2009/12/01

日本人らしさ?

先週末、ドバイショックで為替が大きく円高に振れた事を
いいことに、いそいそとドルを買いに行ってきました。

会社の近くの金券ショップは、ドルの取扱がなかったので、
しかたなく、メガバンクの一角へ。。。
ところが、支店によるのか、どこにも、外為のコーナーがなく、
「???」となりながら、別のメガバンクへ行ってみました。

こちらは、外為のコーナーはあったものの、何だか、
「ちょっとドルを買いに来ました~wink」という空気ではなく、
フロアに入った時点で、気が重い。。。

しかも、レートを提示されて、私の気分は、更にドーン!shock
「なに~?片道3円もスプレッドとる気~?TTM決めてから
日中1円以上動いたら、TTMを決めなおすくせに、抜きすぎ
でしょ~!」と、内心は激しく動揺していたのですが、
どう考えても、メガバンクの手数料は横並びのはずだし、
為替はタイミングもあるので、ハンカチを噛みしめながら(ウソ)
少額だけ試し買いをしてみたのでした。

会社に戻って、みんなに、「あ~!成田の方がレートがいい気がする!
片道3円?許せない~!」と息巻いたのでした。
かといって、ドルを買うためだけに、成田に行く気はありませんが。


ところで、前々から思っていたのですが、日本のメガバンクで
ドルを買うと、どうして、みんなピン札なんでしょう???
日本人ってピン札が大好きだから?
まあ、正直、私もピン札を見ると、ちょっと背筋が伸びるというか、
嫌いな訳ではないのですが、それは、日本での話。

これを持って、現地で払うと、ちょっとした相手の表情を見て、
「あ、いえ、偽札なんかじゃないんですよ~coldsweats01」と、
変に説明してしまいたくなる時がありますbleah
そうじゃない時は、自分でわざと折り目をつけてみたり。。。
何に価値を見出すかは、国民性の違いもあるのかもしれませんね。


ちなみに、この日の夜、FXで、豪ドルも少し買ってみました。
現金でも良かったのですが、米ドルのスプレッドが3円もあるので、
こっちはFXにしました。

あー、でも、3円抜かれる位なら、できるだけカード払いした方が
有利な気がする~。
かといって、確定申告が終わるまで、海外旅行へ行く余裕どころか
プランを考える余裕もありませんが。。。
ひぃ~早く終わらせたい~cherry

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/10/23

き・・・きた!お金の作り方~!

ある日、突然、息子からあの質問がきました。

「ね、ママ、お金って誰が作ってるの?」

「うん、ぞーへーきょくってところで作ってるんだよ」
(心の声:ぎょえ~、いきなり来たよ~!)

「どうやって?」

「え?んー、印刷機で印刷してつくってるんだよ。
 硬貨の方は、金属を溶かして型に流してるのかな~」

・・・いかん!もう来るとは思ってなかった!
今更調べてみたら、造幣局が作ってるのは硬貨だけ!
お札の方は、国立印刷局とかいう所だった!しまった~!
いつ訂正すりゃ~い~の~crying

「へー、どうして自分で作っちゃいけないの?」

「うーん、例えば、ママが紙に1,000円って書いて、
 それで何かを買おうとしてもさ、お店で受け取って
 くれないでしょ?」

「どうして?」

「お金がお金として使える為には、これが1,000円の
 価値がありますって、みんなが信用できなくちゃ
 いけないわけよ。それなのに、紙切れに1,000円
 って書いてもムリでしょ?それでいいなら誰でも書くし」

「ふーん。じゃあ、お金が使えるのはどうして?」

(心の声:ひぃ~!イキナリ難しいよ~!)
「えっと、日本には、日本銀行っていう所があってね、
 そこが、どの位のお金が流通するのがいいか、
 いつも監視して、調整することでお金の信用力を保って
 いるというか・・・」(しどろもどろ・・・)

「ふーん、沢山印刷すればいいのにね」

「うーん、お金を沢山流通させると、インフレっていうのが
 起こってしまうのよ」
(心の声:流通?監視?調整?意味分かるか~?)

