« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/31

子連れ大家の会のセミナーへ

昨日は、台風が来るとTVが騒ぐ中、
子連れ大家の会主催のセミナーへ行ってきました。

少し前から、この会の存在を知り、どんな方達が
運営されてるんだろう?と密かに思っていたのです。

そしたら、たまたま、先日のハートブレインのハッピー&リッチ
アパートフェスタ2010で、ひまわりさんに声をかけてもらい、
実は、ひまわりさんが出産される前に、一度、新宿で
ご一緒したことがあったと判明~! あの時の~!

しかも、背の高い素麺さんも、お顔だけは存じ上げてて、
あ~この方達が、ひまわり&素麺ご夫妻だったんだ~!と
初めて一致したのでした。


子連れ大家の会。
・・・私が必死にセミナーで勉強していた時期に、
この会があったら、本当に助かっただろうな~。

初めての参加だったので、
そもそも、子連れ大家さん達が台風の中、集まれるんだろうか?と、
大人一人で参加する私が心配する程だったのですが、
子連れでも参加したいと熱い思いを抱えている方にとっては、
台風なんて何のその!

この講師のお話を伺わずしてどうする~!?
っていう意気込みだったのですね。
ほとんど満席状態でした。
・・・素晴らしい~。


先週は、ひどい風邪でほぼ1週間寝込んでいた私は、
お子さんも来る会場に行くかどうか、直前まで迷いましたが、
この情熱にあてられ、もう、始まる前からワクワクです。


講師の大澤氏のお話は、
今まで参加したどの不動産セミナーとも違っていて、
ちょっと意表をつかれましたが、楽しくお話を伺いました。

質疑応答の時には、ちょっと煙に巻かれている質問者の方も
いらっしゃいましたが(笑)。


私の場合は、丁度、先日読み返した本の内容とシンクロする
部分が多く、ストンと落ちてきました。
「今まで通りの選択をしていたら、今まで以上の結果は得られない」

これからは、
判断する時に、「これは9割の選択肢ではないだろうか?」
と、再確認してみて、決めなくちゃナ~と思ったのでした。


こういう場を用意してくださった夏野ご夫妻に感謝です。
ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/24

管理会社さんからのメール

先日、管理会社さんからメールが来ました。

先日、家電+家電用のグッズを置いたばかりの部屋に
入居希望があったのだけど・・・とのご相談でした。
・現在、無職。
・福岡で仕事を探すことを希望している。
・職が見つかるまでは、保証人の父親が家賃を払う。

・・・はあ・・・

しかも、管理会社の担当者君の感触では、
「もしかすると、短期で退去するかもしれないって
予感がします」

・・・はあ・・・


・・・で?
それだけ聞いても、こっちも判断できないし~。

こんな厳しい時期にウチの物件に興味を持ってくれたのは
嬉しいんだけど、短期で退去されて、原状回復して、
また、仲介料を払ってたんじゃ、割に合わないし。。。


仕方がないので、もう少し詳しく聞いてもらったところ、
まだまだ、社会人駆け出しの女の子。
どうも、地元の縫製の会社に入ったんだけれども、
思ってたのと違ったらしく、福岡でアパレルの店員さんに
なりたいんだとか。。。


ああ、なんか、わかる。
私も社会人になる時、働くなら天神(福岡の中心部)!
と、思ったものでした。

それを思い出してしまうと、無碍にも断れなくなり、
不動産経営としては、甘い判断になるかもしれないと思いつつ、
彼女の夢を応援してみる事にしました。

だって、
地元で親元から通っていたと思われる小さな町の会社を辞め、
福岡に出てきて、一人暮らしをして働くって、彼女にしたら、
大きな決断だっただろうと思うのです。

彼女の人生、これから色々なことがあるだろうけれど、
せっかく踏み出した一歩目なんだから、応援してあげる人が
いてもいいかな?と。ガンバレ~!
頑張って、理想のお店で働いて、できれば長く住んでね~!


