« 管理会社の1年の締め方 | トップページ | 潮目 »

2009/02/01

若者の就業機会

先日、久しぶりに人事部長(元上司)が支店に寄られたので、
ランチに行ってきました。

話していて思ったのは、本当に、今の中小企業には、
新入社員(特に女性)を育てる余力がないのだということでした。

・・・というか、以前なら、新人が失敗することも含めて、
任せられたような単純な事務作業が大幅に減っているのです。
そういう仕事は、ほぼIT化されていたり、チェック項目程度に
なっているのですね。。。

私が入社した頃は、どこの会社も大量に新人を採用し、
徐々に3割程度が残り、結婚によって1割程度に絞られる・・・
という繰り返しだったのですが、そのふるいにかけるために
かかる人件費はバカにならないコストになっているんですね。

とはいえ、社内の女性の平均年齢がどんどん上がっているのは、
会社としても無視できない事実。。。
長期的な視点で見ると、当然ながら、先々を任せられる
人材育成はどうしても必要になる。

・・・でも、この1年強、この会社に戻ってみて、
こういう対面営業を主とする証券会社は、中期的に、淘汰、
統合されていくしかないのだろうという思いが強くあります。

これは、前回、会社を離れた時にも思っていたのですが、
今回戻ってみても、客層の開拓という点で、
対面営業の証券会社には将来を見据えた戦略がありません。

もちろん、今のように多くの情報がネット上にあり、
ネットが使える人であれば、勉強をして自分の判断で、
注文を出せば、速く、安く、注文が出せるようになっている中で、
こういう対面営業を使う顧客というのは、
相続関連で資金を手にしたものの投資判断が苦手な高齢者か、
資金も大きく、多忙で、資金管理という点でマメに連絡を入れる
侍従的に使いたい高額所得者がほとんどです。

反面、そういう人達のニーズや信頼に応えられる人材は、
ほとんどいないのが現実です。
ホントに、呆れてしまう位、おじさま方の考え方やトークが、
10年、20年前から進歩していない気がします。

会社が将来を見据えるのであれば、プロ化した社員が必要で
その情熱を考えると、若者が不可欠にも思えるのですが、
元上司の話を聞いていると、どこか、この会社もいずれ
フェードアウトしていくという読みもチラチラ見えてしまったり


改めて、IT化は、単純労働を奪うところまで進んでいるんだなあと
考えさせられました。
まさしく時代は、ハイ・コンセプトの時代へ到達!?

10年経つと、就業環境はもっと変化しているのでしょうね。
ウチのチビが社会に出る頃には、どうなっているのやら。。。

まあ、歴史を見ても、働く場というのは、時代時代に合わせて
変化してきたので、いずれにしても、それに適応していくのでしょうね。
後で考えると、今は、次の時代への過渡期となっているのかも
しれないなーと考えさせられています。

|

« 管理会社の1年の締め方 | トップページ | 潮目 »

コメント

「ハイ・コンセプトの時代」、私も読んでいたのですが、実は途中で挫折していたことを思い出しました(^^;)
また読み直します!
私もここのところ子供の教育についてダンナさんと話し合ったりしているのですが、だんだんと今後の教育はこれまでとは全く違う価値観で考えていかなければいけないのではないかという気になってきました。
その考えを、では具体的にどのような教育を受けさせたいのか?というところに落とし込んでいくと、これまでの自分の考えとはかなり違った方向になってきつつあります。
5年後と10年後、そして20年後というのは全くみえる世界が違うのかもしれませんね。

投稿: 撫子 | 2009/02/02 00:21

私が小学生のとき(何年前かぁ!?)、学校の道徳の時間に、NHK教育テレビ(爆)で興味深い仮想(?)ドラマをやっていて、妙に印象的で頭に残りました。

工作機械を作る工場で働く人たちなのですが、新型の工作機械が開発されました。
それができると、工場は自動化されて、工場で働く人たちがいらなくなってしまうのです。
そして、その工場にも導入され、自分たちが解雇されてしまうのです。
自分たちを解雇するための工作機械を自分たちで作る・・・・・

今のIT社会も、実は同じなんですよね。

投稿: ムサシ | 2009/02/02 10:31

撫子さん

私も、子供にどのような教育を受けさせれば、本当に将来
役立つのかと考えると、悩むことばかりです。
チビが社会に出るまでに、20年弱。。。
10年後でも想像つかないのですが
ハイコンセプトの時代以上の変化があるのだとすると、
勉強詰め込みでは太刀打ちできないことだけは確かなようですね。
親が用意できるのは環境だけなので、子供にとってよりよい
環境を・・・と考え続けていくことになりそうです。


ムサシさん

おー、なんだか、とても考えさせられるドラマですね。
この工作機械も、普遍的な単純作業に使う作業をしていた人達は
職を失ったのでしょうけれど、岡野社長のところのように、
他ではマネできないレベルまで高めた人は今も必要とされる。。。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%B2%A1%E9%87%8E%20%E9%9B%85%E8%A1%8C
これからのナレッジワーカーも、せめてそこまで上のレベルを
追求しないと、使い捨てられる側になるということなのでしょうね。。。

投稿: 三田 | 2009/02/02 22:30

う~~んそうなんですか~~~

勉強になります~~~

投稿: ドキンちゃん | 2009/02/03 12:26

参考になれば~。。。

投稿: 三田 | 2009/02/04 06:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若者の就業機会:

« 管理会社の1年の締め方 | トップページ | 潮目 »