「インフレ?」

「うん、お金が沢山出回ると、価値が低くなってしまって、
 今日100円で買えた卵が、明日は1000円、明後日は
 1万円出さないと買えなくなったりするんだよ」

「へ~。でさ、なんで、株って上がるの?」

(心の声:つ・・・ついてきてんの?いきなり株かよ~)
「え?株?・・・んー、例えばさ、任天堂DSあるでしょ?
 あれ、君も欲しがったよね。ああいう風に、沢山の人が
 欲しがるものを作った会社は、売上が上がって、
 利益がでるのが予想できるから、株にも人気が集まって
 株価が上がるのよ」

「へ~」

「でも、今みたいに、みんながDSを持っちゃったら、
 これから売上がもっと増える可能性が低いから、
 人気がなくなってくるの」

「でも、DSだけじゃないでしょ?」

「そーだね、任天堂は、DSの本体だけじゃなくて、
 DSの入れ物とかも売ってるし、DSのソフトを作る
 会社からは、ライセンスとかのフィーも取ってると思うよ。
 あと、他にも、Wiiを出したり、日本だけじゃなくて、
 他の国でも売って頑張ってるよね」

「へー、そうなんだ」

・・・と話した後は、納得したんだか、してないんだか不明のまま、
DSのゲームに戻ってしまいました。。。

んー、しかし、あまりにもイキナリ。
小学1年生に分かるように説明しようとするには、私の知識が
全然足りないことが発覚!!!
11/3の知るぽるとのイベントに期待です!

子どもの前では平静を装いつつ、頭はフル回転、背中は冷や汗、
いやはや、えらい目に会いました。
んー、次の機会に備えて、日々是精進!ですね~coldsweats01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/07/20

インフレの気配

最近、買い物に行くと、
「ああ、少しずつ価格が上がり始めてるなー」と思うことが
増えてきました。まだまだ、「ジワリ」レベルですが。

ウチは、福岡へ帰省した時以外、
車を使っていませんので実感はありませんが、
ガソリン価格の方は、随分上がっていると聞きます。

実際に、WTI原油の推移(月足10年)を見てみると、
Wti0707
(出典:ドリームバイザードットコム)
昨年5月以来の高値圏に来ているのがわかります。

その上、
通貨により差はありますが、円安が進んでいるので、
輸入業者にしてみれば、泣きっ面に蜂でしょうから、
消費財がこの位の値上げで済んでいるのは、
業者が相当泣いてるんだろうなーと思ってしまいます。


丁度、今読んでいる本に書かれていて、考えさせられたのが、
インフレの兆候としては、
・商品価格(原油や資材や穀物など)の上昇
・CPI(消費者物価)の上昇(日本のCPIに関するレポート07年3月)
・金価格の上昇
・金利の上昇
この4つが揃うとインフレが加速するとか。

左:ロンドン金 月足10年  右:日本の長期金利 月足10年
(出典:ドリームバイザードットコム)(クリックすると拡大します。)
Gold0707Kinri0707

これまで、中国を始めとする労働力の安い国で、
沢山の安い製品が生み出されてきましたが、
これらの国が経済力を付け始めたことによって、
その国の国民自身が消費者として台頭してCPIが上がり、
資材や原油が大量に必要とされるようになったことや、
インフレの時は金が買われ、インフレを抑えるのに金利が上がり
・・・と、分かっている人には、
この流れは、当然、見えていたのかもしれませんねー。

だからジム・ロジャース氏は「これからは商品だ!」って
力説してあったのかしら。。。

こうしてみると、
日本が安い労働力を活用した100円ショップやユニクロ等に群がり、
消費意欲はあっても、CPI上昇には繋がらないような環境の中で
デフレに半ば慣れっこになってしまっていた間に、
世界的には、消費者の人数が爆発的に増え、インフレが進んでいたので、
こんなに差がくっきりとしてしまったのかもしれないんですねー。

うーん、1年後の物価はどうなってるんでしょうね。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/04/19

福井さん再利上げする気?!

昨日から、為替が急激に円高になってきています。
どうも、米系のコンサル会社から、
日銀がどうも5月に再利上げする可能性がある
という話になっているらしいのですが。。。

情報によっては、6月というのもありますが、
てっきり、参議院選挙が終わって、一段落して、
政治家からも横槍が入りにくい時期になってから
と市場では言われていたので、
そりゃー、皆、びっくりするよねってカンジですね。

まあ、今回はかなり急激に円安に進んでいたので、
ちょっとした噂などでも市場がナーバスに反応するとはいえ、
ここまで売られるということは、全くのデマでもなさそうです。

前回のG7の後もそうでしたが、
欧州などインフレが進んでいるので利上げせざるをえないのに、
利上げをすると、更に円キャリーが進むことも予想され、
日本にちょっとでも利上げして欲しいという外圧が
相当かかっているのかな?なんて思ったりしています。

