« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/26

出版記念講演へ

昨日は、うっちゃん、yukaさん、ちはさんの出版記念講演
行ってきました。

会場が思っていたより広く、どうしようか迷いましたが、
人見知りの私(笑)は、沢さんコテツさんの前へ。

周りには、不動産オーナー界では有名な方々が沢山!
やっぱり、三人の人脈の広さと愛されようが窺われます。

三人三様の特色ある話がとても面白く、スライドが遠い
位置に座ってしまった事を今更後悔してしまうけれど、
時既に遅し。
うっちゃんやyukaさんとは、プライベートでも仲良くしてもら
っているし、セミナーに参加したこともあったのですが、
ちはさんとは面識があるのに、あまりゆっくりお話したこと
が無かったので、とても参考になりました。

その後、あかちゃんさんのお話もさすがの構成に唸りました。
特に、「トヨタなどでは、自動車の細部にまで、使用者の
使い易い位置などを徹底的に考えた造りになっているん
です。不動産にもそういう視点が大事!」という点が
一番印象に残りました。
(なので、二次会での失礼千万は許してあげるwink

講演会の後のサイン会では、久しぶりに会った、今では
超有名人のヒロシ嫁さんと、強風のエアコンの下で語り
合い、生フガフガhappy02させて頂きました。


その後、二次会へ。。。
今回は、なるべく初対面の沢山の方とお話してみようと
心がけていたので、師匠の沢さんから離れ、全く面識ない
一角へ。。。
・・・なのに、横に、沢さんの仲良し吉沢さんが!!!
で、その場にいた方に、私の事を過大に"超コワイ"と、
紹介され、「ひぃぃ~sad」となってしまいました。

それにもメゲず、大阪から来られた女性と一緒に、
空飛ぶかっさんさんの体験をじっくり伺ったり、
今、一番の若手のホープ水戸大家さんの素顔を拝めたし、
(話したかったのに、吉沢さ~ん!どんだけ怖がらせるんですか~)
こんなに美人だとは知らなかったキートス妻さんのトークの
面白さに、思わず、つっこみを入れたり、
うっちゃん似の小桃さんとお着物の話をしたり、
(不動産の話を伺えば良かったのに・・・ザンネン!)
コテツさんの近況を伺ったり、ヒロシ嫁さんと子ども談義をしたり、
素敵な奥様を前に、酔ったあかちゃんと激しくバトルしたり、
なんだか、同じ市の方、ウチの近くにお住まいの方がいらしたり、
ウチの目と鼻の先でと新築アパートを建設中の方
吉沢さんにご紹介頂いたりと、本当に楽しく過ごさせてもらいました。


この所、色々思うところがあったものですから、
こんな時間をすごしながらも、ずっと思っていたのですが、
私が不動産をやってみて、一番良かったのは、こういう
人との出会いだな~と、つくづく思いました。

沢さんから始まり、大きく広がってきた人との縁。
こういう席でなければ、出会い、話す事もなかっただろう
方々との時間。
もちろん、実際の不動産売買や運営に関わる人との出会い
にも助けられてきましたが、こうした師匠や仲間からもらえる
笑顔でいられる時間が、どれだけ貴重でありがたいものかと
じんわり幸せにひたっていた二次会でした。

名刺交換しかできなかった方、スミマセン。
次の機会にお話を聞かせてくださいませ~。

うっちゃん、変な顔の激写ばかりだったと思いますが、
ヒロさんとサンペイさんによろしくお伝えください。

yukaさん、今度から、酔ったあかちゃんと同席する時には、
ご主人を貸してください(笑)。

ちはさん、二次会中の主役とは思えない気配りぶりに、
さすがだな~と、ずっと感心しっぱなしでした。
次の機会には、ゆっくりお話を聞かせてください。

ホントに楽しかった~。
皆様に感謝。感謝です。


余談ですが、うっちゃん達への東京土産でも買うか~と、ググって
イデミ・スギノへ伺ったのですが、15時過ぎには、テイクアウト用
のケーキ0、イートインのケーキ数個・・・って、どんだけ人気なの?
と気になって、焼き菓子を包んでもらう待ち時間に、イートイン用の
最後のケーキ1個を頂きました。
うーん、私がいた30分程度の間に、お店を覗いた人の数が頷ける
繊細な美味しさでした。
近くにお立ち寄りの際はオススメですよ~!


| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009/10/23

き・・・きた!お金の作り方~!

