえておかなくちゃなと、
思っている次第です。


あはは。ムサシさんも予想通りの反応ですね。
確かに、私もバブル崩壊を見てきましたので、
あの時のワンルームマンション投資の崩壊の記憶はまだ
あります。
沢さんは・・・あのキャラですから大丈夫でしょう(笑)。
私は・・・急には走れないので、柔軟くらいから始めておきます。

投稿: 三田 | 2008/10/20 23:26

みたさんへ、読まれていましたね。(^_-)-☆

 不動産の契約をして、今日某都市銀行にいきました。担当者によると金融庁のご指導もあり、投資不動産に関しては、自己資金(ないしは金融資産)の5倍以上は絶対に貸してはいけないような基準ができたようです。来年4月には、全銀行に適用されるんじゃないかといっていました。既存のローンはそのままだけど、新規はもうだめになるようです。

 日本版サブプライム問題にならないようにだそうです。その分レバレッジの低いREITなどには貸せるようになるようです。

投稿: ふりーパパ | 2008/10/20 23:43

噛み砕いた内容でよくわかりましたね。

うちは今回の購入で数年はお休み。
自分達の規模を考えるとしばらくは資金力を高めないと安心出来ないので(^^;)

でも市場は観察してないと、いざ動こうと思った時には動けないので、
生活スタイルは今とは変わらないかと思いますね。

投稿: ぺっぺ | 2008/10/22 19:54

ふりーパパさま

先日、あいこちゃんに会った席でも、
何人かの不動産投資をされている方から、
融資が厳しくなった話がでていました。
まあ、属性によって、随分違うことも感じましたが(苦笑)。
ウチは、まずは追加担保要請に応えられるよう、
資金をまとめているところです~。


ぺっぺさん

ウチはタイミングよく?、私が仕事に復帰したので、
今は、がんがん貯蓄のムシになってます(笑)。
私は、この2年程は物件を探していなかったので、
そろそろウォーミングアップをはじめて相場観を養って
おこうかなーと思っているところです。

コンスタントに買い続けるという手法も確かにありますが、
私は前回のバブル崩壊をじっくり見ていましたから。。。
巷で「不動産は当面買えない」という人が増えてから、
本格的に探し出しても遅くないかも?とも思っています。
ウチはチャートが下落方向の時にコンスタント買いできるほど、
資金力がありませんし(涙)。

相場転換のサインって、今回の急落の場面を思い返しても、
やっぱり、巷のインタビューを見て判断するのが、案外、
外れが少ないなーと改めて思った次第です。

投稿: 三田 | 2008/10/27 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/42842728

この記事へのトラックバック一覧です: 借金パワーで金持ちになる!:

« 記憶に残る一週間 | トップページ | セミナーへ »