私は、最近は動きがさっぱり読めない株は休業し、
気分は断崖絶壁だった円安の動きについていっていましたが、
こういう時の逃げ足の速さだけは鍛えてきたので(自慢していいのか?)
またまたノーポジで、リアルチャートを眺めております。

それにしても、
ウチは今年の年末に1本固定期間が終わる借入があるので、
年内の利上げは、もう1回くらいにして欲しいんですが。。。
・・・というより、外圧に負けて利上げしていっていい程、
日本経済に体力がついてきているのでしょうか。。。
福井さんの任期は1年を切っているのに強気ですねー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/05

経済の大きなうねり

先週から、株式や為替、商品市況など、
大きなうねりの中にありますね。

私も、その直前まで、株式のいい流れに乗り、
チョコチョコと利益確定しつつ、
少々、調子に乗っていたのですが、
米国がドーンと下げた翌日、早々に撤収(汗)。
この辺の逃げ足の速さは、去年の相場を体験したから。

結果的に、
チョコチョコ確定してきた利益を吐き出してしまいましたが、
この位で済んでよかったです。ホントに。

当初は、中国発と言われていましたが、
どうも、FXなどの円キャリートレードの行き過ぎや、
3月のメジャーSQ前で裁定残が積みあがっていたことなど、
起こってみれば、「いつ起こってもおかしくない」状態だった
ようだということが言われています。

福井さんが0.25の利上げを決めた後、
ムサシさんからの懸念メールに、
「えー?!たった0.25の利上げで、そんなにトレンドに影響が
あるのでしょうか?」などと、無知な発言をしていたのですが、
考えてみれば、私にとっての0.25と、
資金の大きなファンドなどにとっての0.25は現金にしてみれば、
受ける影響は全然ちがうんですよね。。。

振り返ってみると、去年の日銀による量的緩和解除の時も、
大きな資金にとっての意味合いを軽視してたから、
思いっきり巻き込まれたのでした。
・・・反省が活きてないし。。。

今度のSQを乗り越えられたら、少し落ち着くのでしょうか。
短期で落ち着きそうなら、また投資もできるのですが、
何だか、嫌な下げ方が続いてますね。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/04/19

長期金利の上昇

先週の長期金利の動きが急ピッチでしたので、
今週は調整するかも?という話もありましたが、
今日、一時、10年もの国債が2%台をつけたとか。

3月の量的緩和解除後が1.65%位でしたので、
1ケ月ほどで2%台をつけたとなると、
政府も多少警戒し始めたようですね。

一方で、先日のWBSを見ていると、
異業種の金融業への参入が続き、
住宅ローンなどの金利を上げにくい事情もあるようです。
まあ、従来型の銀行は、店舗や人員の維持の面で、
ネットバンクとは比較にならないコストがかかりますので、
競争には限界もあるでしょうけれど。。。

アパートや事業系の融資に関しては、
ネットバンクで力を入れているところは少ないはずなので、
住宅ローンに比べると、金利上昇の影響が大きいのかも?

今週の全賃新聞には、
信託銀行が改めて富裕者層へ向けて、
アパートローンに力を入れ始めたと書かれていました。
ある大手では、公示地価上昇で、安心感が広がり、
これから富裕者層が動いてくると読んでいるようでしたが、
正直、「これから動くような富裕者の投資眼ってどうなの?」
と思ったりもして(笑)。

しかも、「地価上昇してこそ」の不動産担保融資というのも、
過去のバブルを思わせます。

先日、TVで、金融機関でも、
資金調達に金利がかかるという経験の無い社員が増えたため、
過去の担当者を戻して「金利のかかる」経済へ体制強化を
急いでいると報道されていました。

「ゼロ金利解除」のタイミング、市場が先行しているだけに、
日銀は難しい舵取りが必要になりそうですね。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/02/09

投資信託再び・・・

昨日のWBSで、
投資信託の証券会社経由の販売数は減っているのに、
銀行や郵便局での販売が増加中と報道されていました。

昔から、従来型の証券会社は、株式市況がいい時には、
顧客に、株を中心に売買してもらい、
市況が悪くなると、投信や外債に力を入れていました。

そして、13年在籍した証券会社では、
営業が、重い投信販売のノルマをこなした後、
市況悪化で投信が暴落すると、
会社の顔として、顧客からのクレームの矢面に立たされ、
辞めていくのを何度も何度も見てきました。。。