ある日、突然、息子からあの質問がきました。

「ね、ママ、お金って誰が作ってるの?」

「うん、ぞーへーきょくってところで作ってるんだよ」
(心の声:ぎょえ~、いきなり来たよ~!)

「どうやって?」

「え?んー、印刷機で印刷してつくってるんだよ。
 硬貨の方は、金属を溶かして型に流してるのかな~」

・・・いかん!もう来るとは思ってなかった!
今更調べてみたら、造幣局が作ってるのは硬貨だけ!
お札の方は、国立印刷局とかいう所だった!しまった~!
いつ訂正すりゃ~い~の~crying

「へー、どうして自分で作っちゃいけないの?」

「うーん、例えば、ママが紙に1,000円って書いて、
 それで何かを買おうとしてもさ、お店で受け取って
 くれないでしょ?」

「どうして?」

「お金がお金として使える為には、これが1,000円の
 価値がありますって、みんなが信用できなくちゃ
 いけないわけよ。それなのに、紙切れに1,000円
 って書いてもムリでしょ?それでいいなら誰でも書くし」

「ふーん。じゃあ、お金が使えるのはどうして?」

(心の声:ひぃ~!イキナリ難しいよ~!)
「えっと、日本には、日本銀行っていう所があってね、
 そこが、どの位のお金が流通するのがいいか、
 いつも監視して、調整することでお金の信用力を保って
 いるというか・・・」(しどろもどろ・・・)

「ふーん、沢山印刷すればいいのにね」

「うーん、お金を沢山流通させると、インフレっていうのが
 起こってしまうのよ」
(心の声:流通?監視?調整?意味分かるか~?)

「インフレ?」

「うん、お金が沢山出回ると、価値が低くなってしまって、
 今日100円で買えた卵が、明日は1000円、明後日は
 1万円出さないと買えなくなったりするんだよ」

「へ~。でさ、なんで、株って上がるの?」

(心の声:つ・・・ついてきてんの?いきなり株かよ~)
「え?株?・・・んー、例えばさ、任天堂DSあるでしょ?
 あれ、君も欲しがったよね。ああいう風に、沢山の人が
 欲しがるものを作った会社は、売上が上がって、
 利益がでるのが予想できるから、株にも人気が集まって
 株価が上がるのよ」

「へ~」

「でも、今みたいに、みんながDSを持っちゃったら、
 これから売上がもっと増える可能性が低いから、
 人気がなくなってくるの」

「でも、DSだけじゃないでしょ?」

「そーだね、任天堂は、DSの本体だけじゃなくて、
 DSの入れ物とかも売ってるし、DSのソフトを作る
 会社からは、ライセンスとかのフィーも取ってると思うよ。
 あと、他にも、Wiiを出したり、日本だけじゃなくて、
 他の国でも売って頑張ってるよね」

「へー、そうなんだ」

・・・と話した後は、納得したんだか、してないんだか不明のまま、
DSのゲームに戻ってしまいました。。。

んー、しかし、あまりにもイキナリ。
小学1年生に分かるように説明しようとするには、私の知識が
全然足りないことが発覚!!!
11/3の知るぽるとのイベントに期待です!

子どもの前では平静を装いつつ、頭はフル回転、背中は冷や汗、
いやはや、えらい目に会いました。
んー、次の機会に備えて、日々是精進!ですね~coldsweats01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/10/19

キャンペーン、でおくれました~!

この週末、風邪で寝込んでしまい、うっちゃん達の本のキャンペーン、
すっかり出遅れてしまいましたbearing

もう、ご存知の方ばかりかもしれませんが、遅ればせながら、
本とキャンペーンのお知らせを!
Book00262人生マル得不動産経営のススメ
―『夫婦円満』『楽しく資産を増やす』
10人のサクセスウーマンが実践する!

