« 金銭教育スタート?! | トップページ | パパ銀行 再び! »

2009/09/23

100円でできること

先日からの子供と始めた金銭教育で、100円の価値を
色々と考えさせられていた時に、学校からユニセフ募金の
案内が来ました。

その封筒を見て、なんだか、とても考えさせられてしまったので、
自身の後学のために、記録しておきたいと思います。

◇100円でできること
・1錠で4~5リットルの水をきれいにすることができる薬80錠
・げりで体から水分がなくなって命をうしなうことをふせぐ粉18袋
・ポリオから子どもを守る為のワクチン6回分

◇100円がたくさんあつまるとできること
・熱に弱いワクチンを運ぶのに必要な保冷箱1個 840円
・マラリアの原因となる蚊から身を守るための殺虫剤処理をした
 蚊帳2張 1260円
・緊急時に栄養が足りない子どもに食べさせる高カロリー
 ビスケット20箱 1575円
・難民キャンプでも80人の子どもが勉強を続けることができる
 教育キット 18900円

詳しくは、ユニセフのサイトでも紹介されています。

本当なら、早速、100円を寄付させたいところでしたが、
今回は、この内容を読み聞かせ、私が募金する姿をまずは
見せておこうと、封筒にお金を入れました。

今でも、私からお金をもらって募金するのは好きなのですが、
来年の募金の時には、自分のお小遣いを貯めた中から、
自主的に、募金してくれるようになってくれていたらと
淡い期待をしながら。。。


もう少しまとまった金額を子どもに任せるようになったら、
募金用の貯金箱も用意したいと思っていますが、
これまた、いつになる事やら。。。

|

« 金銭教育スタート?! | トップページ | パパ銀行 再び! »

コメント

娘の幼稚園では、毎週礼拝のときに献金をしています。
もちろんまだ親が毎回用意するだけで、幼稚園の先生から、そして私から、その意味を噛み砕いて説明をしているところですが、いつかこれが深い理解につながれば…と思っています。

私自身は、実は数年前から毎月引き落としで一定額をある団体に寄付していますが、これは第一歩でまだまだ自分がするべきこととか、どのようにすればもっと役に立てるのかとか、考えているところです。

こういうのって、子供に教えると同時に、自分もずっと学んで行動していくことなのですよね…。

投稿: 撫子 | 2009/09/23 23:16

ユニクロが開発した990円ジーンズの製造原価は、100円くらいらしいですね。確かに、バングラディシュあたりでは、ジーンズは、100円そこそこの値段で売られているそうです。このところの円高で、一気に円の価値が上がったこともあり、円での寄付は価値がありそうですね。話はまったく別の方向へ動きましたが、100円ショップの品揃えもまたよくなりそうです。(本当にこんなデフレでいいのやら悪いのやら。。。。)

投稿: ふりーパパ | 2009/09/24 00:47

撫子さん

そうなんですかー。
さすが、キリスト教系の学校は違いますねー。
私も、個人的に寄付している団体がありますが、
子供を持ってみると、ユニセフの活動などにも
何かできたらいいなと今回思いました。

最終的には、子供自身が自主的にやってくれるのが
理想なので、親は姿勢をみせるしかないのかなと。。。
ぼちぼちいきます~。


フリーパパさま

そうですね。
100円で買えるものというのでググってみると、
思いもよらないサイトが沢山ヒットして、びっくりしました。
今は、本当に、100円で買えるものが増えましたね。
なのに、有りがたみが増すどころか、粗雑に考えてしまう
ことがある自分に、時々気付かされます。

いずれ、子供には、通貨についても説明する時がくるので
しょうけれど、まだまだ遠い道程です。。。

投稿: 三田 | 2009/09/25 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100円でできること:

« 金銭教育スタート?! | トップページ | パパ銀行 再び! »