そんな風景が、先々、銀行や郵便局でも広がるのかも?
と思わずにはいられませんでした。。。

何しろ、昨日、外貨の商品を買ったおばあちゃん、
明らかに、商品の内容も、為替のことも理解していませんでした。
それ以前に、銀行マンがどこまで理解できているのかも。。。

足しげく通って、情に訴えて、買ってもらう・・・
昔の証券マンそのものです。。。いいのか?それで?!
思わず、TVにつっこみをいれる私(汗)。

放映後のコメンテーターの方の
「販売ありきではなく、その顧客のニーズにあったものを
 紹介できなければ・・・」
という言葉が重く響きます。

歴史はいつも繰り返すものなのですね。。。

先日のLD事件の時や、昨日のような下落の際、
個人で株式を持っている人は、
朝でも、昼でも、自分の好きな時に手仕舞うことができます。
いつ行動を起こすのかは、全くの自己責任です。

でも、投信は、その日の終値で価格が決まる場合が多く、
「今日は暴落だー」と分かっていても、手のうちようがありません。
つくづく、(私は)投信は買えないなーと思いました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005/12/02

投資も色々

最近になって、また、色々な方にお目にかかる機会があり、
其々のお話を伺っていると、
つくづく「不動産投資も投資の一種にすぎないんだな」と思っています。
別に不動産投資がダメという訳ではありません。

不動産投資には、他の投資にはない面白い面も沢山ありますが、
実際に購入し、運営してみて、
手をかければ、どこまでも、手もお金もかかるものなんだと
痛感させられているところでした。

不動産をいいタイミングで買えた事は間違いないと思っていますし、
事業的規模として、青色申告を使えているのもメリットがあります。
ただ・・・他の金融資産と比べると、格段に手や保有コストがかかります。

不動産をやるのであれば、青色申告の事業規模ギリギリライン位か、
逆に、ある程度の規模になるまで増やして、
インカムだけでなく、キャピタルも狙うべきなんだなーと最近思うのです。

それに、お金というものは、
色々な方の投資手法を伺えば伺うだけ、様々なところを流れています。

以前の私は、働くことでその流れを自分に引き寄せていましたが、
今の私にとって一番効率がいいのは、
他の方の成功している手法を学ぶことに時間をさき、
その手法を試してみることで、自分へ流れ込むお金の道筋を
複数持つことが最適なのかもしれないと思うようになっています。

そういう意味で、来年は今年とはまた一味違う一年になりそうです。
新しいことを学び、チャレンジする。。。
とてもワクワクしています。

不動産投資も、なるべく「ナメられない」システムを作り、
なるべく私が関与せずに回っていくように変えて行きたいと思います。
・・・ブログネタは減ってしまいますが(笑)。
来年がとっても楽しみです♪

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2005/03/10

CF202のCD

去年買った、キャッシュフロー202のゲームについていた
和訳のCDをここ2日程、聞いていました。

DVDと違って、何もしないでCDを聞いていることができず、
アイロンをかけながら聞いていたら、
かなりの量のアイロンがけができました(笑)。
本当はメモを取りながら、聞くべきなんでしょうね。

面白いのは、所々に、
キヨサキ氏の本には書けなかったらしい話がチラリと見えるところでした。
実は、ゼロックスの上司が嫌いだったこととか(笑)

1枚目の前半は、キヨサキさんとキムさん、シャロンさんの対談です。
  この202のゲームで体験できる内容を語ってあります。
  後半は、キヨサキ氏と3人の起業家の体験談です。
  一人はソフトウェアの会社を起こした人、
  もう一人は、金融関連の信託会社を起こした人、
  もう一人は、ネットワークビジネスを始めた人
  
2枚目は、一枚目後半からの続きです。
  実際に、ご自分達が経験者なので、どの話も参考になるのですが、
  「面白いな」と思ったのは、起業家として成功するのに必要なのは
  謙虚さとハングリーさ、自分のことに気付くプロセスという部分でした。
  ・本や雑誌を読んで、知識の幅を広げること
  ・自分によい影響を与える人たちとつきあうこと
  ・自分自身を売り込むコツ(セールスマンシップ)
   相手の求めるスタイルで売り込みをする
 