著者は、うっちゃんyukaさんちはさん
という、超強力ラインナップ。

キャンペーンの第二弾は、
既に締め切りになってましたweepが、
第一弾の方は、まだまだ大丈夫ですので、まだ購入されて
ない方がいらしたら、是非!

不動産投資をする時に、女性が迷ってしまう視点や、
逆に、女性ならではの強みがあることに気付かせてくれる
一冊になっています。

著者の3人だけでもパワフルなのに、それ以外にも
沢山の女性不動産投資家が登場!
その勢いたるや!!!

何度か会ったことのあるブロガーさんのコラムも、
最初のきっかけや、知らなかった事が書かれていたり、
とても面白く読みました。

ん~、こうしてみると、ホント、ウチなんて沢さん伝授の方法を
試したっきり、進歩してないよなーと反省することばかり。
・・・なんか、気付いたら、置いてけぼりのような。。。
ま、まずい!このままでは。。。

それにしても、ホント、この本に登場するお宅は、どこも
夫婦仲がよくて羨ましくなってしまいます。
ウチときたら。。。トホホ。。。

不動産投資と夫婦仲。
・・・これには相関関係があるのかもしれませんね~。

この本は、男性が読むと、はちきれんばかりの女性パワー
に圧倒されソーなので、奥様にプレゼントするのに
最適な本なのかもしれません。

イマイチ、不動産投資に乗り気でない奥様をお持ちの方は、
「女性ならではの感性が活かせる不動産投資があるみたいだよ」
と、さりげなく、食卓に置く作戦なんていかがでしょう?

後は、うっちゃん達が、ギュギュっとheart02を掴んでくれますので、
大船に乗った気持ちで。

ウチもがんばろーっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/10/12

お土産代

子どもにお金の事を教えなくちゃな・・・と思ったきっかけに、
今年の夏の出来事がありました。

ウチの子は、ちょっと祖父母の家に泊まりに行くという距離に、
どちらの祖父母もいない為、今まで、一人で外泊をした事がなく、
祖父母の家に残されるのさえ、嫌がるような子だったのですが、
小学生になって、色々な自信もついてきたのか、
毎週通っているテニススクールの夏合宿に行ってみたい!
と言い出しました。

「あの・・・夏合宿ってわかってる?一晩、お友達やコーチと
 泊まって帰って来るんだよ。ママ達は行けないよ」
「分かってる!」
「何時ものスクールのお友達も来るかどうか分からないよ」
「大丈夫。僕は5分で友達作れるもん!」

少し迷いましたが、まあ、本人のやる気をそぐなんてヤボな
事はしてはなるまい!と、こちらも腹をくくり、申込みをした
のでした。

前日、2日分のお菓子を買いに行く頃から、緊張感を漂わせ、
一度だけ弱音を吐いたのですが、ウチは、「自分の言動には
責任を持つ」がモットーなので、不安な気持ちを押さえ込み、
当日の朝も、親が拍子抜けする位、すんなり合宿へ出発しま
した。

で、問題は、「お土産代」。
この合宿には、小学校高学年の子どもも参加するため、
お土産代として2,000円をコーチに預ける事になっていたのです。

前の日に、「このお金はお土産代だから、お土産やさんに行った
時に、誰かにお土産を買いたくなったら、コーチからお金をもらって
払いなさい」と、話しておいたのです。

考えてみたら、友達へのお土産というものが、保育園では禁止
だったこともあり、どういう時に、誰のために、幾ら位ののもを買う
ものなのかが、どうも理解できていなかった様子の息子。
「じゃ、ママに素敵なネックレスを買ってきてあげるよ」なんて
泣かせる台詞を言ってましたが、「2000円じゃ買えないからcoldsweats01
ママ達と食べたいな~と思うお菓子を探してみたら?」と
後で考えれば、余計なアドバイスをしたのでした。


1泊の合宿から意気揚々と帰ってきた息子。
母の姿を見ても、「よっ!」と手を上げる程度coldsweats02
・・・それだけかい・・・。親の心配を他所に、お兄ちゃんに
「来年も一緒にいこーな!」などと、遠大な約束までしています。