不安は残るものの、これで、空室は、残り1室。
ちょっと冒険リフォームして、集客の反応を見よう!と決め、
動き出した途端に、それ以外の部屋2つが決まってしまいました。

今の福岡の賃貸市況を考えると、
ちょっと、びっくり。

私の言動が、管理会社の担当者君を驚かせたのかな?
「こりゃ、本気で埋める気だよ~!」みたいな?

何はともあれ、よかった。よかった。

管理会社の担当者君、仲介業者さん、ありがとうございました。
感謝しております!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/10/17

インテリアのブログ

自宅の引越しが完了して、ここ数ヶ月はまっていた
インテリア関連のブログをちまちま更新していたら、
沢山の方に見てもらえるようになり、
アメブロ特有のペタ返しに追われておりますcoldsweats01

もしも、ウチの自宅のyukaさんデザインの室内や、
私の選んだインテリアを見てみたいという方がいらしたら、
コチラ↓↓↓ へも、是非、遊びにいらしてください。
木の床には木の家具が

・・・また、三田さんのブログは変な名前なんだから!
と思ったあなた!

・・・す、するどい!

内容とゴロを考えた後に、画数なんかも見てるから
こうなっちゃうんです。wink

アメブロは、ペタというシステムがあって、
コメントをわざわざしなくても、アメブロ同士だと、見たよ!
と書いてる人にわかるのがいいですね。

すごく、励みになるものだから、頑張っちゃって、
ペタ返しに忙殺されてるのは、本末転倒という気も
しなくもありませんが。。。coldsweats01
嬉しい事に変わりありませんので。

ではでは~。
これから、ふりーパパさんのスクールです~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/11

感謝。感謝。

先日、3つ目の空室がでたから、本腰を入れるぞ!と
意気込んで、リフォーム屋さんや管理会社と打ち合わせ
していたら、ナント、出たばかりの部屋に申込みが!

しかも、近くの大学の男子学生!

管理会社の担当者くん。
メールで、「奥さんの理想の入居者とは違ってて
申し訳ありませんが」・・・と、チクリ。

なーに言ってんですか~!
清掃だけで入ってくれる方だなんて、神様ですよ~。

理想の部屋にしてもいないのに、私の理想の入居者が
入ってくれるなんて、世の中、そんなに甘くないし~!

ただただ、入居者さんや仲介業者、管理会社に感謝です。

あわよくば、卒業まで入居しててくれたらな~!
とっても嬉しいんだけどな~!heart04


リフォーム屋さんの彼女とは、北側の部屋に手を入れて
みることにしました。
部屋に工夫する余地があると彼女が言うので。

女性らしい視点を幾つか指摘されて、
「ああ、やっぱり女性は生活者だなぁ~」と思いました。


もう一つの部屋は、管理会社の担当者君の意見を
取り入れた工夫をしてみるつもりです。


さてさて、どっちの部屋に軍配があがるか。。。

大家業も試行錯誤ですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/06

ビジネスの成功はデザインだ

Book00280_2ビジネスの成功はデザインだ

神田 昌典著 & 湯山玲子著

本屋さんで、この本をみかけ、
「そういえば、神田さんの本
最近買ってないな~」と思って
中を見てみたのですが・・・
うなりました。そのまま、レジに持っていきました(笑)。

最近の神田さんがトンガってないのは、こういうことだったのか!
ビジネスを起こし、収益を上げて、停滞期に入った時に、
いかにして、収縮に入ろうとする売上を次のレベルへ引き上げるか?
とても大事なヒントが詰まっている、ブランディングの本でした。

そして、共著の湯山さんの内容も面白いです。
私が何となくイイ!と思っていたものの好んだ理由がクリアになったり、
逆に、全然購買意欲をそそられなかった観光地のお土産のツボなど、
本当に気付きの多い一冊になりました。


ちょうど、先日から、単身者向け物件の空室が3室目になり、
本腰を入れて、入居付けをしようと、管理会社の人とメールしてて、
急速な福岡の賃貸市況の悪化に、どう対応するか?
と考えた時に、これまでの清潔にするリフォーム+インテリア雑貨で
飾っただけの部屋では、入居への一押しが足りないんだなと
思っていたのでした。

そこで、管理会社に、どこかいいデザインをする会社がないか
聞いてみたところ、「最近、福岡でセミナーなどもやっている会社で
賃貸物件も多く扱ってますし、工事費もそんなに高くありません」
と、ある会社のサイトを紹介されたのです。


施工例を見て、工事費を見て、あんぐり・・・。

単身向け工事費平均、ウチの物件の30ケ月分ですよ。
2年半かかって回収?
単身向けは出入りが激しいというのに?