3枚目は、不動産投資家ドルフ・デ・ルース博士との対談です。
  どれも楽しく参考になる話でしたが、一番ぐっときた話は、
  100件物件を見たうち、10件のオファーを入れ、
  その内、3件は受け付けてもらえる。
  ここまでは、束田さんや広瀬さんも本やブログで書かれてますよね。
  私が驚いたのは、この後です。
  もしも、そのオファーが3件以上受け付けてもらえるなら、
  それはあなたのオファーが高すぎる証拠だ。
  ・・・そっか、そうなのか。
  これを去年の物件が全然買えなかった時期に聞いていたら、
  ものすご~く、励みになったと思います(笑)。
  不動産で財をなしたいと思う以上、
  断られても、断られても、断られても、断られても、断られても、
  断られても、断られても(これで7回?笑)
  へこんでちゃ、ダメってことですよね。がんばるぞぅ!(笑)

4枚目は、資本調達について、キース・カニンガム氏との対談です。
  キヨサキ氏の本を読んだ人ならご存知のお財布会社の倒産の後、
  キヨサキ氏は、金持ち父さんに罵られ、
  「ビジネス経営できるようになるまで、二度と資本調達をするな」
  と厳命されたそうです。
  不動産投資もビジネス経営だと捉えると、身の引き締まる思いでした。
  本格的に起業したい方には、時間が短いので概論ではありますが、
  結構、勉強になると思います。

5枚目は、プロのトレーダーの育成もされている、バン・K・タープ博士
  このCDは、かなり考えさせられました。
  株式のトレードを行う上で、いかに心理的バイアスに
  私自身が左右されるか(笑)を痛感しているからです。
  株式投資も少し再開してみようかと思っているので、
  もう少し勉強し直してみなくちゃと思いました。

このCDを聞くまでは、
これまでのキヨサキ氏の本の内容をなぞるのかな? とか、
キャッシュフロー202での遊び方について話すのかな?
と思っていたので、ちょっとお得な気分になりました。

次は、ゲームをやってみなくちゃ。
他の人ともやってみたいけれど、まずは、一人3役です(笑)。
どういう展開になるのかちょっとワクワクしてきました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/02/26

インフレについて、一考察。

キヨサキ氏の本を、読み返していたら、ちょっと気になることが
書かれていました。

2000年7月に、グリーンスパン氏が
>失業率が非常に低い現在、本来はもっと強くなってしかるべき
>インフレがそれほど進行していないのは、
>人々が昇給より、安定した仕事を求めているからだ。
と語ったと書かれていました。

ネットで、このようなグラフを見つけました。
sa03-01-01-04z
(クリックしてもらうと、大きくなります)

うちは、アパート資金の融資を受けていますので、
今後の日本の長期金利動向には敏感です。

これまでの私は、
「この超低金利はいずれ終わり、金利は上昇する可能性が高いなー。
 金利が上がった時には、繰上げ返済も視野に入れておかなくちゃ」
と、漠然と考えていたのですが、
グリーンスパン氏の発言を、今の日本にあてはめると、
日本も、インフレ圧力が高まっても、金利を上げにくい状況にあるのかも?
と思ってしまいました。

というのも、年金保険料は上がる一方、
そのくせ、将来、幾らもらえるのか見込みが立ち辛く、
老後に備えておきたい意向の人が多い気がしています。

今後、消費税も高くなる見込みですし、
既に、所得税に関しては、各種控除の廃止など、
一般庶民の手取りが増えそうな見込みはありません。

去年からの原油高にしても、
もっと、商品が高くなるのかと思っていたのに、
ガソリン代には反映されているようですが、
相変わらず100円ショップの品揃えは多い。
・・・つまり、企業が原材料の値上がりを価格に転嫁できていないから
利益を圧迫しているはずなんですよね。


グリーンスパン氏の言われたように、
日本でも、年齢が上がる程、給与の上昇より、仕事の安定を求めている
ように感じます。

逆に、若い世代は、従来の一流企業への就職が、
将来の安定に繋がらないことを察知し、どうすべきか迷って、
今は、ニート、フリーターなどを続けている人が増えているようです。

このどちらを見ても、将来、購買力が上がるとは思えないのですが、
どうなのでしょうか?
ニートと呼ばれる人達は、求職をしていない人なので、
失業率に含まれない点でも、2000年当時の米国に近い状況に
今後近づくことも予想されます。

もちろん、年収の二極化はどんどん広がり、
高額所得者はどんどん所得を伸ばすでしょうし、
商品価格の二極化も進み、
高くても売れるものもあるとは思います。

ただ、全てのものが値上がりしにくい状況なのかな?と思ったのです。

このヨミからすると、急激な金利上昇は難しいのかな?
と思っているのですが、どう思われますか?
皆さんの意見を参考にしたいので、よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)