« 壁面塗装にチャレンジ! | トップページ | シェアハウスで蘇る!不動産”新”ビジネス »

2009/06/29

モノポリー

子どもが小さい頃から、いつか、子どもとやろうと、
ウチには、cashflow101 や for KIZ 、モノポリーなどの
ボードゲームを買い揃えてありました。

半年程前までは、家にじっといることに堪えられなかったのに、
小学生になると、買い集めていた、ボードゲームのルールが
理解できるようになり、子どもの方からゲームに誘ってくる
ようになってきました。

とはいえ、最初は、親二人も初心者なので、ルールブック片手に、
ああでもない、こうでもないと続ける内に、其々勝つ方法が
見えてくるようになってきました。


こうなると、親二人は、同じ色の敷地を独占させない為に、
(独占しないと家やホテルが建てられない)お互いの手と、
手元資金を見ながら、熾烈な足の引っ張り合いを繰り広げますbleah

さすがに、子どもの敷地の邪魔をするとかわいそうなので、
子どもに手加減しつつ・・・とやっていく内、気付いたら、
子どもに鉄道会社を買い占められ、親二人、鉄道に止まる度、
2000万円も払うハメに。。。shock
なんでよー!!!高すぎる~!
・・・バカな大人が二人。


ダンナは、一度、その鉄道会社のオーナーへの多大な支払いに
追われ、破産させられたり、チャレンジカードで、通常の二倍の
料金を払わされたり。。。
人生の辛苦を疑似体験させられていますcoldsweats01

当初、停まる場所を手当たり次第に買い占めようとして、
資金がショートする事を繰り返す中で、投資スタンス自体に問題
アリなのか?と、本人も気付いたようで、モノポリーの奥深さ、
恐るべし!なのでした。


私はというと、緻密に考えて土地を購入しているようで、どこかザル
なので、「ああ~!」と後悔することしきり。。。
んー、投資する時には、土地の価格、建築費、通行料のリターンを
熟考せねば~!


それにしても、モノポリーは、キヨサキさんが言うように、
現実の社会で気付かされることも多いとはいえ、
鉄道会社が、不動産と比較して、この価格で買ってオーナーに
なれることはないよなー。
通行料も、投下資金に対して、こんなに利回りいいかなー?
などと、色々考えてしまいました。

思えば、数十年前までは、こういう鉄道など全て、
国が所有してたんですよねー。
不動産だって、個人が所有しているように見えて、
税金で一番おいしく稼いでいるのは国。。。

国っていいなー!
・・・と、結局、私の思考はいつもソコに行き着くのでしたwink


モノポリー、ただ一つの問題は、家族3人でやってると、
中々決着がつかない所。最後はいつも、消耗戦。。。
子どもがもう少し大きくなったら、同じ色の土地を交渉して買い取ったり
交換したりできるようになり、面白さが増すのでしょうけど。
まだまだ先のようです。

|

« 壁面塗装にチャレンジ! | トップページ | シェアハウスで蘇る!不動産”新”ビジネス »

コメント

まだ交渉ができないなら、バンカースというゲームの方が面白いかと思います。
モノポリーの子供用バージョンという感じです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0002YNBM8/ref=s9_simz_gw_s0_p21_t1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-1&pf_rd_r=0WS06X1ED3BKS9D4Z97E&pf_rd_t=101&pf_rd_p=463376736&pf_rd_i=489986

私も小さいころ、よくやりました。

子供に銀行もやらせると、計算の練習にもなり、いいかと思います。

私もやらされてました。(汗)

投稿: ムサシ | 2009/06/30 12:38

モノポリー、私も家族でやってます。
なかなか終われないですよね。うちは5人でやりますしぃ~(笑)
息子に通行料たくさん払ってましたよ。

投稿: yuka | 2009/06/30 22:26

うちはモノポリーはしていませんが、子どもが友達と
ゲーム(桃鉄?)をしていて、
「ここで、この不動産買っとかないと」とか
「うわ、破産した」とか
「この会社のオーナーになって。。」とか

子どもの会話と思うと、なんだか笑えるようで、笑えなかったり(^^;)

ゲームからお金や仕事について学ぶこと大切かと。

投稿: ぺっぺ | 2009/07/01 12:36

ムサシさん

こんなゲームもあるのですね。
私は、子どもの頃は、人生ゲームをよくやっていました。
交渉は、子どもはまだ無理だとしても、
私とダンナは、そろそろ、足の引っ張り合いから脱し、
交渉のテーブルにつこうかと。

その様子を見て、子どもも自然に学ぶかな?と期待しています。


yukaさん
おー、yukaさんちのご家族だと賑やかでしょうねー。
やっていて思うのですが、子どもには説明が難しいからと
説明しないまま、ダンナと陣地争いをしているのですが、
見よう見真似なのか、「ここは皆買わない土地」とかは
ちゃんと分かっていくんですねー。

ウチの子が鉄道を買い占めると、鉄道に停まる位なら、
刑務所行きの方がありがたくなってしまったり。。。
こういう姿も見られているんでしょうねーcoldsweats01

投稿: 三田 | 2009/07/01 23:56

ぺっぺさん

あのゲームって、そんなに奥が深いのですね。
私の携帯に入っていて、子どもは意味も分からず
(漢字が読めないので)やっている時があります。

私の子供時代の事を思い返すと、こういうお金のゲームは
確かに面白かったのですが、それを実社会と結びつけ、
自分の人生においても、応用していく程の熟考が
足りなかったなーと、大人になってしまって反省しています。

私の子供時代には、身近に金持ち父さんのような示唆を
してくれる大人がいませんでしたが、ウチの子には、
考えさせる機会を作ってあげたいと思っています。
・・・ま、まだまだ先になりそうですがwink

投稿: 三田 | 2009/07/02 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57419/45493030

この記事へのトラックバック一覧です: モノポリー:

« 壁面塗装にチャレンジ! | トップページ | シェアハウスで蘇る!不動産”新”ビジネス »