ま、でも、せっかく紹介されたので、施工例写真を見て
がっかり。。。
……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

ここがうけてる?
ホントに?
私だったら、ヤダけどな。。。

この人たち、いつになったら、女性の感性をデザインに
とりこまなければ、時代についていけないと認識するの???
まあ、デザイナーらしき人は男性ばかりだし、
サイトデザインもいかにも「男」!

「俺たち、カッコイイだろ?」
「トンガってんだろ?」
「かっこいいと言え~!」
・・・と言わんばかり。モムーリ!o(゚Д゚)っ
こっちが、肩こりそうで疲れるっちゅーの!


バブル期の臭いがする一昔前のスタイリッシュな空間。
これだけの金額かけて、この部屋にしても、
多分、女性化してると言われる世代に、うけないだろ~と思って
見ていたら、ここまでお金かけて、大して家賃アップできてない。


・・・そりゃ、そうだよ。
申し訳ないけど。
女性の代表とは言えないものの、私、全然好きな部屋ないし。


いやー、ここを提案してきた管理会社くんにも、ちょっと不安を
感じて、慌ててメールしました。

私が、あそこに住んで欲しい入居者イメージは、
・年齢:社会人5年目位の女性。
・年収があまり高くないけれど、仕事は頑張っている。
・贅沢はできないが、おしゃれや雑貨が大好き
・100円ショップなら、ナチュラルキッチンセリアが好き
・色は、優しい色やアイボリー系が好き
・雑誌、ナチュリラリンネルのような生活に憧れている


・・・何のことだか分からないという男性大家さんは
リンク先で勉強しましょう!(≧m≦)


ちなみに、私自身は、こういうファッションは似合いません。
あくまで、雑誌やブログで今の30歳前後の女性を追って、
ウチの物件のエリアと家賃の価格帯を考えあわせた
ターゲット設定です。

彼女達は、古いから嫌だという感覚はありません。
上手にいかしてやれば、「かわいい」とまで言ってくれます。


だから、あんなにお金をかけて、隅から隅までピカピカにする
必要はないし、多分、女性はあの空間の中ではくつろげない。

こういう感覚って、男性中心の地方不動産業界では、
まだまだ浸透してないんだな~と、新たな気付きになりました。


私のメールだけでは理解できないと思われたので、
今日は管理会社に電話して、電話に出た女性に、
「どうも、私の室内リフォームの好みがわかってもらえない
ようなので、私のメールをみて、説明してあげてください。」
と、女性スタッフにヘルプをお願いしました。

くすっ・・・と笑って、了解してくれました。


つくづく、これからのビジネスの成功はデザインにかかって
くる気がしています。

本の紹介から大きく脱線しましたが、オススメです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/04

フェスタ後・・・

ハッピー&リッチ アパートフェスタ2010で、本田さんのお話を
伺った後、色々なことを考えていました。

まずは、いざという時に、助けの手をさしのべてくれそうな方々。

当然ながら、まずは身内に頼るでしょうし、本当にいざという時
だとは思うのですが、何人か、お顔が浮かびました。

・・・で、フト思ったのは、
助けを求めることだけを考えてていいのか?
私が助けを求められた時に、何ができるだろうか?
ということでした。


そんな想像をしていて、思ったのは、
私が助けてもらうかもしれない方々は、もしも、ご自身が困った時、
余程の事がない限り、きっと、私に助けを求めることはないだろうな
ということでした。