コーチから戻された、2000円が入っていたお財布を覗くと、
どうも500円を使った様子。
どんなお土産を買ったんだろう???と楽しみにして、
家に帰って荷物を片付けるのに、お土産らしき姿がない。
とうとう「ね?お土産はどうしたの?」と聞くと、
「え?食べちゃった」
「え~?食べちゃった???sad

慌てて、レシートを見てみると、
コアラのマーチ200円、グミ100円・・・などと、
およそ、お土産のカテゴリーには入らないお菓子の名前が
続いています。。。

うーん、なる程。そうきたか!happy02
これは、日ごろ、お金の使い方を教えてなかった私が悪い。
それにしても、コーチは、およそお土産と思えないお菓子を
抱えた息子を止めずに、買い物させてくれるなんて、
ある意味、すごい!
私だったら余計なアドバイスをしたハズです。

何しろ、ウチの子には、私の「お菓子」という言葉だけが
インプットされていた訳ですから。。。

つくづく、子どもって面白いなーと笑わせてもらいました。
(本人はキョトンとしてました。)
そして、再び、私の金銭教育に火がついたのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/10/05

いよいよですね~

今月の後半に、単身向け物件の1室から退去の連絡がありました。
これで、空室が2つ。
この春の入れ替わりシーズンに、退去がゼロだったので、
今度の春は少し気合を入れていかないと!!!

久しぶりに、周辺の募集状況をチェックしてみると、
んー、全体に5000円位下がっている印象です。
厳しい。。。

さてさて、どうしよう???
年末の帰省の時に居心地良く見せる演出を考えなくちゃ~。
これからの季節は、温かみですよね。
最近は、かわいらしい雑貨もかなりあるので、
悩みつつも、選ぶのは、結構、楽しいものです。

内見の方達も、目が肥えてくるでしょうから、
CHEEPな印象を持たれずに、ちょっとしたサプライズと、
暮してみたくなる演出を、低めの予算で。。。と少々無茶な
事を考えているので、色々探してみないと。


・・・今年も残すところ、3ケ月を切ってきましたし、
確定申告の準備も始めました。
12月には年賀状もやらなくちゃいけないしー。
気分は、一足先に、師走に入りつつあります。

さてさて、今度の春に埋める部屋は何室になることでしょう?
そろそろスタートですねー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/10/01

パパ銀行再び!2

読み返したパパ銀行ですが、前半の運用面では、
考え方がハッキリしているのですが、後半は、
かなり精神論も多く、「本当の豊かさとは?」という点を
考察しています。

読み返してみて面白かったのは、オークションサイトの
活用の部分でした。
そこには自由経済の縮図があり、買おうとする時の
気持ちの高ぶりと、商品が届いた時の気持ちの落差
などが書かれていて、これはまるで、バブルの時の
市場心理と同じだなあと思ってしまいました。

この後、パパ証券を開設したものの、パパ銀行程は
うまく運営されず、学校と遊びの傍ら、銘柄選定する
時間も余裕もないという理由で、子供達はミューチュアル
ファンドへ資金を移したところで章が終わっています。

・・・そのまま持っていたら、リーマン・ショックでやられた
のかもしれませんが。。。

とはいえ、
>子どもに豊かなチャンスを与えたい。
>自分はどれだけの見返りが期待できれば、リスクを犯せるか。
>はたして自分はどれだけのリスクを犯せるのか。
>子どもに自分の姿を自分の目で観察させたいのである。
という点には、とても共感します。

最終章では、少し精神論も交えて「真の財産とは?」という点に
書かれていて、お金について教える時のバランスというものを
考えさせられました。

忘れてしまってた部分が沢山ありましたが、
やはり、この本は金銭教育の本としては秀逸だと私は思います。

お金は労働の対価であるべきだ!
将来のために、節約して、貯蓄するべきだ!
自分自身、老後のお金は、親からの財産をあてにしている!
というような方には、オススメできませんがcoldsweats01


親からも、国からも、金銭的に自立することが、
これからの子供達にとって、かけがえのないスキルになるの
だろうなと私は思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »