« すったもんだ >_< | トップページ | 次のステップへ »

2009/03/08

NLPの世界

あるきっかけで、「NLP」などという、言葉をめぐる世界があることを
知り、早速、本を読んでみました。

まずは、こちらの入門書から。
Book00256実務入門 NLPの基本がわかる本
山崎 啓支 著

この本は、よくみかける
税務入門のようなかんじで、
左に解説、右に略図がある
パターンの入門書です。

・・・が、私のような、
「NLP=Neuro-Linguistic Programming って言われても、
それ、なに???」
という、本当の初心者にはもってこいの一冊でした。

中を読んでみると、本当にこれまで読んできた、
成功者のヒミツなどではお馴染みの考え方で、
「あー、これをNLPというカテゴリで研究してる人もいるんだ」
と素直に驚きました。

入門書ですから、どうしても一般論的ではありますが、
それでも、これまでバラバラに頭に入ってきていた情報が、
なんとなく整理されていき、更に、もう一段深く知る部分が
あり、中々勉強になった一冊でした。

後半では、セールスパーソン向けや、セミナー講師としての
経験を語られている部分もあり、私は、不動産屋さんとの
これからのコミュニケーションに活用してみようと思う部分が
何点がありました♪


で、調子にのって、少々上級者向けの本も読んでいますが、
こちらも、すごく面白く、勉強になっています。
Book00257クリスティーナ・ホール博士の
「言葉を変えると、人生が変わる
-NLPの言葉の使い方」

クリスティーナ・ホール Ph. D. 著

こちらは、クリスティーナ博士と
編者の北多見氏の対談形式ということと
専門用語も結構でてくるので、
私は少々読みにくかったのですが、
それでも、紹介されている事例が身近であることと、
どう表現したらいいのか難しいのですが、行間に穏やかな
空気がある一冊で、読むと私は不思議と癒しを感じました。

事例の中には、私自身、子供にかけている言葉に、
自分が思っている以上の影響力があることを考えさせら
れたり、ダンナとのコミュニケーションでどこがズレがち
なのか?!というのも、見えたりして、理論の理解はともかく、
参考になる部分が多々ありました。

それから、ワタミの渡邉社長の持論「夢に日付を」と全く
同じように、目的を達成するプロセスにおいて、
日時を明確にすることの重要性や、夢を実現した自分から
逆算で、現在のところまで戻ってくるという方法も
紹介されていて、これを知って実践できるというのは、
万国共通、すごい力を発揮するのだなーと改めて思い、
早速、5年後、10年後の自分をカードに書き出してみたり
しています(笑)。

あと、この本を読んでいて、不思議と思い浮かぶのが、
斉藤 一人さんの本。
私は、言葉の力や、自分を暗示にかけてしまい、
違う人生へ踏み出すきっかけを一人さんの本から
もらったと思っているのですが、この本と共通点が多く、
こちらは学問として深く研究している人の本。
一人さんの方は、完全に同じではないものの、
実践する気にさせる明るさがある一冊なのかな?
と個人的には思っています。


NLPって、自分の人生をどう生きていきたいか、
他人とどうかかわっていきたいかを考え、
その方向を少しでも変えたい人には、とても参考になる
考え方なのかもしれないと思いました。

興味のある方は、是非!

|

« すったもんだ >_< | トップページ | 次のステップへ »

コメント

私、この言葉は全然知りませんでした。
面白そうですね。
ちなみに私、最近自分で気づいたのですが、自分の中で思考をポジティブにすることはだいぶ慣れたのですが、言葉となると、どうも上手にできません。
子供への声掛けも、頭でこれが良いと思っても、自分の感情とずれているとなかなか言葉に表せないことがあります。
これも訓練なのでしょうね。
まだまだ道のりは長いです。

投稿: 撫子 | 2009/03/09 23:35

撫子さん 

この本を読むと、大抵の親は、自分が子ども時代に受けてきた教育法なり、価値観をベースに、意識的に、時には無意識に、自分もまた子どもに対し、同じような教育や価値観を伝えてしまいがちで、でも、それが常に正しい訳ではないことに、この2冊目を読んでいて気付かされるところがあり、私は結構ショックを受け、深〜く反省して、子どもに「どう思った?」と聞いてみたり、自分の子ども時代の気持ちを思い返したりしました。 

撫子さんには、マニュアル的な1冊目より、2冊目の方が合っているかもしれません。
2冊目の前半1/4を読むだけでも、私には親として気付きがいっぱいでした〜。

投稿: 三田 | 2009/03/10 08:37

私もこの言葉は知らないです(・・;)

でも2冊目のタイトルの「言葉を変えると人生が変わる」というのは納得するところがありますね。
人の言葉遣いから、その人の性格が見え隠れするように、言葉が導き出したり、引き込んだりする運気はあると思いますし。

またまた注文して読む本が増えましたわ(^^;)

投稿: ぺっぺ | 2009/03/13 23:12

ぺっぺさん

そうなんですよね。
「言葉を変えると人生が変わる」というのは、魅力的ですし、
その通りだという経験もしてきたのですが、
この2冊目を読むと、コミュニケーションにおいて、
自分がどれだけ言葉を省略して話していて、
相手がそれを自分の経験で穴埋めしながら理解していて、
実は、意図したこととは全然違う理解をすることがある
という点をすごく考えさせられました。

私、この省略を沢山してるせいで、コミュニケーションに
問題があることを、日々痛感させられています~。
まだまだ鍛錬しないと~です。

投稿: 三田 | 2009/03/15 07:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/44284985

この記事へのトラックバック一覧です: NLPの世界:

« すったもんだ >_< | トップページ | 次のステップへ »