もし、私が助けを求める側の時、困っていても遠慮があるはずで、
できることなら、少しでも負担にならない方を頼るだろうと思うからです。


となると、今の私のレベルだと、私が助けを求めるかもしれない相手と、
私に助けを求める相手は違うということになります。

今の私は、誰かを助けられるだけの力をどれだけ持っているだろう?
と、ずっと自問を繰り返していました。


そして、助けてもらえるようなご縁を広げる事も大事だけれど、
同じように、自分も助けられるような人にならなければダメだ!と
思うようになりました。


そんなことを考えていて、頭に浮かんだのは、
やっぱり、渡邉会長のお顔でした。

渡邉会長の箱舟はとても大きなものであり、今も、
沢山の子ども達を乗せて前進しているのだなという事でした。


自分の一生を終える時、ああいう風に「好きな事をやってきた」
顔を輝かせて言える人生に、憧れ、思いを馳せてしまいました。

つくづく、渡邉会長って大きな方ですね。
一歩でも近づける人生を選んでいかなくちゃと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/10/02

ハッピー&リッチ アパートフェスタ2010

今日は、待ちに待った、
ハッピー&リッチ アパートフェスタ2010 の日でした!

最初のパネラーも、この業界では著名な面々で、
今年は、パネラーの人数を去年よりおさえてあったので、
其々のご意見をじっくり伺え、かなり濃~い内容でした。

そして、その後は、ゲストの本田 健さんによる講演。

私のイメージは、
「ユダヤ人大富豪の教え」の中のゲラー氏のように、
みんなを導き、諭すような講演になるのかと思っていたので、
いろんな意味で裏切られました。

メモしたことは沢山ありましたが、一番印象に残ったのは、
20年後、50年後の世界や日本の経済がどう動くかを
自分なりに仮定し、その時に、自分がどう備えるかを含め、
足元を見直しましょうというものでした。

今年も、仕込みのようにcoldsweats01、一番手に質問させて頂きましたが、
私へのアドバイスは、
「この人に影響を受けたいと思う、運のいい人とつきあうこと!」
私は、ありがたいことに、そういう運のいい人とのご縁に
恵まれているので、改めて、幸せだな~と思いました。


講演のあと、場所を変えての懇親会。

今年は、ここへ、渡邉会長が登場!
去年より、近い距離でかぶりつきですc(>ω<)ゞ。
この方が発する幸せオーラは今年もすごい。
私もこんな風に生きたい!

そして、本田さんも同席されての対談の予定だったのですが、
既に親しい様子で渡邉会長とお話され、その後は、渡邉会長の
お話を引き出す。引き出す。

短いながらも、渡邉会長の熱い気持ちがこちらに
のりうつるようなヒトトキでした。


そして、またもや、一番のり!

渡邉会長に、宣言する私!
「5年後、息子を郁文館に行かせたいと思っています!」

・・・(≧∇≦)・・・
勝手に盛り上がってる!
テンション最高潮!

そんな私に、にっこり笑って、「そうですか。是非!」と
微笑んで、著書にサインしてくださいました~!
Book00202 Book00279_2


あ~、もう、講演を伺えた去年も幸せだったけど、
今年は、天にも昇る気持ち!heart04
し・あ・わ・せ~!


子供が思春期になった時、親の意見に耳をかせないのは
誰でも通る道。
その時に、親ができることといったら、いい影響を与えて
くれそうな環境に置いてあげる事かな?と思うのです。

いい友達や、いい先輩や、いい先生。
勉強だけでなく、この時期にぶつかる壁や悩みをうちあけられ、
強い心を育んでくれる環境。

渡邉会長の著書を読むと、そんな環境を叶えて上げられるのは、
今は郁文館なんじゃないかな?と個人的には思うのです。

しかも、イベントがあったら、私も渡邉会長のお話を伺えるしwink

ん~!是非、息子には合格してもらいたいものです。
このフェスタに登場される度に、宣言し続けたら、
夢は叶うかも~(≧m≦)!
幸せな妄想。。。( ´艸`)プププ


本田 健さんや、こうして渡邉会長をお招きできるコテツさんや、
けーちゃんの人脈と、はかりしれない努力に、本当に感謝!
スタッフの皆様もお疲れ様でした。

今日はホントにありがとう~!

渡邉会長の著書だけ握りしめて家を出たので、
名刺もカメラも忘れた私に暖かく接してくださった皆様、
本当にありがとうございました。

幸せな、幸せな一日でした♪

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »